« つれづれなるままに~詩人長田弘さんが亡くなった~ | トップページ | つれづれなるままに~「味噌汁・ご飯」授業が日本教育新聞に紹介される~ »

7月までは立て直していくことは可能である

  13日に旭区の組合教研「学級崩壊防止セミナー」、14日には静岡県(静西地区)初任者研修に行く。
 
 組合教研の方にも、初任者の先生が多く参加されていた。 訴えたことは、ブログでも数多く取り上げたテーマになる。
 
 5月半ばを迎えている。
 初任者の先生たちのクラスの多くは、にぎやかになっている。
 

  「荒れていっている」というクラスもある。
 もちろん、順調に軌道に乗っているクラスもある。
 

  初任者の先生たちは、そのクラスの状況をうまくつかめていない場合が多い。
 「荒れている」という状況がどんな事態なのか、分からないからである。
 周りの先生たちがはやく気づいてあげなくてはならない。

 ★
 なぜ荒れていくのか。
 力量不足と片付けられていく。
 
 本人もそう思っている。
 教材研究を必死にしようとする。
 
 だが、それでもうまくいかない。
 授業の力量が不足しているのは当たり前である。
 
 しかも、その力量はすぐにうまくならない。
 そんな理由からクラスが荒れていっているのではない。 
 

  私は、その原因を1つ指摘する。
 「やり方」がまずいからです、と。
 
 何の「やり方」がまずいのか。
 子供たちとの「関係づくり」がまずいのである。
 ★
 初任者の多くは、「仲良し友達先生」になろうとしている。
 最初は、子供たちも歓迎する。
 
 気の良い、優しいお兄さん、お姉さんが来てくれたという思いである。
  しかし、友達先生がクラスをうまくリードしていくことなんてできない。
 
 これは当たり前のことなのである。
 
 もめごとが頻発する。中心になっているやんちゃたちを「叱る」ことばかりになる。
 やんちゃたちは、「やっているのは、ぼくだけじゃないもん」と反発する。
 
 そして、だんだん他の子供たちに荒れが広がっていく。
 今の時期がそれに当たる。
 ★
 この時期に、その初任者にあれこれと指導しても、入らない。
 問題の核心をつかみ、その克服方法を指導する。
 
 私の現在の講座で特に強調しているのは、次のことになる。
 

  〇子供たちとの「関係づくり」を見直し、「教師」と「生徒」の関係づくりを作り直

    す必要。
 

  〇「学級づくり」の原理原則に立ち戻り、やり直す必要。

 7月までは、立て直すことは可能である。
 初任者は、なぜうまくいかないのかが分からない。
 周りのものがきちんと指摘してあげなくてはならない。

|

« つれづれなるままに~詩人長田弘さんが亡くなった~ | トップページ | つれづれなるままに~「味噌汁・ご飯」授業が日本教育新聞に紹介される~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 7月までは立て直していくことは可能である:

« つれづれなるままに~詩人長田弘さんが亡くなった~ | トップページ | つれづれなるままに~「味噌汁・ご飯」授業が日本教育新聞に紹介される~ »