« 第10回 なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか? | トップページ | つれづれなるままに~タフになるには、まずタフである演技をすること~ »

第11回 なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか?

  第11回 なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか?
   強力な「小刻み授業法」!


 北海道教育委員会の学校力アドバイザーになって3年が経った。
 この3年間で、延べ500人ぐらいの先生たちの授業を見ることができた。
 「これはすごい!」という授業もいくつも見ることができた。
 私が注目した授業は、3人の先生の授業。
 「ごちそう」授業ではない。毎日、このような授業をしているのだろうと想像できる授業。いわゆる「味噌汁・ご飯」授業であった。
 子供たちは授業に集中していた。
 テンポが良いし、とんとん進んで行く。
 ゲーム世代の子供たちにとってうってつけの授業と思えた。
 ★
 その先生たちの授業を分析した。
 「どうしてこんなに子供たちを集中させていくのか?」
 その3人の先生に共通する特徴があった。
  つまり、まとめてみると、次のようなパターンで授業は展開されていくのである。
┌────────────────────┐             
│ 1指示――1活動――発表――フォロー                
│(1発問)          (確認)                         
└────────────────────┘             
 私たちの「授業づくり3原則」(指導言―活動―フォロー)で言えば、「1指示(あるいは1発問)」が「指導言」、「1活動」「発表(あるいは確認)」が「活動」、そして「フォロー」である。
 「1指示」「1活動」なのである。
 いくつも指示は出されない。また、いくつも活動はさせない。
 ちょこちょこである。
 それがとても効果的。
 「授業づくり3原則」が、このような授業法を生み出しているととらえることができる。
 この授業法を「小刻み授業法」と名付ける。
 授業は、このパターンを繰り返していく。
 それだけで子供たちは集中する。
 強力な授業法と言える。
 ただし、生活科や総合の授業には使えない。それは活動の時間がまとまって必要であるからである。
 私たちは、このような授業法が、「授業づくり3原則」からさまざまに生みだされていくことを期待している。

|
|

« 第10回 なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか? | トップページ | つれづれなるままに~タフになるには、まずタフである演技をすること~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/61452515

この記事へのトラックバック一覧です: 第11回 なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか?:

« 第10回 なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか? | トップページ | つれづれなるままに~タフになるには、まずタフである演技をすること~ »