« 第8回 なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか? | トップページ | つれづれなるままに~順調に滑り出しておられるだろうか~ »

第9回 なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか?

     第8回 なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか?
  授業づくり3原則ということ。

 「味噌汁・ご飯」授業の授業法を提案している。
 この授業法を作り出すときに、そのアイデアをもらったのは、中村健一先生の『学級担任に絶対必要な「フォロー」の技術』(黎明書房)である。
 中村先生は、「お笑い」の研究をされている。
 その研究で、お笑いは、「フリーオチーフォロー」によって成り立っていることを発見される。
 たとえば、昔のコント55号(欽ちゃんと二郎さん)の笑いは、まず欽ちゃんが二郎さんに「二郎さん、これやって」と「フリ」をふる。二郎さんは、「どれどれと挑戦してずっこける」。これが「オチ」。それに欽ちゃんが「フォロー」を加えて笑いを起こす。
 笑いを生み出すシステム。
 このシステムは、授業でも言える。
 まず、教師が指導をする。これが「フリ」。
 そして、子供たちが活動をする。「オチ」。
 それに教師が、評価言を加える。「フォロー」。
 要するに、私たちの授業も、「フリーオチーフォロー」のシステムで成り立っている。
 ところが、中村先生は、この本(上の本)で、先生たちは「フォロー」を加えていくことがあまりにも少なすぎると指摘されている。
お笑いで言えば、最後の「笑い」がないのである。それではお笑いにならない。
 でも、先生たちの授業は、最後の「フォロー」がない。ほんとうなら授業として成り立たないはずである。
  ★
 私たちは、このシステムを「味噌汁・ご飯」授業としての授業法に生かした。「授業づくり3原則」である。
┌────────────┐                              
│ 指導言―活動―フォロー                              
└────────────┘                              
 この3原則をもとにして、授業を作ろうという提案になる。

|
|

« 第8回 なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか? | トップページ | つれづれなるままに~順調に滑り出しておられるだろうか~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/61426698

この記事へのトラックバック一覧です: 第9回 なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか?:

« 第8回 なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか? | トップページ | つれづれなるままに~順調に滑り出しておられるだろうか~ »