« 第6回なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか? | トップページ | 第7回 なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか? »

初任者は仮面をつけるのです!

ある講座で質問が出た。
「初めてクラスを持つのですが、このままでは子供たちの
 前でそのままの自分を出してしまうと思っていたのです が、今日野中先生の話を聞いて、仮面をつけて子供たち の前に立つということなのでしょうか?」
 
 まだ、講師ということだが、クラスを持つことになった先生の質問である。

「先生、そうです。教師という『仮面』をつけて教師を演じるのです」と、答えた。

 「仮面をつける」とは、ちょっと抵抗がある言葉であろう。何か妖怪仮面をつけるような感じ。(笑)
 だが、おもしろい表現。

  ★
 「ありのままの自分で子供たちに迫っていけばいい」と指導する先生は多い。
 だが、このように迫ってどれだけクラスを荒らしていく初任の先生がいることか、分かっておられない。
 

  彼らは、自分のありのままで、仲良し兄さん、姉さんになって子供たちと友達になろうとしてしまう。
いわゆる「仲良し友達先生」である。
 

  私が見聞きしてきた初任者で、これで迫ってクラスが崩壊し、教師を辞めていく事態を迎えたものは数限りなく多いのである。
 ★
 「野中信行」という個人が学校へ行けば、「教師」になる。子供も同じように学校へ行けば「〇〇ちゃん」から「生徒」になる。
 

  学校は、「野中信行」と「〇〇ちゃん」という個人的関係では「教育(学び)」は成立しない。
 教育の成立のためには、「教師」と「生徒」という関係が求められる。
 

  だから、「野中信行」に「教師」という仮面をかぶってもらわなければ、子供たちも「生徒」ができない。
  ★
 「教師」を演じるという言葉も抵抗がある先生がいる。 だが、初めての初任者が子供たちの前に立つというのは、そういうことなのである。
 

  素のままの自分を子供たちの前にさらしてはならない。 
 初任者は、子供たちの前で次のような態度を示さなくてはならない。

 ①毅然とする。
 ②はきはきした聞き取りやすい声を出す。
 ③指示を出し、指示に従っているかどうか確認して、
  すばやく行動する。
 ④叱るときには、きちんと叱る。

 これが最初の縦糸の張り方になる。

 

|
|

« 第6回なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか? | トップページ | 第7回 なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先日はコメントをいただきましてありがとうございますm(_ _)m

野中先生のお言葉通り、ピンチはチャンスと思い、残りの時間を何とか凌ぎ切りました。

私自身、あの子達から多くのことを学びました。

今年度は別の学校で5年生を受け持つことになりました。

最初から「ありのままで子どもたちと接していけばいい。」というのは、ちょうど1年前の私そのものです…。

今年度は、横糸と縦糸とのバランスを考えて、少しずつ自分を出していきたいと思います。

投稿: kawamu | 2015年4月 8日 (水) 20時32分

kawamu先生、コメントありがとうございます。
 良かったですね。凌ぎきりましたか。それは、貴重な経験です。今回の5年生で、その経験が生きてきますよ。がんばってください。

投稿: 野中信行 | 2015年4月 9日 (木) 12時03分

野中先生こんばんわ。
私も野中先生の言葉で3学期を凌ぎ切り、
今は新しい学校で楽しく過ごしています。
転勤したのは大正解だったと思います。
頂いた資料をフル活用させてもらっています。
今年度もよろしくお願いします。

投稿: ゆう | 2015年4月10日 (金) 19時25分

ゆう先生、コメントありがとうございます。よくがんばって凌ぎきりましたね。今度は心機一転新しい学校でがんばっておられるのですね。きっと今回の経験は、これからに生きますよ。期待しています。

投稿: 野中信行 | 2015年4月11日 (土) 09時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/61407418

この記事へのトラックバック一覧です: 初任者は仮面をつけるのです!:

« 第6回なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか? | トップページ | 第7回 なぜ「味噌汁・ご飯」授業なのか? »