« つれづれなるままに~遺言でも交わしましょう~ | トップページ | 女子大での授業に悩んでいます!~「村上さんのところ」~ »

「教師になる」ということ

   2月17日、福島県の郡山へ行く。
 学級経営講座で、140分の話をする。

 参加者は、100名程度。
 学級経営については、どこでも満員になる。

 この郡山には、年に3回来る。
 2月の学級経営(金の時間)講座。
 4月当初の初任者研修会。
 8月の学級経営(銀の時間)講座。

 もう6年ばかり続けているのであろうか。
  私の話を何回も聞いている先生方が数多くいる。

私も、「同じ話ですよ。笑うところも同じですよ。初めて聞いたような顔をして笑って下さいね」とお願いすることになる。(笑)
 ★
 もう少しで1年目を終えようとする初任者16名が講座に参加していて、控え室でみんなから「ありがとうございました」と挨拶を受ける。

 うれしいことである。
 とにかく1年目を何とか凌ぎきるということ。
  これができている。
 きっと平穏な日々ではなかったであろうが、とにかく1年を終えるということに価値がある。

 その初任者たち、夜の懇親会にも参加してくれる。
 一緒に酒を飲みながら語っていると、1年前とずいぶん違っていることに気づく。
 別人のような雰囲気。
 この1年間で確実に「教師」になっているのだと気づく。

 「教師になる」というのは、そういうことである。

|
|

« つれづれなるままに~遺言でも交わしましょう~ | トップページ | 女子大での授業に悩んでいます!~「村上さんのところ」~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/61161358

この記事へのトラックバック一覧です: 「教師になる」ということ:

« つれづれなるままに~遺言でも交わしましょう~ | トップページ | 女子大での授業に悩んでいます!~「村上さんのところ」~ »