« 野口塾の開催~今年も横浜で開催される~ | トップページ | 「教師になる」ということ »

つれづれなるままに~遺言でも交わしましょう~

   ●横浜の教職員走友会のメンバーになっている。
 といっても、私は年1回の駅伝と総会にしか参加していない「いるだけのメンバー」にしか過ぎない。
 
 

  今回たまたま「シニア〇〇会」を行った。
 私がよく行く、愛想がなくて、古くて、料理だけがおいしい旅館である。
 
 

  還暦をとっくに過ぎて、どちらかといえば70歳に近いメンバー5人が参加する。
 
 1人は、自宅から30キロ近くを走って参加する。
 さすがに走友会である。
 
 

  もう20年以上の付き合い。
 遺言でも交わし合いましょうと…。

 飲んで、食べて、とことん話し込む。

 何とも愉快な集まりになる。

●2月13日、東京北区の学年学級経営研究会に呼ばれて行く。
 研究報告と私の講演会ということ。

 研究報告では、QーU調査の結果をどのように活かしてきたのかの報告がある。興味深い内容。

 その後、70分ほど私の学級経営についての講演。
  70名ばかりの参加で、会場はぎっしり。
 

  こんな参加人数は初めてと言われていた。
 やはり、今先生たちが学級づくりで苦労されている状況がはっきりする。

●埼玉県の所沢市の小中学校にエアコンを設置すべきかどうかの住民投票が行われて、次のような結果であった。
 
 

  「埼玉県所沢市で15日、航空自衛隊入間基地に近い防音校舎の小中学校にエアコンを設置すべきかどうかを問う住民投票が行われた。即日開票の結果、賛成が5万6921票で反対の3万47票を上回ったが、投票率は31.54%にとどまり、市条例の「多数票が投票資格者の3分の1以上」の条件を満たさなかった。」

 ここの市長は、果たして夏の暑い日に、一日教室で授業を参観するような体験をしたのであろうか。
 そういうことを踏まえてエアコンを設置しなくていいという結論を出したのかどうか、それを聞きたいものである。

 私は横浜で37年間教室で生活をした。
 エアコンがなかった。(今は、全クラスに設置されていると聞く。)扇風機でがまんした。

 6月の後半頃から7月は、普通の服を着て、教室にいることができなかった。
 仕方なく、短パン、Tシャツで過ごした。
 

  それでも汗がだらだらと噴き出た。
 教室は、40℃近くまで気温が上がる。
 

  しかも子供たちの熱気がさらに教室をヒートアップする。
 
 我慢大会をしているようであった。
 

  まともな学習が行われる環境ではなかった。
 
 7月の父母参観にきた親たちはびっくりして、市長への手紙でエアコンの設置を願うことまで起きた。
 

  まともに親たちは教室にいれないのだから。
 
 

  所沢はさらに基地の街でもある。
 横浜よりも更に過酷な条件であると思われる。
 ★
 「子供を甘やかしてはいけない!」
 「そんな費用はもっと有益なことに使わなくてはならない」という意見なのであろう。
 
 

  自分の子供の時よりも暑さはさらに過酷になっていることを知らない。
 だから、こんな意見が出る。

 とにかく夏の暑い日に1日、ずっと教室にいてみればはっきりする。
 こんな条件下で学習は成立しないことがはっきりする。 甘やかすとかいう段階ではない。

  何を大事にするのか。
 何に一番資金を投入されなければいけないのか。
  ここに教育に対する考え方の違いがあると私は思っている。

|
|

« 野口塾の開催~今年も横浜で開催される~ | トップページ | 「教師になる」ということ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/61157961

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~遺言でも交わしましょう~:

« 野口塾の開催~今年も横浜で開催される~ | トップページ | 「教師になる」ということ »