« つれづれなるままに~7年ぶりに風邪をひく~ | トップページ | 子供たちにうまく伝わらない(2)~くりかえし話法~ »

どうして「子供」たちにうまく伝わらないのか(1)~すぐに「意味性のある言葉」を言おうとする~

  岩手県教育センターからの要請で、一日講座に行ってきた。
 花卷である。
 

  宮沢賢治の故郷として有名。
 
 東京からの新幹線で3時間。
 

  花卷は雪、雪、雪。
 この時期に、このような雪に出会うとは珍しいことだとタクシーの運転手。
 まさに墨絵の世界。

 講座は、朝9時から午後16:00までの6時間。
 5つの講座で組み立てる。
 

  50名の受講者。ほとんどが10年次研修として参加されている。
 学校では中堅の方々。

 講座は次の通り。
 
 

  1 学校を取り囲む状況
 2 「学級づくり」の基礎・基本
 3 1年間の「学級づくり」
 4 「関係づくり」を考える
 5 「関わること」の基礎・基本~カウンセリングということ~

 ★ 
 第5講座「関わること」の基礎・基本~カウンセリングということ~
で話したことの要点をここにまとめておきたい。

  1 「関わり」の基本について考える
  2 成功した高学年女子への対応
  3 問題のある子供を包み込む方法とは?

1 「関わり」の基本について考える

 ある末期がん患者の訴えがある。
 「わたしはもうだめなのではないでしょうか?」

 この訴えにどのように答えていくか、医療関係者に実験した結果がある。(「聴くことの力」鷲田清一著 阪急コミュニケーションズ)

 ①「そんなこと言わないで、もっと頑張りなさい」と励ます。
 ②「そんなこと心配しないでいいんですよ」と答える。
 ③「どうしてそんな気持ちになるの」と聞き返す。
 ④「これだけ痛みがあると、そんな気にもなるね」と同情を示す。
 ⑤「もうだめなんだ……とそんな気がするんですね」と返す。

 ①「そんなこと言わないで、もっと頑張りなさい」と励ます。
  と答えた人たちは、精神科医を除く医師と医学生のほとんど。

 ③「どうしてそんな気持ちになるの」と聞き返す。
  と答えた人たちは、看護師と看護学生の多く。

 医療関係者でも、このように分かれる。
 
 ただ、精神科医の多くは次のように答えている。
  ⑤「もうだめなんだ……とそんな気がするんですね」と返す。

  精神的に悩んでいる人たちへの答えにいつも答えている専門家は、⑤を選んでいる。 どうしてだろうか。
 
 

  これは答えではない。
 でも、「あなたの言葉を確かに受け止めました」という応答にはなっている。

 これは、「聴く」という本質的なことになるのだが、何もしないで耳を傾けるという単純に受動的な行為ではなく、語る側からすれば、言葉を受け止めてもらったという、確かな出来事になる。

 「言葉を確かにうけとめてもらった!」
 このことが大事だ。
  ★
 私たち教師は、日頃子供たちに言っていることは、これと反対のこと。

 「意味性のある言葉」をすぐに語ろうとしている。
 
 

 「どうして同じことばかりするの!」
 「何度言ったら分かるの!」
 「そんな馬鹿なことはもうやめなさい!」
 「〇〇君が悪いんでしょう!」
  ……

 うまくいかない。反発をされる。
 
 多くの教師たちの教室で、うまくいかない事例が数多くある。
 子供たちとの「関わり」に原因があるのは明らか。

 それは、子供たちの気持ちや言葉を受け止めてないことに原因がある。
 だから、まず大切なことは「子供の言い分(ことば)を受け止めること」なのだ。

|
|

« つれづれなるままに~7年ぶりに風邪をひく~ | トップページ | 子供たちにうまく伝わらない(2)~くりかえし話法~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

突然のコメント、失礼いたします。花巻市在住の平野と申します。
花巻においでくださったのですね。記事にもあるように、金曜日は結構雪が降りましたので、大変だったと思います。天候のことではありますが、一市民としてお詫び申し上げます。
私自身、二年前まで小学校教員でした。ですが、五十の歳を区切りに早期退職しました。子どもたちとの関係は、それほど悪くもなく、崩壊状態も経験したことはなかったのですが、「これって本当に子どものために役立つのか」と疑問に思う仕事が多くなり、独り身の気軽さもあって、辞めました。
現職時代から、先生の著書と、このブログは拝見しておりました。
先生が言われるように、現職の先生たちは本当に苦しんでいます。昔は夢を持って仕事に尽力できましたが、今は巨大で無慈悲な現実に対処することで精いっぱいです。
こんな現状が変わり、日本の教育が少しでも良い方向に進むことを、私も願ってやみません。
まとまりのない文章でしたが、わざわざ遠く花巻までおいでいただいたことへの、感謝と敬意を表したいと思い、書き込ませていただきました。ありがとうございました。

投稿: 平野浩 | 2014年12月27日 (土) 17時36分

岩手の佐藤正寿です。
花巻の講座,お疲れ様でした。
花巻の教育センターまでは車で1時間あまり。せっかく野中先生が来られているのに…と思いながら,「仕事納め」ということで学校での勤務でした。
岩手の教員は40代と50代が8割を占めています。経験10年目ぐらいの先生方は職場ではかなりの「若手」扱いです。しかし,10年後ぐらいになれば一気に若返りますので,管理職やリーダーになります。その彼らに野中先生のお話は響いたと思います。
ありがとうございました。

投稿: 佐藤正寿 | 2014年12月27日 (土) 19時42分

平野先生、わざわざコメントありがとうございます。
 やっと花卷に行けたという心境です。
 いつもブログを見ていただき、ありがとうございます。
 もう教師を辞められているのですね。
 先生が言われるように、これからの日本の教育の行く末を願うばかりですが、思うようにいかない現実を突きつけられています。
 私もそろそろ力尽きていますが、もう少しがんばれるでしょうか。

投稿: 野中信行 | 2014年12月28日 (日) 10時45分

 正寿先生、わざわざコメントありがとうございます。
 10年次研修の先生たちが多かったです。
 この先生たちは、岩手では若手なのですね。
 6時間の講座でした。これだけの時間に、伝えられる内容をもつというのは大変です。
 うまく伝わったのかどうか。
 花卷は墨絵みたいな雪景色でしたが、宮沢賢治の里にこられて幸せでした。

投稿: 野中信行 | 2014年12月28日 (日) 10時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/60872740

この記事へのトラックバック一覧です: どうして「子供」たちにうまく伝わらないのか(1)~すぐに「意味性のある言葉」を言おうとする~:

« つれづれなるままに~7年ぶりに風邪をひく~ | トップページ | 子供たちにうまく伝わらない(2)~くりかえし話法~ »