« どうして「子供」たちにうまく伝わらないのか(1)~すぐに「意味性のある言葉」を言おうとする~ | トップページ | 子供たちに伝わらない(3)~夫婦仲良く長続きする3原則~ »

子供たちにうまく伝わらない(2)~くりかえし話法~

  前回、「子供たちにうまく伝わらない」ことを書いた。
 すぐに「意味性のある言葉」を言って、子供の気持ちや言葉を受け止めようとしないところに原因があるのだと指摘した。
 
 

  私は受け止めるためには、「くりかえし話法」を身に付けるべきだと考えている。
 

  「くりかえし話法」とは、次のこと。
 
 

  ①まず、相手の話を聴く。
 ②相手の言葉を繰り返して返してやる。つとめて批判したり、自分の考えを
  話したりしない。

2 成功した「高学年女子」への対応

 次に、高学年教師(とくに男性教師)の最大の課題についてである。
 私は、37年間の教師生活の中で、最後の10年以上はずっと高学年を持った。
 

  その中で、やはり最大の課題は、高学年女子の対応をどうしていくかであった。
 

  高学年女子は、いくつかのグループに分かれるのだが、そのグループの中で
仲間割れが起こる。
 また、グループ同士のいさかいも起こる。
 一人ぼっちの子供は、ともすれば無視などのいじめに合う。
 

  さまざまなそれらの問題は、クラスの中で不協和音を起こしていく。

 私は「包み込み法」という方法で対応して、成功したという事例を持っている。
 どうするか。

 これは第1段階と第2段階がある。
 
 

  まず、第1段階は次のこと。
 
 

  ①日頃からどんなグループ形成をしているのかチェックしておくこと。
 
 

  ②特に、グループの中に入れない「ひとりぼっちの子供」には注意をするこ  と。
  休み時間に教室で本を読んでいる子供。図書室に行っていつも本を読んで いる子供。保健室に行ったり、職員室の前をウロウロしている子供。
  こういう子供をマークする必要がある。
 
 

  ③おかしいなと思ったら、すぐに関係の子供を一人ずつ呼び出す。
   ちゅうちょしない。

 第2段階。

 ①「あなたのことが心配になったので…」と伝える。
 
 

  ②話を聴く。(絶対に批判などはしない。よく分かるよと伝える)
 
 

  ③話を受け止める。「あなたの味方だよ」と伝える。
 
 

  ④「でも、これから相手の子ともうまくやっていかなくてはならないでしょう。このままケンカ別れになっていたら、ずっと気まずいままですごさなくてはならないでしょう。あなたは、今回ちょっといけないなと思ったことはないですか?」
    「それは、相手にも謝ることができますか?」
  「それでは、私が間に入って今回のことは話をまとめるのでいいですね」
 
 ⑤双方を呼んで、話をつける。

 ここでは、一切「意味性のある言葉」を使わない。
 「くりかえし話法」を使いながら受け止めることが中心。

 こういうことで、高学年女子の問題に対応してきた。
 
 噂を聞いて、隣のクラスの女の子たちからも「相談に乗って下さい」と来るようにもなったのである。

|
|

« どうして「子供」たちにうまく伝わらないのか(1)~すぐに「意味性のある言葉」を言おうとする~ | トップページ | 子供たちに伝わらない(3)~夫婦仲良く長続きする3原則~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生、こんにちは。
私も、採用8年目になりますが、そのうち5年間は5,6年担任をしています。最初に5,6年担任をしたときは、女子への対応がことごとくうまくいかなかったと思います。それこそ「意味性のある言葉」を連発し、「あなたたちならそんなことくらい分かるでしょ!」、「何であの子を外すんだ!」などと、学級全体の前で熱く(?)怒鳴っていました。一番やってはいけないことを、経験不足が故に何の疑いもなくやっていたわけですが、今思い返すだけでゾッとします。
その後、高学年担任をした時は、明らかに言い分が間違っていたり、偏っていたりしていても、聞き役に徹してきました。徹底的に聞き役に徹すると、子どもの方から「でも、私もやり過ぎたと思います」と、自分の内面を語ってくれます。女の子たちは、「担任が真摯に聞いてくれている」という姿に信頼を寄せるのだ、ということにその頃気づきました。おかげ様で、今でも女子との関係は良好です。
先生の「くりかえし話法」という視点、今後も意識していきたいと思います。

投稿: げんちゃん | 2014年12月29日 (月) 08時25分

げんちゃん先生、いつもコメントありがとうございます。
 高学年女子への対応ができなければ、もはや高学年担任ができないぐらいに大変になっていますね。その意味で「くりかえし話法」は効果的かもしれません。
 ありがとうございます。
 どうぞ良いお年をお迎え下さい。

投稿: 野中信行 | 2014年12月31日 (水) 14時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/60877732

この記事へのトラックバック一覧です: 子供たちにうまく伝わらない(2)~くりかえし話法~:

« どうして「子供」たちにうまく伝わらないのか(1)~すぐに「意味性のある言葉」を言おうとする~ | トップページ | 子供たちに伝わらない(3)~夫婦仲良く長続きする3原則~ »