« 授業術の本が、重版になる! | トップページ | 登別に行きました!~登別市立幌別小での一日~ »

つれづれなるままに~がんばってほしいな~

  ●目が充血し、これはいかんと目医者へ。
 1年ぶりの充血。いつも左目。
 

  いつもの目医者は、混むのである。待ち時間が大変。
 9:30に行って、1時間30分も珈琲店に行き、そしてまた1時間も待った。
 

  診察。
 「また、いつもの左目ですね。いつも同じところが充血しますね。また、目薬3つ出しておきます」と。
 

  30秒。2時間30分待って、30秒。あ~~あ~~~。 

●ブログに、「悩んでいます」と質問をくれた初任の先生が、返事をくれている。
  とりあえず、3月までは休まず続けることを目標に頑張りますということ。
 うれしいことだ。 
 ★
 ふと思いだしたことがあった。
 40代の10年間、フルマラソンにいそしんだことがある。
 

  1年に1回、いつも11月の末に走った。
 10回走ったことになる。
 
 

  8月ごろから準備を始め、9月、10月にはそれぞれ300キロ程度走り込む。
 市民ランナーは、いかに距離を踏んだかでタイムが違ってくる。
 

  50歳の時に、最後のフルマラソンで、3時間45分で走っている。
  ★
 フルマラソンから学んだことがある。
 どんなに練習をしても、35キロからゴールまでの7キロは辛い時間になる。
 
 

  30キロまではあんなに軽やかに走れたのに、この距離は辛い、辛い時間になる。
 常にそうであった。
 
 

  この苦しさは、たとえようがないもの。
 誰かが女性が子供を産むときの苦しさと同じだと、教えてくれた。
 
 

  この7キロを走っているとき、この苦しさから逃れようとさかんに止める理由を考える。
 その理由がないので、仕方なく走り続ける。
 
 

  立ち止まって歩き始めたら、もう二度と走り続けることができないからだ。
  このような葛藤を繰り返して何とかゴールにたどり着く。
 この繰り返しが、フルマラソンだった。

 そこから学んだことは、必ず35キロからの辛い時間があること。 
 
 でも、ゴールしたあとに待っているのは、やり終えた満足感や我慢したあとの爽快感であった。
 そのために、10年間フルマラソンにいそしんだことになる。
 ★
 ブログに質問をくれた若い先生も、今35キロからの7キロを走っているのだ、と。
 これからの人生では、何度かこのような事態は訪れる。

 でも、走りきった経験は、多くの糧と、たくましさを身につける。
 志さえ失わなければ、きっとこれからもちゃんと生きていけるのである。

 がんばってほしいな。

●今回、高倉健さんの「あなたへ」と「鉄道員(ぽっぽや)」を見る。
 やはり、健さんらしさを引き出しているのは、「鉄道員」だなと思う。
  
 

  淡々と進む画面から、悲しみが浮き出てくる。
 健さんの代表作ではないだろうか。


●27日から北海道の幌別小学校へ行く。
 登別温泉のあるところ。
 これもアドバイザーとしての仕事である。  

  この3年間で北海道の各地を訪ねた。
 多分北海道に住んでいる人たちよりも、私の方が北海道中を回ったことであろう。
  すっかり北海道にはまり込んでいる。

 今回も多分雪の登別ではないか。
 ちょっと期待して……。

|
|

« 授業術の本が、重版になる! | トップページ | 登別に行きました!~登別市立幌別小での一日~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/60710366

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~がんばってほしいな~:

« 授業術の本が、重版になる! | トップページ | 登別に行きました!~登別市立幌別小での一日~ »