« 財務省は、亡国の道筋をつけようとしている! | トップページ | なぜ、毎日授業をやっているのに授業がうまくならないのか?(1) »

つれづれなるままに~今とこれからを生きることが人生である~

  ●過去の嫌なできごとや失敗が思いだされて、一日中ブルーな気持ちに満たされてしまう時がある。
 そんな時はないだろうか。
 
 

  私もかつてそんな思いに何度もなった。
 一つの過去にずるずると嫌な思い出や失敗がつながって出てくる。
 

ほんとに、こんな失敗ばかりで過去のその人たちに迷惑をかけたのだと、ひたすら「ごめんなさい」と謝るばかり。
 
 私ほど、そんな失敗が数多い者はいないのではないかと思ったほどである。

  かつてと書いた。
 今はそんなことはない。

 思いだすことはあるが、その場でぱっと忘れる。
 忘れるようにしている。
  こんなことができるようになっている。

 ★
 外山滋比古さんは、次のように書いている。
 
 ★ ★ ★
 青森へ行った帰りに、朝市に寄ってリンゴを買った。キズのあるリンゴを売っているおばあさんがいる。こちらが、
「キズのあるリンゴの方が甘いんですよね」
と言うと、おばあさんが、
「東京の人のようだけど、よくごぞんじです。みんなにきらわれています」
という意味のことを土地のことばで言った。うれしくなってもち切れないほど買ってしまった。
 キズのついたリンゴ。なんとかそれをかばおうとして、力を出すのであろう。
 無キズのリンゴよりうまくなるのである。キズのないリンゴだってなまけているわけではないが、キズのあるリンゴのひたむきな努力には及ばないのか。
 人間にも似たことがある。(『りんごも人生もキズがあるほど甘くなる』幻冬舎)

 ……
 ★ ★ ★

 過去にキズがあるからこそ、今日を懸命に生きていかれることだってあるわけである。

 ★
 40代の頃、フルマラソンを走っていた。
 練習をしていると、30キロまではそんなに苦しまないで行く。
 しかし、35キロからゴールまでの7キロばかりは、経験したことがない苦しみに会う。毎回である。
 
 

 そんなとき、アメリカのビル・ロジャースというマラソンランナーの言葉に出会ったことがあった。
 

 「ビル、走っているときにはどんなことを考えているんだい?」
という問いかけに、
「何にも考えないよ。今走っていることだけを考えているよ」
という答えだったと思う。
 
 この答えに驚いた記憶がある。
 

 一流のランナーは、今、今、今のことを考えて走っているのだ、と。
  
  これは人生に通じるなあと思ったものである。

 ★
 そうそう、過去の思い出に悩まされる時、それを打ち消す方法である。

 これは、経営コンサルタントの小宮一慶さんに学んだこと。

 手に輪ゴム(女房が髪留めに使っていたもの)をはめて、過去の嫌な思い出がでてきたときは、それをぱちんとして忘れる。それだけ。

 半年ぐらいやった。
 今は、手首をぱちんとやれば充分。

  こうして今、今、今を生きるのである。

 ★

 「今」と「これから」をどうするかだけが人生なのである。

|

« 財務省は、亡国の道筋をつけようとしている! | トップページ | なぜ、毎日授業をやっているのに授業がうまくならないのか?(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~今とこれからを生きることが人生である~:

« 財務省は、亡国の道筋をつけようとしている! | トップページ | なぜ、毎日授業をやっているのに授業がうまくならないのか?(1) »