« 「当たり前」を徹底すれば特別になる! | トップページ | 絶対に、絶対に、絶対に、あと半年凌いでやる! »

倶知安小へ行ってきました!

   1日、北海道の倶知安小を訪問する。
 羽田から新千歳まで飛行機。JRで新千歳から小樽経由で倶知安まで。

 朝7:00に出発して、倶知安に到着するのは、16:14だから長旅である。
 でも、ほとんどの北海道の学校訪問は、長旅。
 もはや慣れたものである。

 新千歳空港から小樽までは行き、函館線に乗り換える。
 一両編成の車両。
 

  連ドラ「まっさん」で有名になっている余市を通って、長万部まで。
 
 えりもとか倶知安とかおしゃまんべ(「長万部」)とかは、みんなアイヌ語からきているのだと教えられる。
 
 

  電車は、重たさそうに色づいた木々の間を登っていく。
  紅葉真っ盛り。良い眺めである。

 倶知安に近づくと、目の前にでんと羊蹄山がそびえる。
 雲をかぶっていて、残念。

 だが、翌日すっきりとした羊蹄山を見ることができる。
 倶知安小学校は、運動場の目の前にでんと羊蹄山。
 
「うわあ~~~」という光景。
 

  「冥土のみやげにします」と先生たちにはお伝えする。

 ★
 翌日、朝からずっと先生たちの授業を見せてもらい、2人の初任の先生の授業も1時間ずつ参観できる。

 最近は場数を経ているので、3~5分でその先生の授業レベルが分かる。
 もちろん、視点を絞って見る。

 初任の先生の授業は2年生と5年生の算数。
 1時間見せてもらえば、ずばり良いところと問題点が見えてくる。

 算数の授業とは、基本的には「インプット」と「アウトプット」によって成り立っている。
 「インプット」で新しい課題に出会わせ、「アウトプット」で練習して、定着を図っていくというのが通例のパタンになる。

 ほとんどの先生たちは、「インプット」過剰の授業になる。
 「アウトプット」での練習・定着が少なくなる。
 
 宿題にするという場合も多くなる。
 

  そこで定着がなかなかできない。
 
 

   ポイントは、「インプット」から「アウトプット」への転換のところになる。
 そこをうまくできるかどうか。

  ★
 朝夕は、「寒い!」と震えるほどの寒さになる。
 3日の朝、倶知安は雨が降っている。
 

  羊蹄山も雲に隠れて見えない。
 

  さようなら、倶知安。
  静かな良い街である。

|
|

« 「当たり前」を徹底すれば特別になる! | トップページ | 絶対に、絶対に、絶対に、あと半年凌いでやる! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/60419508

この記事へのトラックバック一覧です: 倶知安小へ行ってきました!:

« 「当たり前」を徹底すれば特別になる! | トップページ | 絶対に、絶対に、絶対に、あと半年凌いでやる! »