« つれづれなるままに~荒れる小学校が浮き彫り~ | トップページ | つれづれなるままに~私の教師時代は仕事術に傾注してきたのだ~ »

「荒れる小学校」現象を考える!

   前回、文科省からの「問題行動調査」の結果について触れた。

 目立ったことは、「荒れる小学校」。
 校内暴力も、いじめも、不登校も増えているという結果である。

 ★
 具体的にどうなっているのか、都道府県別に調べてみた。

 <校内暴力>
  ワースト     
  1位 大阪   10.5(1000人あたりの発生件数)
 2位 神奈川  8.4
 3位 岐阜      8.3
 4位 京都   7.6
 5位 高知   7.3

 ベスト
 1位 山梨、山形   0.9
 2位 熊本      1.1
 3位 宮崎、秋田   1.2
  
 

 <いじめ>
 ワースト
 1位 京都    99.8
 2位 鹿児島   72.0
 3位 宮崎    71.5
 4位 宮城    69.4
 5位  千葉    31.2

 ベスト
  1位 福島     1.2
 2位 佐賀     2.3
 3位 香川、鳥取  2.4
 4位 福岡     2.6   

 

 <不登校>
 ワースト
 1位 大阪     31.8
 2位 沖縄     30.3
 3位 滋賀     25.8
 4位 宮城     22.7
 5位 千葉     21.5

 ベスト
 1位 山口     7.1
 2位 茨城     7.3
 3位 徳島     7.4
 4位 青森     8.3
 5位 山梨     8.4

 「いじめ」や「校内暴力」について、報告者がきちんと書かないことが起こる。
 かつての「いじめ」報告にもそういうことがあった。
 

  だから、ワーストに名前を連ねているところは、きちんと報告した結果とも言える。
 
 

  以上のことを勘案してそれぞれを見れば、大阪、京都(この数字は気になる)などが気になるところだが、あとはほとんど都市と地方の差はない。
 
 

  東北や北陸は、やはり落ち着いている。(宮城は、震災の影響があるのかもしれない) 「問題行動」は、関東より西の方に起こっている。

  ★
 「荒れる小学校」が問題になっている。
 しかし、今に始まったことではない。
 

  前回のブログで紹介したように、小学校は、1990年代から顕著になった「学級崩壊」が形を変えて広がっている。
 
 

  もう一度繰り返せば、1990年代に始まった「反抗型学級崩壊」、2000年冒頭から始まった「なれ合い型学級崩壊」、そして近年の「新しい学級崩壊」になる。
 
  反抗型やなれ合い型は、今でも続いている。
 
 

  学級崩壊になるパターンは、ほぼ同じ。

 A 一部のやんちゃな子供が問題行動を起こしてくる。

 B 担任は、注意し、叱り、あるいは怒鳴ったりするようになる。

 C 担任と一部のやんちゃたちと関係が悪くなる。やんちゃたちは反発を繰り返す。

 D だんだん、他の子供たちとも関係が悪くなり、クラスがスムーズに動かなくなる。

 E クラスの秩序が乱れて、毎日「いざこざ」が起き、学級が崩壊していく。

 AからEの段階の中で、どの段階が一番問題になるのであろうか。

  ★
 どのクラスでも、Aの段階がある。
 
 最初から目立っている2,3人の「超やんちゃな子供たち」がいる。
 その子供たちが、さまざまに「問題行動」を起こす。

 この時に、担任が「クラスの8割を味方にしている」ならば、その「問題行動」は打ち上げ花火で終わる。

 この時に、担任がクラスにスムーズに動いていく「仕組み」を作っていれば、その「問題行動」はスムーズな行動に打ち消されていく。

 この時に、担任と多くの子供たちとの間に「つながりの関係」ができはじめていれば、その「問題行動」は徐々にしぼんでいく。

 そうなのだ。A段階になる前にクラスでの準備が必要である。
 1ヶ月かかる。

 この準備をしていないならば、すぐさまB段階になって危機的な状態になる。

 ★
 「学級づくり」には、必要な原理・原則がある。
 それを踏まえてがんばれば、何とかなるのである。

|
|

« つれづれなるままに~荒れる小学校が浮き彫り~ | トップページ | つれづれなるままに~私の教師時代は仕事術に傾注してきたのだ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
私は、小学校5年生の娘を持つ母親です。このブログは、学校の先生方の学びの場とは存じております。場違いな者がコメントをすることを、どうぞお許しください。

実は、娘のクラスも「荒れる教室」です。今年度新しくクラス替えが行われ、新学年へと移行しました。28人(うち1名は支援クラスに通級中)、1学年3クラスの編成です。

4月の段階から担任の指示が通らず、5月の連休明けには全く担任の統制が効かなくなってしまいました。6月初旬に臨時保護者会を開き、それ以降管理職1~2名、保護者数名が学習支援に入っております。

しかしながら、10月中旬を過ぎた現時点においてもなかなか改善はみられず、授業妨害、いじめ等、問題がどんどんエスカレートしていっております。(よっしーさんの記事とよく似た状況です)

学校側としては、担任とこどもたちの信頼関係が結べないことが一番の原因とし、なんとか関係の再構築を進めようと頑張っていただいておりますし、保護者としても授業の支援や月1回の臨時懇談会の開催など、考えられるだけの手を尽くしてきたつもりではありますが、現時点で打つ手がない状況です。
子供たちは、摂食障害やチック、睡眠障害など、かなり精神的に参ってきている子が増えてきています。学校でも、スクールカウンセラーにカウンセリングを個別にお願いするなどの方策を考えてはいただいているようですが、まだ実行に移されていません。

今後も今まで通り、保護者としてできる限り学校や先生をお手伝いさせていただきたいと思っているのですが、どのような策を打てば子供たちを助けてあげることができるのか、もしよろしければアドバイスをいただければと思います。

お忙しいところ誠に申し訳ありません。また、場違いなメールを送ってしまっていることも、本当に申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いします。

投稿: 佑啓 | 2014年10月22日 (水) 13時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/60526023

この記事へのトラックバック一覧です: 「荒れる小学校」現象を考える!:

« つれづれなるままに~荒れる小学校が浮き彫り~ | トップページ | つれづれなるままに~私の教師時代は仕事術に傾注してきたのだ~ »