« 絶対に、絶対に、絶対に、あと半年凌いでやる! | トップページ | 今苦しんでいる先生たちに、このメッセージを届けたい! »

おそらく私達は初めての事態に遭遇している~ヨッシー先生へ向けて~

   ヨッシー先生からまた次のようなコメントがついた。
 
 ★ ★ ★
 野中先生、お忙しいなか早速の具体的な対応策をお示しいただき、本当にありがとうございます。

どんなに知識があっても、その時その場で対応する力をつけていかないとですね。

一つ、スピード感をアップするということで質問させてください。

4月から出来る限りスピード感を保とうと8割がオッケーの時は、様々な活動を進めてきました。しかし、全体がやらない子を見て自分たちもやらなくていいんじゃないか、という雰囲気になっています。例えば、背の順でならんで移動する時に並ばない子を待たずに進めていたら、並んでいた子達も別に並ばなくてもいいんじゃないかとなり、スピード感もなくなってきました。そこで、学年としては、一つ一つ確認し、確実にやらせていこうという方向に進んでいます。
学年で行う時は、教務主任の先生がいるので、大丈夫なのですが、一人でやらなければならない時が一つ一つを確実にというのが難しいです。

自分は8割に目をむけながら、と思い行ってきたことが、8割の子達が2割がやってないなら自分たちもいいんじゃないかみたいな雰囲気になってしまっています。
  ★ ★ ★ 
 
 ヨッシー先生のクラスで起こっていること、まさに教育現場で起こっている「荒れ」の具体的姿であるのだと考えられます。
 その姿はさまざまです。

 こういう中で鍛えられた「学級づくり」や「授業づくり」の方向が、いま日本の実践家たちの中から出ているとは思えません。
 今までの自分の経験から身につけたことを語っているだけです。
 
 

 おそらく私達は初めて経験する事態に遭遇しているのです。
 そこでは私達が身につけてきた常識的な教育技術は、疑った方がいい。
 

 その意味で私は、
 「これから大切なことは、目の前の子供たちに対面してその時自分で選ぶベターな「行動」です。」という言い方をしました。

 だから、私が提起した戦略2つが、ヨッシー先生のクラスに対応しているのか、それは定かではありません。
 

 もはや10月を過ぎて、残された半年の時間の中で何ができるかというところで、極めて原則的なものを提起しただけです。

 学年として考えられた「学年としては、一つ一つ確認し、確実にやらせていこうという方向に進んでいます。」という方向が正しいですよ。
 

 目の前の子供たちに対応するベターな方向を選び取ることを最優先することです。
 ベストな方向なんてありません。
 
 ★
  げんちゃん先生が、貴重なコメントをつけられています。
  ありがとうございます。
 
 

 彼なりに目の前の事態を克服してきた貴重な経験です。
 こんなことが言葉化されなければなりません。

|
|

« 絶対に、絶対に、絶対に、あと半年凌いでやる! | トップページ | 今苦しんでいる先生たちに、このメッセージを届けたい! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生、ありがとうございます。また、げんちゃんさん、ありがとうございます。

この時期にこのようなアドバイス、励ましは本当に心の底から嬉しいです。

これからまだまだ頑張れそうです。

きっと、今、起こっている荒れは、数年前の中学校のようなことなのかもしれません。今や小学校の高学年も一人でなんとかするのが難しい状況なのかもしれません。力のない自分がこんなことを言うのはおこがましいかもしれませんが、以前から他のクラスをみても感じています。

今、出来る限り3クラス力を合わせて教科担任なども取り入れながらチームで取り組んでいます。しかし、小学校では限界があります。それは、中学校のようなシステムが確立していないからだと思います。

自分は、これからの小学校高学年は、中学校のようなシステムが必要なのではないかと考えています。もちろん、うまくクラスを経営している先生には、負担になるでしょう。それでも、いつ誰がこのような状況になるかわかりません。その時に小学校のクラス担任だと、隣のクラスが本当にどんな状況かは、わかりません。気付いた時には、すでに手遅れということもあります。

幸い自分の場合は、学年でも学校でもどのような状況か共有できています。ただ、正直、異動したばかりということもあり、二校目ということもあり、心から全て話せているかというと疑問です。

だからこそ、このようなときにきちんとしたシステムがあれば誰でも心強いと思います。

何はともあれ今週も頑張ります。

投稿: ヨッシー | 2014年10月 6日 (月) 20時59分

野中先生のブログをいつも拝見させていただいています。本も何冊か持っていますが、コメントをするのは、初めてです。

ヨッシーさんの状況、胸のうちにものすごく共感して、思わずコメントを残したくなりました。
ヨッシーさん、本当に毎日、お疲れ様です。
昨年度の私の話か?と思うくらい状況はピッタリなので、驚きました。


自分のことですが、30代半ばの女教師です。採用が遅かったので、現校で2校めとなります。異動で同じように4年のときからの崩壊学年、6年の担任になりました。6年を担任するのも初めての上、一緒に組んだのも20代の子たち。初めての学校で、学校の流れもわからないまま、初のまさかの学年主任となり、子どもたちともうまくいかず、地獄のような毎日でした(クラスの状況は、ヨッシーさんのところと非常に似ています)。

人生初、心療内科の門をたたきました。
それでも、倒れそうになりながら、私も何とか凌いで凌いで・・・1年間。無事に卒業させました。


今では、もっとうまくやれたのではないか?あの子たちに申し訳なかったな・・・と思う気持ちにもなりますが、とにかく1年間やりきったことで、心は確実に強くなったと感じます。
一つ一つ積んでいっては、バーンと崩されて、何度もめげそうになったけれど、卒業のころには、つながりを持てる子の数も増えて、一番ひどい状態だった5~6月の状況より、いい状態で卒業させることができたと思っています。

卒業生が、顔を出してくれることもあり、そんなこともうれしく、苦しい1年間でしたが、やり遂げてよかった・・・と今となって、つくづく感じています。
ヨッシーさんは、去年の私よりも、ずっとずっと前向きです。

蛇足ですが、私の大好きな漫画、『宇宙兄弟』からの名言(だと思うのだけど)です。
「最下位と1位の差なんて、大したことねーんだよ。ゴールすることと、しないことの差に比べりゃ。」
です!

ゴールすることで、見えてくる景色があります。

ヨッシーさん、心から応援しています。

投稿: ももんが | 2014年10月10日 (金) 05時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/60432039

この記事へのトラックバック一覧です: おそらく私達は初めての事態に遭遇している~ヨッシー先生へ向けて~:

« 絶対に、絶対に、絶対に、あと半年凌いでやる! | トップページ | 今苦しんでいる先生たちに、このメッセージを届けたい! »