« 倶知安小へ行ってきました! | トップページ | おそらく私達は初めての事態に遭遇している~ヨッシー先生へ向けて~ »

絶対に、絶対に、絶対に、あと半年凌いでやる!

   ブログに次のようなコメントがつきました。
 これは大変です。

  ★ ★ ★
野中先生、こんにちは。毎回、先生のブログに励まされ、勇気づけられています。

自分は、今年度初の異動をし、異動先の学校で六年の担任をしています。人数は、38人です。

間もなく前期を終えるところなのですが、正直、学級経営が全く上手くいってません。学級崩壊状態といってもいいかもしれません。

授業中に勝手に立ち歩いたり、おしゃべりをしたりします。また、自分の指示もほとんど通りません。さらに、叱っても反抗されます。
ちなみに、相当心無い言葉をかけてきます。(うざい、キモイ、来ないではもちろん、私たちの税金もらってんだろや体罰で委員会に訴えてやる、などなどとにかくたくさんです)そして、立ち歩き授業をかき乱す男児は、何度か言葉で注意してもおさまらない時は、腕をつかんでやめさせようとするんですが、対教師暴力を振るってきたりもします。
2:6:2の法則が、0:3:7くらいになってしまっています。

半年間で色々な情報を知ったのですが、この学年は、4.5年の時に学級崩壊していたそうです。また、5年生の時には、担任が三回代わったそうです。はじめは、40代の臨任の男性が担任をしていたそうなのですが、6月頃に不慮の事故で亡くなったそうです。その後、副校長が数ヶ月担任をしました。子供との関係は、良好だったようですが今でも名前で呼び捨てにしています。そして、夏休み明けから全く経験のない臨任が半年くらい担任をしました。
もちろん、こういった原因もあろうかと思いますが、自分の力量不足もあると思います。

六年は、3クラスなのですが、自分のクラスと隣のクラスも似たような状況です。ただ、どのクラスも去年から持ち上がっている教務主任の先生の言うことだけは聞きます。逆に言うと、その先生以外の言うことは聞きません。なので、音楽や家庭科の授業も危機的状況です。

ここまでを振りかえって原因を探ってみると一つ目は、上手く横糸をはれなかったことにあると思います。二つ目は、様々な行事で六年生が学校を動かさないといけないのに自分が一年間を見通せなくて、ブレることがたくさんあったことで信頼感を失ってしまったことにもあったとおもいます。もちろん、授業力不足も原因の一つです。そして、一つ一つの事を徹底できていないことも原因でしょう。
自分は、野中先生の本やブログで知識はあったつもりでしたが、上手く実践できませんでした。改めて知識を実践する難しさを体感しました。

きっと、この状況を変える一番の方法は、力のある先生に担任を変えることなんでしょうが、まだまだ自分は、頑張ろうと思ってます。そこで、野中先生。

これから残り半年。どのように凌いでいくことがベターか教えてください。また、このように問題があるクラスの学級担任になった場合どんなことを大切にするか教えてください。

よろしくお願いいたします。(野中先生の本はほぼ購入しているので、この本のこれだけは、みたいなのがあればもう一度勉強し直します)


ちなみに、校長先生は、とても協力的です。9月後半からは、校長先生のアドバイスで学級通信を出すようにしています。通信では、少しでもよいところを見つけて書いたり、自分の学級経営の考え・授業の様子を書いたりしています。

一緒に組んでいる教務主任の先生は、一つ一つのことをどんなに時間がかかっても待ったほうが良いとアドバイスをしてくれました。

最後に、今回の異動で自分以外の同期の何人かも似たような(校内では誰ももちたくないような)クラスの担任となり、同じように悩み、苦しんでいます。

乱文乱筆、まとまらない文章ですみません。

投稿: ヨッシー | 2014年10月 4日 (土) 10時23分

 ★ ★ ★

 悪い条件が重なっています。

 ①異動してすぐに6年生担任。よほど注意をしないといけない。
  こんな人事をする学校は、だいたい学校がうまく行っていないからである。

 ②クラス人数が38人。一人一人を把握できない数である。

 ③4,5年の時、学級崩壊になり、担任も何人も替わっている。
  こんなクラスの子供たちは教師に対する不信感が大きい。

 このようなクラスを受け持つには、大変な力量が必要になります。
 ただ、救いになるのは、教務主任の先生だけは話を聞くということです。
 

 それはきちんとその先生とは、横糸で気持ちがつながっていて、信頼をしていることになります。
 だから、心のつながりができればうまくいく可能性があります。

 ★
 これから私なりに対応策を提起しますが、ヨッシー先生のクラスを見たわけではありません。
 半日でも見ることができれば、対応策はきちんと出せると思いますが、それができません。
 

 書かれてあることから推測しての対応策です。
 だから、あくまでも1つの参考案として考えて下さい。

 ただ、こういう場合注意しなければいけないことがあります。
 本を一生懸命読んで解決のヒントを得ようとします。

 その気持ちは大切ですが、本から得られる知識なんかたいしたことがありません。
 

 私の本をいっぱい読んでおられるヨッシー先生にこんなことを言うのは申し訳ないことですが、ほんとうのことです。
 
 もう先生は、知識としては十分に持っておられます。
 

 これから大切なことは、目の前の子供たちに対面してその時自分で選ぶベターな「行動」です。
 
 

 失敗もします。そしたらやめればいい。
 少しうまくいく。続けてやってみます。
 基本的なことは、子供たち一人一人との「心のつながり」です。
 
  ★
 「織物モデル」を提起した橫藤雅人先生は、こんな大変なクラスを受け持ったら、「縦糸:横糸」の比率を「2:8」として対応するように指摘しています。

 横糸を数多くしなければいけない。

 ところが、ヨッシー先生は普通に「縦糸」を張っていったことが予想されます。
  そして、一部のやんちゃな子供たちから反発されて、今の状態を迎えたのではないでしょうか。
 
 

 横糸が少なかったという反省もなされています。

 ★
 ヨッシー先生は言われています。

「きっと、この状況を変える一番の方法は、力のある先生に担任を変えることなんでしょうが、まだまだ自分は、頑張ろうと思ってます。そこで、野中先生。

これから残り半年。どのように凌いでいくことがベターか教えてください。また、このように問題があるクラスの学級担任になった場合どんなことを大切にするか教えてください。」

 
 何ともうれしい言葉です。
 まだまだめげていない。やろうとする気力十分だと判断します。
 この心意気があれば、絶対に凌いでいけるのです。

 ★
 私の本を読み返す必要はありません。
 ヨッシー先生はすでに対応できる知識や力は持っています。

 目の前の事態に、いま自分で一番最良の方法を選んで対応する。
 それは本の知識とは違う場合もあるのです。
 それでもやってみる。

 その場をとにかく乗り切っていくのです。
 肝は、彼等と通じ合えるかどうかです。
 ★
 心構えが必要になります。
 
 「戦場」へ赴くのです。(この言葉は、教育の場に不適当な言葉だが、あえて使う)
 決して安穏な子供たちではありません。
 
 そこへ赴くには、「戦略」と「戦術」が必要です。
  「戦略」は、2つばかり。

 ①彼等との「心の通じ合い」をできるだけ図る。
  一緒に遊んだり、ゲームをして笑ったり、そして、フォローを入れる。
 できるだけ「ありがとう」「いいね」などの言葉を言う。
 

 ②スムーズさを心がける。
  クラスではスピード感がなくなっているはずである。
  時間を守り、さまざまな活動がスムーズにいくことを最優先する。
  8割方を動かしていけばいい。何人かのやんちゃは、授業の邪魔をしない限りほっ ておくことである。
  ただし、だめなことはだめだと毅然と言わなくてはならない。
 ★
 「戦術」は、その場にあって一番最適なものを駆使していきます。

   「授業」はそこそこでいい。
 しゃかりきになって、おもしろい、楽しい授業づくりをするんだと力んでも、やんちゃたちはたいした反応はしないはずです。
 

 「授業」そのものに拒否反応を示しているはずですから。
 授業で大切なことは、先生の話は短く簡単に済ませて、作業や活動を多くする。
 
 

 一斉授業が大変であれば、教室中に机を離して個別学習にすればいい。
  プリント学習です。
 

 アマゾンで「フォーラムa算数」などとひけば、陰山英男先生が編集しているプリント集がいっぱい出てきますので、それらを参考にすればいいのです。

  ようするに、一日一日が何とか終わっていけばいい。
  これを「凌ぐ」といいますが、こんな日々は、人生の中で数度訪れます。
 その1回目と覚悟すればいい。
  ★
 かつて中江兆民の息子に中江丑吉という人がいました。
 太平洋戦争に突入していこうとする日々、こんなことが書いてあります。
 「中江丑吉という人」(阪谷芳直編 大和書房)
   ★ ★ ★
 …いま一つ、これまた加藤惟孝の語っていることだが、彼の勤務先の学校で、朝礼、軍人勅諭、国民服、皇国経済学というようなことが強制されだし、それを彼はできるだけサボっているというのに対して中江丑吉は、「だから日本のインテリみたいなのは沈痛悲壮になって来るんだ」と一喝して、「大衆(まつせ) は二つか三つどうしても守ることを決めておいて、あとはできるだけ普通にやるんだ。そうしないと弱くなる」といった。例えば戦地で捕虜を殺せと命じられたら、城壁に東亜新秩序のビラを貼れといわれたら、皇国経済学の講義をしろと言われたらそれは断われ。あとは朝礼でもお題目でも国民服でも、みんなこっちから従ってしまえ。そしてこの「二つか三つ」は一人一人の事情によって異なり、Aにとって絶対避けるべきことをBはむしろやっていいという場合さえ出てくるが、しかしその二つか三つがきめられてたらそれらは守られねばならず、それが侵されたときは気持ちよく迫害をうけることができる五分の魂を持て。
 ★ ★ ★

 この中江丑吉の言葉は、とても大事な言葉だと私は思っています。

 ★
 「戦場」に赴くには、どうしても守ることを二つ三つ決めて、あとは状況に任せて対応すればいい。
 だから、どうしても子供たちに譲れないものを二つ三つ決めておいて、それは頑として守っていく。ここは譲らない。
 
 

 あとは普通に状況に合わせてやっていくのです。
 何でもかんでも真面目にやっては絶対だめですよ。
 そんなことをやったらへとへとになります。

 ヨッシー先生!沈痛悲壮にならず、淡々と凌いでほしい。
 そう、願っています。

 絶対に、絶対に、絶対に、あと半年凌いでやるという気構え。

|
|

« 倶知安小へ行ってきました! | トップページ | おそらく私達は初めての事態に遭遇している~ヨッシー先生へ向けて~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生、お忙しいなか早速の具体的な対応策をお示しいただき、本当にありがとうございます。

どんなに知識があっても、その時その場で対応する力をつけていかないとですね。

一つ、スピード感をアップするということで質問させてください。

4月から出来る限りスピード感を保とうと8割がオッケーの時は、様々な活動を進めてきました。しかし、全体がやらない子を見て自分たちもやらなくていいんじゃないか、という雰囲気になっています。例えば、背の順でならんで移動する時に並ばない子を待たずに進めていたら、並んでいた子達も別に並ばなくてもいいんじゃないかとなり、スピード感もなくなってきました。そこで、学年としては、一つ一つ確認し、確実にやらせていこうという方向に進んでいます。
学年で行う時は、教務主任の先生がいるので、大丈夫なのですが、一人でやらなければならない時が一つ一つを確実にというのが難しいです。

自分は8割に目をむけながら、と思い行ってきたことが、8割の子達が2割がやってないなら自分たちもいいんじゃないかみたいな雰囲気になってしまっています。

投稿: ヨッシー | 2014年10月 5日 (日) 14時21分

野中先生、こんにちは。
稚拙ながら、感じたことを書きます。

ヨッシー先生のクラスの状況、本当に本当に厳しい状況だということが、文面からダイレクトに伝わってきます。子ども達の暴言や立ち歩き、担任への反抗的な態度…。そういう状況で(そういう状況だからこそ)、野中先生の書籍に学び、「まだまだ頑張ろうと思っています」と決意されていることに、頭が下がる思いです。担任がそう強く決意していることは、立て直しのために何より不可欠の要素でしょう。
そして、校長先生はじめ、教務主任の先生が協力的で、アドバイスをくださることも大きな支えになっているのではないでしょうか。

私自身の経験をお話しますが、私も採用当初は、野中先生の書籍に学び、「授業はまだまだでも、学級づくりは何とかなるかもしれない」と思い、子ども達の前に立ちました。しかし、最初の1か月で学級はバラバラ。担任の指示は通らず、授業や給食中の立ち歩き、反抗的な態度は日常茶飯。自習の時間にはほぼ毎回といっていいほどケンカが起き、その対応で1時間が終わってしまう…。そんな毎日でした。
今振り返ると、書籍に学んだことは知識としてはあったけれども、それを眼前の状況にどう適応させていけばいいのか分からない。つまり、瞬時の実態把握ができなかったわけです。だから、対応も後手後手になり、何とか採ってみた手も実態とはかけ離れたものになり、それが言行不一致となり、クラス全体からじわじわと信頼を失っていく、という悪循環でした。
何とか学級づくりを軌道に乗せられてきたかな、と実感できたのは、5年目くらいからです。なぜこの頃にうまくいったのか、と振り返ってみると、子ども達の質とか、学年の雰囲気とかももちろんあるのですが、一番は担任である私自身の方針、もっと言えば方針の伝え方がシンプルになったことだと思います。「先生は、絶対にいじめを許さない」、「先生が本気で怒るのは、いじめがあった時、自分や相手に大きなけがをさせるような危険なことをした時、人任せにした時、この3つです」などと、担任の方針をシンプルに伝えられたことです。そうすると、子ども達にとっても「どういう状況だと叱られるか」が明確で、担任自身の言行不一致も激減していきました。

また、「お笑い」を授業や生活場面で多く取り入れ、みんなで笑い合う時間を意図的に作っていきました。担任が自分を貶めたり、誰かを馬鹿にしたりという「嗤い」ではなく、ミニネタや学習ゲームを取り入れたり、やんちゃ君のユニークな行動を取り上げて笑いに変えたりと、とにかく毎日笑う時間を作りました。「みんなで笑い合う」時間が積み重なると、いつしか学級も落ち着いてきます。

そうすると、担任の一つ一つの指示に対して、「従わないことが選択肢として在り得ない」、言い換えれば「並ばないあんた、なにやってんの?」みたいな空気が当たり前になってきます。うまく説明できませんが、みんなで笑ったり、緊張感のある中で何かを練習したり、そういう「共有の時間」を大事にしようよ、という雰囲気が生まれてきます。

ヨッシー先生に、こんなことを考える余裕はないかもしれませんが、一つのやり方として考えていただけたらと思います。

最後に、野中先生の書籍はほとんど読まれているということですので、別の先生の言葉を紹介します。兵庫の俵原正仁先生の『なぜかクラスがうまくいく教師のちょっとした習慣』(学陽書房)より。

”GOALはHAPPY ENDにきまっている。”

今は大変厳しい状況だと思いますが、ヨッシー先生が粉骨砕身されながら、学級のことについて必至に考えて実践されていることは、伝わる子には伝わっています。それが表面化する日は必ずやってきます。

応援しています。どうか、お体にだけは気を付けてください。

投稿: げんちゃん | 2014年10月 5日 (日) 18時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/60424355

この記事へのトラックバック一覧です: 絶対に、絶対に、絶対に、あと半年凌いでやる!:

« 倶知安小へ行ってきました! | トップページ | おそらく私達は初めての事態に遭遇している~ヨッシー先生へ向けて~ »