« 「考え方」は、「実践」として行動化されていかなければいけない。 | トップページ | 人と人は近ければ近いほどよいということはない! »

「学校が危ない」

   「学校が危ない」という特集に目をひかれて、久しぶりに雑誌を買った。
 週刊東洋経済の9/20号。

 「先生が辞めていく」「燃え尽きる先生」「ブラック化する職場」「多忙と疲労の果てに」というルポが載っている。

 この見出しは、初めて目にする人たちには驚くことであろうが、現場の人間にとっては当たり前の内容で、私はずっとブログで明らかにしてきた内容である。

 読んでみて、まあまあよく取材している。
 正確な内容である。
 

 こんな内容を知らない人たちにとっては、「まさか?」ということになろうが、本当である。
 ただ、雑誌であるので、雑然とまとめられてあるだけである。

 ★
 数年前、ある通信講座の会社から呼ばれて話に行ったことがある。

 その時に、そこの会社の方々に尋ねたことがある。
「これから学校がほとんど機能を果たさなくなる『学校の終わり』現象が始まるのです。学校がなくなるのではなく、ハコモノは存在するのですが、その中で教育という機能が働かなくなる。だから、親たちは、通信講座や塾などの助けを今まで以上に求めてくるはずです。今まで学校が果たしてきた役割を通信講座とか塾が背負わなくてはならなくなるはずです。そのための準備をされていますか?」と。

 そんなことは考えていないという答えであった。

 九州佐賀の武雄市では、公教育が塾と連携を始めている。
 武雄市の市長は、私が考えていた通りの考えである。(ただ、進めていることはちょっと私の考えと違っている)

 もう始まっているのである。

 ★
 「アベデュケーション」と安倍政権が主導する教育政策を呼ぶらしい。

 次々と教育政策を打ち出すらしいが、ほんとに学校現場が求めていることとはほど遠い。
 

  教師たちが疲弊して、もう教育政策を背負えなくなっている。

 学校が荒廃して、もはや教育政策を実践していくことができなくなっている。

 この実態をどれほど知っているのか、疑わしい。

 さて、さてである。

|

« 「考え方」は、「実践」として行動化されていかなければいけない。 | トップページ | 人と人は近ければ近いほどよいということはない! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「学校が危ない」:

« 「考え方」は、「実践」として行動化されていかなければいけない。 | トップページ | 人と人は近ければ近いほどよいということはない! »