« なぜ先生たちの授業には、フォローが少ないのか(2) | トップページ | つれづれなるままに~見事な授業に出会う~ »

挙手発言型の授業がまだまだ主流なのだが……。

 さまざまなところで、授業を見せてもらう。
 圧倒的に主流なのが、挙手発言型の授業。
 当然と言えば当然なのかもしれない。

 一斉授業なので、挙手発言型になるのであろうが、それにしても全てが挙手発言であるのはちょっと違和感がある。
 これには考え込んでしまう。
  ★
 私も現役の頃は、確かにこの挙手発言型の授業をしていたことを思いだす。
 明治図書の青い本にも「クラスの子供8割を発言できるようにする方法は?」という方法論を書いている。
 
 

  私は、多くの子供が参加する討論の授業を目指したので、いかに多くの子供を参加させるかというのが目標であった。
 

  でも、最後の勤務校は、全員参加という授業にはほど遠いもの。
 
 原因は、語彙力の圧倒的な不足。
 

  これがないと討論にならない。
 

 文として発表する、そのための語彙力がないためにしゃべることが続かない。
 

  こんなことを目指さないで、早く切り替えなければいけなかったと、今ならば思う。全員参加にならないのだから。
 ★
 今でも挙手発言型は、主流だ。ほとんどと言っていいかもしれない。

 子供たちが手を挙げて発表する。
 そのことに先生たちは、重要なポイントをおいている。
 
 

  メリットは、確かにある。
 子供たちの積極性を高める。
 

  なかなか意見を言えない子供が、意見を言えるようになることでがらりと変わっていく。そんな姿を何度も見てきた。

 なぜ、挙手発言型の授業がまだ主流なのか。
 
 多くの子供たちが挙手をして、多くの子供が発表することを「授業の善し悪し」の判断に使われているからだと思われる。
 
 

  「多くの子供たちが発表していてとても良い授業でした」
 「とても積極的な子供たちが育っていて、素晴らしい学級経営です」
 
 

  保護者は、全部と言っていいほどに担任の「授業の良し悪し」の判断は、手を挙げる子供が多いか少ないかにかかっているといい。
  ★
 しかし、この挙手発言型の授業にはさまざまな問題点もある。
 「味噌汁・ご飯」授業を考えるようになって、そのことに気付くことができた。
 

  今問題点として考えてみると5つほどあげることができる。

 ①「はい、はい、はい」と盛んに手を挙げている授業は、冷静に見ると他の  子供の意見はそっちのけで、とにかく自分に当ててほしいという一心である。
 
 

 ②課題に対して深く考える。友達の発言をよく聞く。授業では、こちらの子  供の姿勢がもっと大切であるはずなのに、こんなことはそっちのけになる。

 ③「発表すること」だけが良きことだという考えを子供に植え付けていく。
   
 ④手を挙げながら考えようとする外向的な子供を大事にし、内向的な子供を  引っ込ませていく。

 ⑤このような挙手発言型の授業を続けていると、結局傍観者を多く作り、全  員参加の授業になることはできない。

  ★
 「じゃあ、それに変わる授業というのはどうすればいいのか?」
と言われるのかもしれない。

 さまざまなところで、私も授業をしている。
 「味噌汁・ご飯」授業である。
 下手な授業だが、挙手発言型の授業とは違った授業をしている。

 全員参加の授業。
 緘黙の子供だって、知らぬ間に発言しているという感じになる。

 どんな授業なのか。

 スモールステップの繰り返しの授業。

 小刻みに活動を繰り返していく。

 アウトプット型の授業と言っていいだろうか。
 
 書く、発表する、ペアで話し合う、グループで話し合う、さまざまに動く。

 これらのものが混ざっていく。 

  子供にとっては、片時も暇な時間がない、スピード感いっぱいの時間だが,彼等はこんな授業に乗ってくるのである。

|
|

« なぜ先生たちの授業には、フォローが少ないのか(2) | トップページ | つれづれなるままに~見事な授業に出会う~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 私も法則化・TOSSの実践を知ってからは、ほとんど挙手発言型をしなくなりました。
 保護者からも、「手を挙げるでしょうか」と聞かれることがありますが、
大体「ほとんど指名制です。お宅のお子さんは・・・・」と返答しています。
もちろん、積極性のある子は「よく手を挙げて発表してくれます」と言うこともあります。


 我が市は、「学び合う学び」を取り入れており、ペア・グループも積極的に活用しています。
 子どもの活動を積極的に促すこともありますが、全員発言が時間的に不可能なことも取り入れている要因です。


 挙手指名をほとんどしなくなった他の理由として、発言するけど脳の記憶として何も残らない子がいます。ノート・プリントを集めた時、発言したけど何も(ほとんど)書いていないことがあります。
 つまり「思いつきで言った(言いたくなったから言った)」・その後の展開を考えていないということがあるのです。そういう子は大体の場合、きわめていい加減です。(発達障害系の子と考えても差し支えありません)
 授業で一時的に活躍するけれども(活躍することは否定しません)、最後に伸びる子は、じっくり考えられる子、記録にまとめられる子です。いわゆる努力家です。
 私の考えは、努力家が伸びていく授業をしたいです。


 長い蛇足になりますが・・・
 TOSSが学び合いを痛烈に批判しています。
 確かに「教室ツーウェイ」を読むと、信じられない実践も載っています。
 ただ、わが市の(主に社会・理科など)すばらしい実践を見られたとするなら、少しはトーンが変わってくるだろうと思います。
(わが市といえども算数の問題解決もどき、国語の単元学習もどきの実践については、実力が伸びない、進度も進まないのが明らかなので、批判する点はTOSSと同じです。ただ、あまり痛烈に言うのもどうかと思うので、控えめに批判しています。
 指導案を見るとなんとなくわかりますので、出張命令でない研修には(指導案を見たうえで行きたくないものには)極力行かないようにしています。機嫌を害するだけですから)

投稿: 愛知のTOSS超末端教師 | 2014年9月23日 (火) 10時57分

 一部誤解を招く表現があったようなので、付け加えます。
 
 発達障害系の子が努力しないから、伸ばしたくない、ということではありません。
 もちろん、得意な事柄はそれぞれなので、発表で力を発揮できる子、後でじっくり考えるタイプの子・・・それはそれで構わないのです。
 努力もそれぞれの所でしていると思います。

 
 ただ、授業をまとめる時に残るのは、ほとんど文書の記録です。
 音声、映像で記録に残して、分析して、この子はよく活躍できた・・・と振り返るのは、日常では全く不可能です。
(蛇足ながら、そうした子に「授業でよく活躍したね」といってもほとんど覚えていませんでした。)

 自分の経験からしても、発表だけはするけど、最後のまとめがそれなりにも書けない子は、やはり伸びていません。(その子の「特性」とみなすしかないのでしょう。)

 授業を大切に進めていくには、やはり挙手発表だけに頼っていてはいけないと思います。


 もう1つ。「機嫌を害する」ではなく「気分を害する」でした。変換ミスですみません。

投稿: 愛知のTOSS超末端教師 | 2014年9月23日 (火) 15時51分

 野中さん、こんにちは。
 山口県の中村健一です。

 「フォロー」何度も取り上げていただき、感謝です。
 確かに若手の授業は驚く程「フォロー」が少ないですからね。
 若手には、まずは「フォロー」を意識して欲しいです。

 先日、Eテレの取材を受けました。
 私の授業を取材をされたディレクターの感想は、「あんなに動いて子どもたちは疲れませんか?」。
 私は即座に「子どもたちはジッと座って話を聞くのが苦手なんです。動いている方が楽。ジッと座って話を聞く方が子どもたちは疲れるんです」と答えました。

 野中さんが言われる通り、子どもたちは、「片時も暇な時間がない、スピード感いっぱいの時間」を好んでいるし、望んでいます。

                                            中村 ケニチ

投稿: 中村ケニチ | 2014年9月23日 (火) 18時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/60361046

この記事へのトラックバック一覧です: 挙手発言型の授業がまだまだ主流なのだが……。:

« なぜ先生たちの授業には、フォローが少ないのか(2) | トップページ | つれづれなるままに~見事な授業に出会う~ »