« つれづれなるままに~こうして3日間は終わる~ | トップページ | 「考え方」は、「実践」として行動化されていかなければいけない。 »

eラーニングの手法での初任者研修

   初任者が大変である。
 これからどのように初任者指導をしていくのか、改めて考え直さなくてはならない。
 
 

 ほとんど教育委員会の初任者指導は、形骸化して、実の指導を上げていない。
 それが実情である。

 私が関わっている教育委員会は、もう赴任前研修(研修とは名付けられないが)に踏み切っている。
 当然のことだ。
 

 子供が変貌し、以前のような指導が通じなくなっている。
 
 

 大学でほとんど何も学んできていない初任者が対応できなくなっているのは当たり前である。
 
 ただでさえ、経験を持たない初任者をすぐに担任につけるというのは、他の職種からしたら考えられないことなのだ。
 

 私は、最初の1年目は副担任のような形で経験させるというのが、ベターなことであると思っている。
 ★
 そんな中で、M県教育委員会は、「ネットDE研修」ということで、eラーニングの手法で研修を始めている。
  今回私を呼んで、初任者研修の話を収録し、ネット研修を始めるというのである。

 おもしろい試み。これならば、初任者研修に来られない人たちにも伝わっていく。
 ★
 現実はすぐには変わらない。
 何としても初任者に、1年目を失敗しない方法論を伝えなくてはならない。
 そんな思いになっている。

 お陰様で、私が関わっている教育委員会は、辞めていく初任者がほとんどいない。
 それだけ力を入れて、初任者研修をやっている成果である。

 私が初任者に伝える話も、もし行動化(実践化)できるならば効果的であるのは実証済みである。

 とにかく1年目を乗り切るための方策を伝える。
 複雑なこと、むずかしいことはダメだ。
 

 シンプルで、行動化できる形で伝えなければいけない。
 

「子供との関係づくり」「教室の仕組みづくり」「教室のルールづくり」。
 この3つだけでもきちんとできれば、何とかなる。

  そんな思いで収録に向かいたい。

|

« つれづれなるままに~こうして3日間は終わる~ | トップページ | 「考え方」は、「実践」として行動化されていかなければいけない。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: eラーニングの手法での初任者研修:

« つれづれなるままに~こうして3日間は終わる~ | トップページ | 「考え方」は、「実践」として行動化されていかなければいけない。 »