« つれづれなるままに~「次をどうするか、それが人生である」 | トップページ | 夏の終わり~「態度づくり」~(2) »

夏が終わる~「態度づくり」が必要~(1)

   この夏も、さまざまなところに呼ばれて行くことができた。
 そこで聞かされたことは、初任者の大変さである。
 


 安定していると思われる地方の学校でも、初任者のクラスが荒れている。
 初任者7,8割のクラスは荒れるというのは、ほんとうである。

 今に始まったことではないが、ますます度合いがひどくなっている。
 以前では6月頃に荒れは始まるのに、最近では4月末あたりから始まる。

 これは何だろう?

 ★
 私が初任者になったのは、1970年の初頭。
 横浜では何千人もの初任者が採用された。

 その頃、初任者の学級崩壊(そのような名前もなかったが)はなかった。
 少し賑やかになるぐらいの程度。
 
 辞める人も聞いたことがなかった。
 誰でもが普通に教師をやることができたのである。
 
 

  あれから40年………。
 何がどのように変わってしまったのだろうか。
 ★
 私が初任の頃、何の準備もすることなく、教師になった。
 それこそ、お兄さんがガキ大将になった感じ。

 困っていると、子供たちが、「前の先生はこうしていました!」と教えてくれた。
 その通りにやっていれば十分に教室は回って行ったのである。

 先生には従っていくものだという「縦糸」の枠組みがきちんと成立していたのである。
 その枠組みに乗っかっていけば、誰でもが教師をやれた時代である。

 ★
 今の初任者の先生たちが、私達の時代よりも劣っているわけではない。
 むしろ、がんばっているのである。

 ただ、学生から教師になり、即担任をしなければいけない場合、私達の時と同じように「お兄さん」「お姉さん」のような気持ちで子供たちの前に立つことは極めて危険である。(初任者本人は決してそんな気持ちではないが、すぐに切り替えることはできない)
 
 

  その場合、何が必要なのか。
 どのような気持ち、態度で子供たちの前に立てばいいか。
 そして、何をしていけばいいか。

  「態度づくり」という言葉で呼ぶことにしよう。

 このことについて、教員養成の大学はほとんど何も教えていない。
 教育委員会も、困っているが自覚的に動いているところはまだ少ない。
 
 学校現場は、初任者を育てていくノウハウをほとんど持っていない。
 教員たちは、自分のことで精一杯になっている。

 学校現場は、あと10年経てば、若者たち中心の現場になる。
 その波は、都市ではすでに来ている。
 地方は、あと4,5年で始まる。

 どうしてもこの「態度づくり」が必要である。
 これがなければ、まともに初任者は1年を終えられない。
 ぞくぞくと初任者が辞めていっているのは、このためである。

 次回にこのことをくわしく書くことにしよう。

|
|

« つれづれなるままに~「次をどうするか、それが人生である」 | トップページ | 夏の終わり~「態度づくり」~(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/60191890

この記事へのトラックバック一覧です: 夏が終わる~「態度づくり」が必要~(1):

« つれづれなるままに~「次をどうするか、それが人生である」 | トップページ | 夏の終わり~「態度づくり」~(2) »