« 夏が終わる~「態度づくり」が必要~(1) | トップページ | 「ゆたQ」さんの質問に答える! »

夏の終わり~「態度づくり」~(2)

「態度づくり」について書いた。

 この「態度」とは、実際に教師として行動するために「準備すること」ということになる。

 今泉浩晃さんの「MANDALA」(中央美術学園出版局)には、次のような紹介がなされている。経営コンサルタントの城功氏の本からの引用である。

 ★ ★ ★
 ハワイのアラモアナ・ホテルに24時間営業の食堂があった。24時間営業であったから 食堂マネージャーは二人いた。一人は男性で アシスタント・マネージャーのほうは女性であった。
 この二人のマネージャーが交替で 食堂全般をとりしきるのである。アシスタント・マネージャーは台湾生まれで3人の子持ち 38歳である。
 服は14着持っており、毎日着替えて出勤してくるのである。
 私が 彼女に気がついたのは 彼女の姿勢 彼女の態度が 他のウェイトレスと全然ちがっていたからである。
 彼女はテーブルの間を 背筋をシャンと伸ばしながら大またでスッスッと歩く。
「あの人だあれ」と 私はこのホテルにオフィスを持つ友人のミスター・タクミに聞いてみた。それで彼女がアシスタント・マネージャーであることがわかったのである。
 彼女がマネージャー候補になった時、3か月のエグゼクティブ・トレーニングを受けた。その最初の実習が“歩き方”だったのである。
 “ものをいわなくても 遠くから見ても 一目でマネージャーであることがわかる態度づくり”これが最初の教育だったのである。
 ★ ★ ★

 アシスタント・マネージャーの最初の「態度づくり」は、「歩き方」であったという。
 これはかなり示唆的なことである。
 

 この歩き方で歴然とした違いを見せることによって、マネージャーとしての存在を印象づけていく。

 今まで教育界は、こんな「態度づくり」など無視してきた。
 「教師は、信念さえあれば、態度ににじみ出てくるもの。形式的なことは必要がない」と避けられてきた。
 
 

 私はこんな考えは最初から疑問視していた。
 最初は、「形」や「型」から入ることってあるのである。

 ★
 教師としての「態度づくり」はなぜ必要なのか。
 子供たちに「教師であること」を印象づけることがある。
 

 それ以上に、「教師」としての自覚を自分に身につけさせていくためにも必要なことである。
 さて、初任者にどんな「態度づくり」をさせるのか。
 

 まだ、まとまったものができていない。
 構想段階になる。

 ①初任者に「教師」としての心の準備をどうさせるか。
  これが「態度づくり」ということになる。
  
 

  私が今までの初任者研修で効果的だったのは、子供たちとの「関係づくり」を教えてきたことである。
  「縦糸を張ること」、「横糸を張ること」で子供たちと関係をつける。
  
  

  子供たちには、決してお兄さん、お姉さんと対してはダメだ、きちんと「教師」  として関わっていくべきである。
  
  

  そうするためには、何をするか。
  「歩き方」と同じように、「形」としての行動が必要になる。
 
 

 ②具体的な準備をきちんと教える。
  これも「関係づくり」の一環だが、教室の仕組みをどのように作っていくか(仕組みづくり)、教室のルールをどのように作っていくか(集団づくり)について教える。  
  

  これについては、『新卒教師時代を生き抜く学級づくり3原則』『新卒教師時代を生き抜く初任者1ヶ月のシナリオ』(共に、明治図書)を出版している。
 
 

 ③時間管理の仕方について
  これはまったく教えられていない。また、教えられる教師もいない。
  初任者は、学生のきままな時間から分刻みな教師生活時間に入る。
  
 

  人生で初めての 忙しい生活である。
  これを乗り切っていく「時間管理」ができていない。
  
 

  だから、毎日9時、10時まで学校へ残ってへとへとになる。
  食事管理も、睡眠も、ままならない。
  
 

  この時間管理がどれだけ大切なものか、学校現場はほとんど無自覚である。
   
  これについては、『必ずクラスを立て直す教師の回復術』(学陽書房)の中で、「仕事のスタイルを変える」を書いている。ただ、初任者が即座に実践できる内容ではないかもしれない。

|
|

« 夏が終わる~「態度づくり」が必要~(1) | トップページ | 「ゆたQ」さんの質問に答える! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/60195652

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わり~「態度づくり」~(2):

« 夏が終わる~「態度づくり」が必要~(1) | トップページ | 「ゆたQ」さんの質問に答える! »