« 2つを統率できれば、何とかなる! | トップページ | 目の前の子供たちとどのように繋がるのか! »

問題はシンプル。複雑に考えないことだ!

   こんなコメントもついている。
 Aquaさんからのコメント。
 いつもありがとうございます。
 
 

 昨年初めて6年生担任をされて、大変な1年を送られた。
  以前こんなコメントも付けられている。

  ★ ★ ★
 アンナ先生のお手紙を読んで、昨年度六年生を担任して、悩み、苦しんだことを思いだしました。
子どもたちと良い関係を築けず、自分を責めました。子どもたちに申し訳なくて。保護者の方達にも心配をかけました。
何人かの先生方に助けて頂いて、ボロボロでしたが、ようやく一年間を終えました。

今年度は、希望学年を担任させて頂き、楽しく過ごしています。

私の力不足が原因でしたが、いくつかの学びはあったと思います。

今後、高学年を担任するかどうかはわかりません。
もしも、担任することになったら、野中先生の「縦糸と横糸」を念頭に、学級経営をします。
 ★ ★ ★ 
 今回も、このようなコメントをもらっている。

 ★ ★ ★
野中先生には、昨年度お世話になりました。

昨年度、初めて六年生担任をした私は、六年生という発達段階をあまり理解しないまま、学級経営をしてしまいました。
縦糸を張れず、学級を不安定にしてしてしまいました。
どんなに頑張っても人間関係を修復できず、野中先生の本にすがりました。
ここでも悩みを聞いていただいて、やり過ごすことを選びました。

何とか卒業式まで持ちこたえることができたのは、野中先生のおかげです。
もちろん、校内の先生方にも協力していただきました。

もっと勉強しておくべきだったと思っています。

今年度は、希望学年を担任し、とても落ち着いた毎日です。
この子たちにできることを精一杯します。
 ★ ★ ★

 高学年の子供たちが特別な子供になっている。
 ひょっとすると、中学生よりも大変ではないかと予想する。

 だから、低学年や中学年ばかり持っていた先生は、よほど慎重にいかないと大変なことになる。
 

 Aquaさんも、初めての6年生担任で、とんでもない大変さにあわれている。
  だが、こんな先生は全国にごまんといるに違いない。

 ここでAquaさんが強調されているのが、縦糸・横糸のことである。
 
 今年、赴任前に行う初任者研修を2つの教育委員会で行った。
 始業式前に行った初任者研修は、2つの教育委員会。

 ここの4つの教育委員会では、辞めていく初任者がいないと聞いている。
 
 私の初任者研修の話が、いくらかの効果をもたらしているのかもしれないと手前味噌的に考えている。

 それは、やはり縦糸・横糸のことである。

 この視点を持って現場に行くのと、全く知らないで現場に行くのとではまったく違う。
 
 この視点を持たなければ、初任者はお兄さん、お姉さんの気持ちで「仲良し友達」を子供たちと目指そうとする。
 最近は、すぐにクラスが荒れていく。
 
 ところが、この視点を持っていると確実に「教師」として子供たちと関係を持とうとする。
 私が指導した初任者は、確実に落ち着いたクラスを作り上げていた。
 

 この違いは大きいはずである。
 

 もちろん、知っているだけで実践できなければ何にもならないのだが…。

 ★
 現在の初任者研修は、ほとんど「授業」に偏った指導をしている。
 初任者指導の先生方も、ほとんど「授業」に偏った指導であろう。
 
 

 実は、私も初任者指導として1,2年目はそうであった。
  効果はさほど上がらなかった。

 ところが、初任者が最初に必要なのは、「学級づくり」である。
 とくに、子供たちとの関係づくりは決定的である。
 

 ここで90%以上、クラスがうまくいくかどうかの岐路になる。
 それほどに大切である。

 このことを現場は教えられない。
 
 周りの先生たちは、自分のクラスで精一杯。
 

 初任者指導の先生たちは、「授業」の指導をしようとする。
 これではダメだ。
 
 

 辞めていく初任者が続出しているのは、このことが原因である。

 その初任者が教師に向いていないとか、教師としての力がない(当たり前だが)とかの問題ではない。

 もう一度繰り返すが、子供との「関係づくり」と「学級づくり」の問題でクラスが荒れているのである。
 このことは強調してもしすぎることがないほどである。

 また初任者でなくても、同じようにクラスが荒れていくのは、ほぼここに問題があると思った方がいい。

 問題はシンプルなのだ。
 複雑に考えないこと。

 ただ、中堅やベテランの先生は、今まで身につけた「先生としての習性」をどれだけ振り返り、変えられるか、そこが大きな課題になる。
 

|
|

« 2つを統率できれば、何とかなる! | トップページ | 目の前の子供たちとどのように繋がるのか! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生、毎日暑いですが、元気にお過ごしでしょうか。
ここ最近の「アンナ先生への手紙」を巡る一連の記事を、興味深く拝見させていただいております。
初任者、若手教員の現場での苦しみのほとんどは、事務作業でも保護者対応でも授業力でもなく、子どもとの「関係づくり」だと断言してよいと思います。
私自身、最初の3年間は子どもとの「関係づくり」がうまく行かず、あっという間に学級が崩れていく様を目の当たりにしました。今振り返ると、典型的な「友達先生」になっていました。言葉遣いの崩れが、子ども達との距離感をあいまいにしてしまい、指示の非一貫性が6割の「どっちつかずの子ども達」を「やんちゃな子ども達」の側へと自ら追いやってしまいました。そして、指示を通すべき時に通せない、指示に従えない子どもや状況を怒鳴って何とかする、そうしているうちに怒鳴っても状況は悪化するばかり…。「つらい」という言葉では形容しがたいですし、本当に今思い出しても、暗い気持ちになり、ため息が出ます。何より、子ども達が一番辛かっただろうと思います。

あの時の苦しみから、野中先生の「学級づくり3原則」を徹底して実践し、子どもの実態に応じてアレンジを加えながらその後の3年間を過ごしてきました。何よりも、「縦糸・横糸」の視点が、子ども達同士の、そして自分と子ども達の距離を少しずつ、しかし確実にくっきりと浮き彫りにしてくれました。関係づくりが一定程度しっかりしてくると、あとは自分自身のキャラクターを反映させた学級経営もできてくるのだな、とも思いました。
昨年は、初めて教育実習生の指導を担当しましたが、指導の際に何より強調したのは「学級づくり」、中でも「縦糸・横糸」の視点を持って子ども達との「関係づくり」をすることでした。その実習生は、授業の進め方や指導案の書き方について指導をされると思っていたようで、最初は「いったい何のこと?」といった表情をしていましたが、45分の指導時間が終わる頃には腑に落ちた納得の表情をしていました。彼女の本当の勝負は担任を受け持つこれからですが、きっと「学級づくり」を第一に意識して学級経営に励んでくれると思います。

本記事の先生の最期の一行が、ずっしりと心に響きました。
「ただ、中堅やベテランの先生は、今まで身につけた「先生としての習性」をどれだけ振り返り、変えられるか、そこが大きな課題になる。」
まさに、自分自身が今、”自分”の学級経営を客観的に捉え直そうと取り組んでいたところでしたので、改めて自分に発破をかけ直したところです。初任者の先生だけでなく、中堅、ベテラン教員のクラスが崩壊予備軍になっている状況を打破するために、できることはたくさんあろうかと思います。
自分の場合は2つのことに絞って取り組んでいる最中です。1つは、味噌汁・ご飯授業の「一人研究授業」。そしてもう1つは、横藤先生の著書による「隠れたカリキュラムの発見・改善」です。

今後とも、ご教示をよろしくお願いいたします。

投稿: げんちゃん | 2014年8月 6日 (水) 17時17分

野中先生 お久しぶりです。野中先生の書かれている、最初に必要なのは「学級づくり」。これに強く反応しています。今年度も、初任者指導教諭になっています。今年度は、文科省の指定を受けて、自校に1週間べったりいます。初任の先生にべったりつくことができます。昨年度は、拠点校として毎日違うクラスに入っていました。そうすると、どうしても「授業づくり」についても伝えなくてはいけないという焦りがどこかあった自分がいます。1週間に一度だからです。ところが、今年度は「学級づくり」をしっかりと種まきすることができました。そうすると、加速度的に、新任の先生が落ち着かれるのが分かるのです。つくづく「学級づくり」の大切さを実感しています。また、野中先生と話をすることができる日を夢見ています。(*^_^*)

投稿: 福山憲市 | 2014年8月 9日 (土) 10時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/60107050

この記事へのトラックバック一覧です: 問題はシンプル。複雑に考えないことだ!:

« 2つを統率できれば、何とかなる! | トップページ | 目の前の子供たちとどのように繋がるのか! »