« つれづれなるままに~中学生に初めて授業をする~ | トップページ | アンナ先生への手紙(2) »

アンナ先生への手紙(1)

  アンナ先生、こんにちは。
 私のブログに、あなたから次のようなコメントが入りました。
 
  ★ ★ ★
 こんばんは。初めてコメントさせていただきます。
小学校教員の初任者です。大学を卒業して教員になりました。
もう毎日が辛くて本気で辞めたいと思っています。
2年生を担任していますが、クラスが崩壊しています。
相談をしないことを怒られたので、相談はしていますが、現状を伝え、解決策を考えて動いてくれてはいますが、わたしの心がなにも追いついていません。
わたしの辞めたいという気持ちを相談することができる人が一人もいないからです。
私が舐められているから、わたしの授業がいけないから、ルールが徹底されていないから、私自身がぶれているから。全部自分が悪いのはわかります。でもどうすればいいのかわかりません。

投稿: アンナ | 2014年7月 5日 (土) 20時43分
  ★ ★ ★

  毎日が辛いですね。本気で辞めたいと思っているのですね。

 私はそういう初任者の先生たちに何人も接してきましたので、その気持ちはよく分かります。
 

 毎日を過ごしていくエネルギーが枯渇していて、やらなければいけないことは分かっていてもどうしても体が動いていかない。
 そんな状態なのでしょう。よく分かります。

  アンナ先生、辞めたいという気持ちは分かりますが、せっかく選んだ自分の道です。
 もう少し立ち止まって考え直してほしいです。

 あと2週間で夏休みがやってきます。
 とりあえずそこまでやってください。

 5月にも、そんな悩みをコメントした初任の先生がいました。
 その先生に、次のように生活することを勧めました。

 ★ ★ ★
 ①規則正しい生活をする。
  同じ時間に起き、同じ時間に寝る。行動も淡々と行う。
  これを繰り返していたら、ふっと吹っ切れる時間が必ず訪れる。
  
 

 ②遠くを努めて見る。
  これはフランスの哲学者アラン(『幸福論』の著者)の言葉をぱくっている。
  悩む人たちや鬱に苦しむ人たちは、いつも近くを見ている。
  
  だから、苦しむのである。
  遠くを見る。努めて遠くを見る。
  夕日が沈んでいく光景。緑に映える木々の美しさ。……散歩しながら見つめる。
  
  そのうちに、ふっと自分に暖かい風が吹いてくる。

 ③今日一日をがんばればいい
  私は、教え子に悩みをぶつけられたときに次の詩を送ったことがある。

  君ならできる    葉 祥明

  今どんなに苦しくても
  今日 いち日
  我慢できれば
  それでいい
  次の日は次の日で
  また我慢すればいい
  そうやって一日一日
  我慢していけば
  いつか もう
  我慢しなくていい日が
  必ず来る
  その日まで
  大丈夫 君なら
  きっと耐えていける! 

 ④ちょっと変えてみる
  うまくいかないのは、「やり方」がうまくないのである。

  だが、がらりと変えていくことはできない。
  だから、ちょっとだけ変えてみる。

  そうやって試みてみる。
 
   ★ ★ ★
 
 アンナ先生、とりあえず2週間だけです。
 夏休みには、初任者研修などで忙しいのですが、自分の時間もきちんとできます。
 

 そこで何をすればいいか、また書いていきます。

 あなたのような悩みを持っている初任者の先生は、ものすごく多くいます。

 その先生たちは、「自分は教師に向いていない」と結論づけようとしています。
 教師に向いていない人は、そんなに多くはいません。
 

 ただ一つ、人間嫌いで人と付き合うのが嫌いだという人なら教師に向いていないと思います。
 でも、そんな人は教師になろうと思わないと思います。

 実は、そんなことではないのです。
 いまうまくいかないのは、単に「やり方がまずい」だけなのです。

 学級づくりの原理・原則に当てはまらない方法で、学級経営をしたり、子供たちと付き合ったりしているからです。
 そんなことをあなたが大学で学んでいないし(大学は教えてくれない)、勉強もしていないからそうなるのです。
 
 

 夏休みの間に何をすればいいか。
 どのようにクラスを回復していけばいいか。
 

 次回は、それを書くことにします。
 


 夏休み明けにがんばればきっとクラスは回復していきますよ。 
  


|
|

« つれづれなるままに~中学生に初めて授業をする~ | トップページ | アンナ先生への手紙(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

アンナ先生、こんにちは。
私も初任の年に、学級を崩壊させました。
コメントを読ませていただいて、その時の気持ちが蘇りました。

努力しても努力しても、自分や家族との時間をすべて犠牲にしてもうまくいかなかったことは、それまでの人生で初めてでした。子どもたちに、気持ちが通じないのです。学級づくりも、授業も、いくら一生懸命やってもうまくいかないのです。
一人ひとりとお話しすれば通じ合えるのに、集団になると指示が通らず、騒がしさが収まらず、叱っても響かず、怪我が増える。そのうち保護者が騒ぎ出す。管理職に叱られる。みんなアドバイスをくれるけれど、具体的に手を出してやってみせてはくれない。「それは担任の仕事ですよ」。そんなことはわかっています。私が悪いのもわかっています。でも、これだけやってもできないんです!今、何をどうすればいいんですか?

そんなことを思い出しました。
アンナ先生も、そんなお気持ちではないですか。

私は、たまたま書店で手にした野中先生の著書の後付けを見て、野中先生にメールを差し上げて、温かいお返事をいただいて、初めて救われた気持ちになりました。
勤務校の先生方はとてもお忙しくて、なかなか相談できなかったのですが、その中でも他学年の先生、支援級の先生、栄養士さん、養護の先生とだんだん仲よくなり、相談できるようになりました。管理職に理不尽に叱られた時、一緒に憤慨してくれた先生もいて、救われました。アンナ先生の学校にも、きっといらっしゃいますよ。アンナ先生を気にかけてくださる方が。

授業が下手なのは仕方ないです。急にうまくなりません。
学級づくりも、今さら4月からやり直すことはできません。できることは、少しずつ関係性を変えていくことです。
初任なんです。初めからうまくいく訳がありません。
今年できなかったことは、来年やればいいんです。
初年度苦しんだことは、次年度から絶対生きてきます。
学校はそういうところです。
だから、ご自分を否定する必要はありません。

そんな中でも、私が自分で決めていたことは、「心か体のどちらかが壊れたら、辞めよう」ということです。自分を壊してまで続けることはないと、私は思います。
心と体が元気なら、人生にチャンスはたくさんあります。
幸い、私は10月にめまいで一日学校を休みましたが、それ以外は心も体も病むことなく、一年を乗り切ることができました。2年目からは、強くなりました。人間関係もできて、学校へ行くのがつらくなくなりました。
あの時、野中先生を初め、いろいろな方に支えられたおかげで、自信がつきました。最初に受け持った子ども達には悪いことをしたと、その後ずっと思っていましたが、つい先日、高校生になったその時のクラスの女の子から手紙をもらいました。その子は、わたしがかけた言葉を覚えていてくれました。(私は忘れていたのに!)一生懸命やっていれば、いつかどこかで知らないところで花が開く、教員ってそんな仕事なのかもしれません。

投稿: iwai | 2014年7月 8日 (火) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/59942519

この記事へのトラックバック一覧です: アンナ先生への手紙(1):

« つれづれなるままに~中学生に初めて授業をする~ | トップページ | アンナ先生への手紙(2) »