« 要するに「やり方」がまずいだけなのである! | トップページ | 日本教育新聞の書評~庭野三省先生から書評~ »

つれづれなるままに~駅伝に出る~

●Y新聞社から全国学力テストの問題を読んで、感想を聞かせてほしいということ。
 その日のうちに問題を見て、感想を言って、翌日の新聞に掲載ということらしい。
 

 もはやそういうところからは離れてしまっている。
 お断りする。

●50肩だと診断されて不自由している。
 「もう66歳なんですけど、それでも50肩なんですか?」と聞けば、「50肩は俗名です。正式には、肩関節周囲炎と言います。いくつになってもなります」。
 

 今まで脱ぎ着が簡単にできていたのがうまくできず、「痛てて~~~」となる。
 プリントを渡された。
 

 それには、「五十肩は、明らかな原因がなく、肩関節周囲の組織が加齢による変成を起こし、これによって肩が痛み、動きが制限される病気を総称してこのように呼んでいます」とある。
 加齢である。

●村上春樹を読んでいる。
 「女のいない男たち」(文藝春秋)。
 

 また売れるんだろうなあ。
 

 久しぶりの短編集。まだ1つ目を読んだところ。
 文章が実に実にうまい。

●29日に駅伝に出る。
 毎年開催される横浜駅伝である。
 

 私は横浜教職員走友会に所属していて、この日は走友会の総会でもある。
 この日は、都合をつけて参加することにしている。
 

 1年中、ジョギングだけは続けている。
 1時間ぐらいを走ったり、歩いたりしている。
 

 当日の駅伝は、3キロを走るだけ。まだまだ大丈夫。
 天気が悪いのが気になることである。

|
|

« 要するに「やり方」がまずいだけなのである! | トップページ | 日本教育新聞の書評~庭野三省先生から書評~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/59545121

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~駅伝に出る~:

« 要するに「やり方」がまずいだけなのである! | トップページ | 日本教育新聞の書評~庭野三省先生から書評~ »