« 4月が終わる~「ものさし」ではかってみる~ | トップページ | つれづれなるままに~駅伝に出る~ »

要するに「やり方」がまずいだけなのである!

   このことについては繰り返しになるが、何度でも言うことになる。

 初任の先生で、クラスがうまくいっていない状況になる。
 自分の力不足だと、思う。
 ここまではいい。

 自分の力不足を何とかしたいと思い、学校で8時、9時まで残って教材研究をする。
 何とかしたいと思う気持ちである。

 周りは、「あの初任は、教師に向いていないんじゃないか!」「子供が好きじゃないんじゃない?」と噂することになる。
  がんばっているのに、何とも心ない噂。

 初任の先生のクラスは、ますますにぎやかになり、初任者の気持ちはぼろぼろになる。
「私は、教師に向いていないのだ!」と自分に向けて繰り返すことになる。

 そして、辞めていく。

 ★
 このような事例をいくつも見てきた。

 わずか数ヶ月で教師に向いているかどうか、判断できることではない。

 教師に向いていない人は、人と関係を結ぶことが嫌いな人である。
 子供が好きかどうか、そんなことはどうでもいい。(私は、教師になるとき、子供が好きだとか思わなかった。)

 教師になろうとしてなってきた人が、教師に向いていないはずはない。
 教師には、ほとんどの人がなれる。その気がありさえすれば。
 そんなものである。
 ★
 初任の先生のクラスがうまくいかないのは、教師に向いているかどうかではなく、
「やり方」がまずいだけである。

 もう一度言うが、「やり方」がまずいだけである。

 そのまずさは、次のようなこと。

 ①子供との関係づくりの仕方がまずい。
 ②学級づくりがうまくない。

 こんなものである。
 ここがうまくないのでこじれるのである。
 初任者は、誰からもこのことについてきちんと学んでいないので、知らない。
 彼等の責任でもなんでもない。

 周りの先生(特に初任者指導の先生など)は、ここを見ていて指摘してあげればいい。

  ところが、授業の問題点ばかりを指摘する。
 初任者の授業は、探せば問題点ばかり。
 

  それを一々指摘しても、すぐには直せない。
 当たり前ではないか。
 

  授業は初任者なりに精一杯やらせればいいのである。

  今つまづいているところを、正確に見ないで、違うところばかりを指摘する。
 
 時代が変わり、子供たちも変わっているのに、そこを見ていない。

  初任者指導の先生方には、ぜひとも心してほしいのである。

|

« 4月が終わる~「ものさし」ではかってみる~ | トップページ | つれづれなるままに~駅伝に出る~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 要するに「やり方」がまずいだけなのである!:

« 4月が終わる~「ものさし」ではかってみる~ | トップページ | つれづれなるままに~駅伝に出る~ »