« 4月が終わる~「ものさし」ではかってみる~ | トップページ | つれづれなるままに~駅伝に出る~ »

要するに「やり方」がまずいだけなのである!

   このことについては繰り返しになるが、何度でも言うことになる。

 初任の先生で、クラスがうまくいっていない状況になる。
 自分の力不足だと、思う。
 ここまではいい。

 自分の力不足を何とかしたいと思い、学校で8時、9時まで残って教材研究をする。
 何とかしたいと思う気持ちである。

 周りは、「あの初任は、教師に向いていないんじゃないか!」「子供が好きじゃないんじゃない?」と噂することになる。
  がんばっているのに、何とも心ない噂。

 初任の先生のクラスは、ますますにぎやかになり、初任者の気持ちはぼろぼろになる。
「私は、教師に向いていないのだ!」と自分に向けて繰り返すことになる。

 そして、辞めていく。

 ★
 このような事例をいくつも見てきた。

 わずか数ヶ月で教師に向いているかどうか、判断できることではない。

 教師に向いていない人は、人と関係を結ぶことが嫌いな人である。
 子供が好きかどうか、そんなことはどうでもいい。(私は、教師になるとき、子供が好きだとか思わなかった。)

 教師になろうとしてなってきた人が、教師に向いていないはずはない。
 教師には、ほとんどの人がなれる。その気がありさえすれば。
 そんなものである。
 ★
 初任の先生のクラスがうまくいかないのは、教師に向いているかどうかではなく、
「やり方」がまずいだけである。

 もう一度言うが、「やり方」がまずいだけである。

 そのまずさは、次のようなこと。

 ①子供との関係づくりの仕方がまずい。
 ②学級づくりがうまくない。

 こんなものである。
 ここがうまくないのでこじれるのである。
 初任者は、誰からもこのことについてきちんと学んでいないので、知らない。
 彼等の責任でもなんでもない。

 周りの先生(特に初任者指導の先生など)は、ここを見ていて指摘してあげればいい。

  ところが、授業の問題点ばかりを指摘する。
 初任者の授業は、探せば問題点ばかり。
 

  それを一々指摘しても、すぐには直せない。
 当たり前ではないか。
 

  授業は初任者なりに精一杯やらせればいいのである。

  今つまづいているところを、正確に見ないで、違うところばかりを指摘する。
 
 時代が変わり、子供たちも変わっているのに、そこを見ていない。

  初任者指導の先生方には、ぜひとも心してほしいのである。

|
|

« 4月が終わる~「ものさし」ではかってみる~ | トップページ | つれづれなるままに~駅伝に出る~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
新卒で四月から小学校で働いているものです。

3月に野中先生の、「新卒教師時代を生き抜く学級づくり三原則」を買わせていただきました。

しかし四月になり、忙しさと何もかも分からないまま過ぎてゆく日々に追われ、学級づくりも子どもとの関係性もうまくいきません。

毎日自分を責める日々です。

上手くは伝えられないのですが、だんだんと子どもが荒れてきているのが分かります。朝の会や帰りの会、給食等の学級づくりが上手くいっていないことは明らかです。

二年生で、もう一ヶ月も経ってしまいましたが、今から立て直していくことは可能なのでしょうか…。

投稿: ゆき | 2014年5月 3日 (土) 17時37分

野中さんが返答する前に、返答してしまってすみません。

可能だと思います。

>子どもたちが荒れてきているのがわかる

ここの部分は、とても大切な視点です。
自分の中で、何かしらの理想というか、「こうなったらいいなぁ」というのがあり、そこから、なんとなく少しずつはなれてきているなぁ、そんな感じでしょうか?
(すみません、以前、私はそんな感じでした。ニュアンスが「感じ」という曖昧な表現なのは、実際に授業をみていないから、このような表現になってしまいました。)

以前、私自身、学級がうまくいっていない時に、行った行動が「メモ」です。
当時、臨採で1年生32名の子どもたちを持っていましたが、一人一人のメモをとっていました。
また、落ち着きのない子もいたものですから、その子のメモを必死にとりました。
メモをとるときに大切にしていたことは、「感情を抜く」ことです。
あと、このメモをするために、いわゆる事務作業的なものに関しては、適度な距離をとるようにしました。
なんでも、一生懸命になる自分がいて、なんとなく遅くまで残業して…。などが続いていました。
この時は、保護者からも苦情が入り、教師をやめようかなぁ、なんてことも考えていました。

さて、「メモ」ですが、子どもたちの「行動」をメモしていくと、一人一人にパターンがあることがわかってきました。そして、自分がドツボにはまるパターンも。

前年度まで担任をもっていて、ずーっと「メモ」をとりつづけています。
(以前、野中先生の本にも記載させていただきました。)
10年間やってみてわかったことは、「自分自身の行動の変容」でした。
この子を何とかししたい。この学級をなんとかしたい。という思いが強ければ、強い時ほど、意外とうまくいかない。
けれど、客観的に、一人ひとりを観察できるようになり(ちょっと冷たさもありますが、そこは我慢して)、自分が今までに学んだことを、淡々と生かしていけば、良い方向に向かいます。
野中先生が提案している「ご飯・味噌汁授業」。
自分の心との戦いですが、特別なことをせず、且つ、守るべきところはしっかりと守る、という行動をすれば、少しずつ、落ち着いていくと思います。

投稿: 兒玉重嘉 | 2014年6月 9日 (月) 06時56分

 一昨日、愛知県東部(豊橋市?)で、小3児童暴行事件が起こってしまいました。
 これについて、いろいろな批評がされています。
 学校側の対応を批判するものもありますが、暴行事件発生(5時間目)の翌日に詳細な事情を学校として聞き、次の日(つまり2日目)に保護者への連絡会を行っているのは、時間的に妥当であろうかと思います。

 気になるのは、新任であること。
 学校側としての体制が?だったこと。(様子見だった感あり)
 なぜ、1か月もたってから報道されたかということ。

 これらは、野中先生が指摘される「新任に学級づくりの基礎基本が分からぬまま、クラスを持たせる現体制」「授業授業指導案で追い込んでしまう体制」などが影響しているのでしょう。
 学校が忙しすぎて、新任に十分フォローが足らない(予測すべきだろうが、そこまで頭が回っていないだろう体制)も危惧されます。

 1か月後の報道も気になります。学級騒乱状態(崩壊??)がとまらず、マスコミにリークして外部の人たちにも関心を持ってもらい、何とかしたいと思ったのではないでしょうか。

 
 TVで大活躍?している某評論家の「『わたしをいじめて』といった子を称賛すべきだ」などという発言は全く的外れです。いじめを見つけた時の対処を教えなければいけません。(信頼ある大人にいうなど)この方法では、自分がやられにいくばかりですから、「ちがっているよ」というべきなのです。なのに、称賛ですが・・・・あきれてものがいえません。(私はこの評論家の時々とんでもない的外れ発言が大嫌いです。超異端児だからもてはやされるのでしょが、何を考えているのかと思います。)


 私の県で起こったことでもあり、気になって投稿しました。

投稿: 愛知のTOSS超末端教師 | 2014年7月 4日 (金) 03時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/59531945

この記事へのトラックバック一覧です: 要するに「やり方」がまずいだけなのである!:

« 4月が終わる~「ものさし」ではかってみる~ | トップページ | つれづれなるままに~駅伝に出る~ »