« また、新しい4月。 | トップページ | まず「国誉め」をしよう! »

学校を変えていくには、まず鉄則から入る~A小学校訪問を終えて~

   大岡川の桜並木の下を歩きながら、今年もA小学校に向かう。
 4年間、4月の始めにずっと通ってきたことになる。

 4年前は、荒れまくっていた学校。
 それがこの4年間で、見事に立て直している。
 
 校長の陣頭指揮、先生たちの苦労を思う。

 「まず、6年生から変えていった!」と校長の弁。
 学校を変えていくときの鉄則通りのことをやられたことになる。

 私の最後の勤務校も、まず手をつけていったのは、高学年を落ち着かせていくことだったのである。
 この学校も荒れまくっていた。
 

  下から変えても駄目だ。
 下は上のマネをする。
 
上を変えていけば、そのうちに落ち着いていく。
 
 

  それから何をするのか。

 森信三先生の言葉を実行することである。
 ★  ★ ★
 時を守り/場を清め/礼を正す
 これ現実界における再建の三大原理にして、
 いかなる時・処にも当てはまるべし。
  ★  ★ ★
  時を守ること。
 学校と教室の時間をきちんと正常に戻すこと。
 

  日課表の通りに動き出すことである。
 チャイムがないならば、復活させることだ。
 

  これは教務主任の仕事になる。
 
 

場を清めること。
 学校全体と教室をきれいにしていくことである。
 荒れてくると汚くなる。
 

  掃除指導を徹底して、全員で学校をきれいにしていく。

 礼を正す。
 挨拶、返事、言葉づかいなどを正しくしていくことになる。

  このことを全職員が一致して当たれば、必ず学校は落ち着いていく。

 ★
 今年も90分話した。
 4年間いる先生は、毎度の話を聞かされたことになる。

 最近は毎度の話でいいと居直っている。
 聞く側が変わっていけば、話も変わって聞けるからである。
 
 

  今年度で校長は退職される。
 私も今回で卒業することになる。
  こんな幸福な機会を持たせてもらったことを感謝したい。

|
|

« また、新しい4月。 | トップページ | まず「国誉め」をしよう! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

新潟の山田直美です。

野中先生は、お書きになりました。

<下から変えても駄目だ。
<下は、上のマネをする。
<上を変えていけば、そのうちに落ち着いてくる。

やはりそうでしたか、と膝を叩きました。

今年度、高学年を重点をかけていこうと提案しました。
上の学年の良さを見せることで、下の学年は感化される
ということを強調しました。

言ってみたものの、不安がなかったわけではありません。
しかし、野中先生の文を見て勇気をいただきました。
「鉄則」という力強い言葉もありました。

あとは、やり続けるだけです。

投稿: 山田 直美 | 2014年4月 5日 (土) 09時29分

 野中先生と山田先生に少し反論します。
 高学年をまず変えたいという気持ちは理解できます。そこで校長以下の学校リーダーは,学級担任の配置で6年を重視します。しかしよほどの力量のある教師でなければ,簡単にはたったの1年で6年生を変えることができません。
 長い目で考えれば,まず1年担任が子供たちが学校生活に適応できるように,大胆な実践をすべきです。低学年時代に徹底的に学校の素晴らしさを体験させるのです。
 そして中学年では,授業力がある先生が学力向上を図ります。中学年の勉強が分からないまま,高学年,さらには中学校に進むと,どかで学校生活から逃げてしまう子供たちになるのではないでしょうか。
 もちろん,高学年の指導を充実させる手法も理解できます。しかしこれを学級担任一人に求めるのは酷です。高学年は許される範囲で,複数の先生が授業ができるようにしなければなりません。複数の先生から教わることによって,子供たちは教師理解を深めます。
 教師理解を促さない教育論は,我がままな子供たちにするだけです。荒れた小学校をまずは立て直すために,高学年を重視したい考え方は理解できるのですが,私のような考え方もあります。

投稿: 庭野三省 | 2014年4月 6日 (日) 20時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/59397307

この記事へのトラックバック一覧です: 学校を変えていくには、まず鉄則から入る~A小学校訪問を終えて~:

« また、新しい4月。 | トップページ | まず「国誉め」をしよう! »