« 宮城県の女川小学校へ行きました! | トップページ | 野口塾の日程の間違いです~業務連絡です~ »

アメリカ訪問記(3)~変化球の話~

   研修の最終日は、午前中の講座。
 3人の先生による20分の模擬授業。

 その先生の授業を見て、グループごとの話し合い。

 最後に私がコメントをつける。

 3人の先生とも、それぞれによく考えられた授業。
 私の提起したことが組み込まれていて、感心する。

 ★
 私は最後に「変化球の話」をした。

 この話は、あの野村監督が「野村ノート」という本に書いてある話である。

 野村監督が、ピッチャーに「変化球は何で投げるのだ?」と聞いて回ったということ。
 それぞれのピッチャーは、バッターに的を絞らせないためだと答える。

 確かにその通りだが、一番大事なことは、変化球の必要性とは、スピード不足とコントロール不足を補うためである。いわゆるピッチャーとして長生きするためである。

 そのようなことを野村監督は書いていたと思う。

 これは、教師の場合にも当てはまる。
 ベテランになってきて、思うように体も動かなくて、思うように子供と遊ぶことができなくなってきたときに、どうしていくかということである。

 このとき、変化球が必要になる。

 「自分にとって、変化球とは何か」という問いかけを自分に向けなければいけない。

 そんな話をした。

 ★
 この日、午後からオフの時間になる。
 2人の先生に連れられて、エジプトのミイラ展を見に行く。
「これは冥土のみやげになる!」と感激する。

 その後、サンタナローという素敵な街をぶらぶらと歩く。
 なんともホッとする時間。

 夕食は、校長先生の素敵な自宅へ招かれる。
 校長先生は、福岡の出身、奥様が鹿児島、一緒に行った先生が沖縄、そして私が佐賀なので、九州県人会である。
 しあわせな時間。

 
 

|
|

« 宮城県の女川小学校へ行きました! | トップページ | 野口塾の日程の間違いです~業務連絡です~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/59106440

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ訪問記(3)~変化球の話~:

« 宮城県の女川小学校へ行きました! | トップページ | 野口塾の日程の間違いです~業務連絡です~ »