« 『新卒教師時代を生き抜く授業術』が発刊される! | トップページ | アメリカ訪問記②~「本務」に専念できる教師たちの元気さ~ »

アメリカ訪問記①~アメリカでは即退学です~

   28日(火)零時5分の羽田発サンフランシスコ行きのJAL。
 とにかく飛び立つ。
 

  サンドイッチなどのサービスが出てくるが、食べないで寝る準備。
 8時間13分の飛行時間。
 

  アイマスク。耳栓。空気枕。
 ずっとウトウト状態で、何とか眠りを確保する。
 

  サンフランシスコ到着は、27日(月)午後4:00。
 日付が戻るのである。これがややこしい。
 ★
 難題の入国審査。
 前回来たときには、これが分からず、大変な目にあった。
 

  今回はきちんと準備している。
 まず、パスポートを提出して、指紋を取る。
 

  指紋の取り方については、日本語で書いてある。
 

  そして、何か質問される。
 首をかしげると、「目的!」と言われる。(日本語である)
 

  「あっ、そうだ!」と思って、「サイトシイング」(観光)。(余計なことを言うとややこしくなるので観光で通す)
 「ハウロング~~~~」(どのくらいいるのですか?)という質問に、「ワンウィーク」(1週間)と答える。
 

  これだけ。合格である。
 ホッとする。
 

  荷物を取り出して、急いで出口へ向かう。
 三育学院サンタクララ校のT教頭が迎えに見えている。
 

  三育学院とは、サン・ノゼにある日本人学校(補習校)。
 ここで4日間、私が講座を設け、そして3クラスで授業をする。
 ★
 サンフランシスコから1時間ぐらいをかけて、三育学院へ向かう。
 授業中である。
 

  この学校は、子供たちが現地校で授業を受けてからかけつけてくる。
 だから、授業は夕方の4時頃から7時頃まで3時間。
 

  幼児から中3まで。
 国語、社会、算数、理科、生活科(低学年)などの教科。
 

  学年の子供たちは2クラスになっていて、週に2日の登校。
 ★
 夜、校長、教頭と一緒に夕食。
 この学校は、シリコンバレーの中心に位置していて、近くの日本料理店へ行く。
 何から何まで日本食が揃えられていて、おいしいのである。
 

  さまざまな話をする。
 日本の学校教育の現状を話すと、現地校との違いが分かってくる。
 

  日本では、子供たちが校長先生に対して「死ね」などの言葉を投げつけている話をすると驚かれて、「アメリカは、そんな言葉を投げかけたら、その場で即退学です!」と。
 

  アメリカは、「ゼロ・トレランス」という法律があって、教室で勉強の邪魔をしたり、教師に対してひどい言葉を投げかけたりしたら、退学などになる措置が取られる。
 

  学校や教師たちに、きちんとした権限を持たせている。
 日本でいまこの法律ができたら、ほとんどの問題は解決して行くに違いないのである。(不可能なことであるが……)

 
  
 

|
|

« 『新卒教師時代を生き抜く授業術』が発刊される! | トップページ | アメリカ訪問記②~「本務」に専念できる教師たちの元気さ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見しております。

②以降の記事を拝見してから質問しようかと思ったのですが…

その、退学していった子どもたちのその後は、どうなるのでしょうか。
ずれた質問で、申し訳ないです。

投稿: 通りすがり | 2014年2月 6日 (木) 08時10分

「通りすがり」の方、コメント有難うございます。
 アメリカはさまざまに挑戦する場が準備されていて、退学した子供にも、本人が挑戦したいという気持ちがあれが他の学校に行かれるらしいのです。くわしく聞いたわけではないのでよく分かりませんが、退学させられた子供がもう一度がんばってみようという気持ちになれば、受け入れてくれる学校はあるのです。

投稿: 野中信行 | 2014年2月 6日 (木) 10時44分

野中信行先生
早速のお返事ありがとうございました。

私は海外どころか、本当に自分の身の回りのことしか知らないのですが、
海外のほうが日本よりも再チャンスが多いようなイメージを持っています。

ただ、酷い言葉の裏側に何があるのか、考えると複雑な気もします。
また、私たちが、そういう酷い言葉に麻痺しているのも、また現実かもしれません。

投稿: 通りすがり | 2014年2月 6日 (木) 15時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/59077094

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ訪問記①~アメリカでは即退学です~:

« 『新卒教師時代を生き抜く授業術』が発刊される! | トップページ | アメリカ訪問記②~「本務」に専念できる教師たちの元気さ~ »