« セネガルの兒玉先生から | トップページ | セネガルからの手紙(2) »

「6年生への持ち上がりは、どうなのか?」という相談を受けて

   コメントで相談を受けた。
 以下の相談である。
 このような悩みは、かなりあると思われる。
 きちんと私の意見を書いておきたい。

 ★ ★ ★ 
野中先生

先生のブログを見て、励まされています。
お忙しいところ申し訳ないのですが、相談させていただきたく
送らせていただきました。

わたしは現在5年生の担任をしています。
初めての高学年でなんとか3学期までやってこれました。
私の学年では、隣のクラスが2学期半ばから担任に反発したり授業妨害になる行為(私語や挑発)が増えてきました。私のクラスはなんとかもっていましたが、1人の子が2学期後半から目立つようになってきました。
その子は、授業中、学習と違うことをしていたり、隣の子にちょっかいをかけたり、私が注意しても聞かず、大きな声で叱るように言ったり、本気で語りかけたりすると、ようやくやめます。
周りの子たちも、最近一回の注意ではなかなかきかなくなっています。
何かする度に「無理やし」という言葉が出てきて嫌な雰囲気になってしまいます。

8割の子を大事に...と思い、どうしても迷惑がかかる場合だけ注意しています。

主任の先生に、訳あって相談しにくい状態で、やっと最近になって打ち明けられました。

できたら、このまま6年(クラス替えはします)であがりたいですが、立て直す手だてはありますか?

これからしようと思っているのは、
・授業改善(アンケートで授業がわかりにくい、楽しくないという意見があったので)
・子どもとの個人懇談
・目標達成法(野中先生が考えておられる方法で)
数日前から
・問題が目立つ子に対して毎日手紙を書く(好きとか肯定的なことだけ書く)
・テンポアップ(時間を守る、朝の会・帰りの会を早く終わらす)
をしています。

時にすごく虚しくなったり自信をなくしたりしてしまいますが、本気で子どもたちと向き合っていく覚悟です。
 ★ ★ ★

 

 

 この先生は、かなり本を読まれ、勉強をされている様子が随所に読み取れる。
 今対応されていることもしっかりしている。
 そして、これからの方向もきちんとしている。

 

 この先生の本気さは本物である。
 だから、初めての5年生担任なのに、これまで何とかやってこれたのである。

 

 学年全体がかなり荒れているのではないかと推測される。
 隣のクラスはすでに学級崩壊状態である。

 

 ここで相談されていることは、6年生への持ち上がりについてである。
 クラス替えはされるということだ。

 

 今までさまざまにこのような事例を見てきた経験から判断すると、持ち上がりの担任は止めた方がいいというアドバイスになる。

 

 私が見てきた事例から言うと、一度も成功した試しがない。
 意気込んで、挑戦してみたいという大変な決意で担任を引き受けられるのだが、1年間七転八倒される。

 

 なぜそうなるか。

 

 やはり、今までの「関係」を引きずっていくからである。
 子供たちも、担任も、どうしても先入観が入ってしまうからであろう。

 

 5年生の時、うまく行ったクラスならば、そこにうまい「関係」ができあがっていてそれを引き継いでいけばいい。
 だが、問題があったクラスは、やはり問題の「関係」も同時に引きずっていく。

 

 5,6年生というのは、特別な子供たちである。
 おそらく、中学校の子供たちよりも対応はむずかしいと考えた方がいい。
  すでに思春期に入っていく子供たち(女の子たち)がいて、幼い男の子たちがいる。
 実にアンバランスになっている。

 最大の問題は、女子のグループ化と孤立化の問題。それにどのように対応するかである。

 また、クラスが荒れてくると、必ず「いじめ」が出てくる。ここも対処がむずかしい。

 

 いま高学年の子供たちを担任している先生たちは、毎日綱渡りのような心境になっている人はいっぱいいるであろう。

 彼等と関わっていくには、「本気さ」「意気込み」も確かに必要だが、そんな精神的ながんばりで何とかなる世界ではない。

 ★

 

 

 結論は止めた方がいいという意見である。
 

 もっと自分の力量をつけて、高学年再挑戦をした方がいい。
(ただ、管理職の方ですでに決めている場合がある。自分の意志に反して、持ち上がりになる場合もある。その場合は、また相談してほしい。)
  

 

|

« セネガルの兒玉先生から | トップページ | セネガルからの手紙(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「6年生への持ち上がりは、どうなのか?」という相談を受けて:

« セネガルの兒玉先生から | トップページ | セネガルからの手紙(2) »