« 中村先生の本が飛び込んできた! | トップページ | 校長に「死ね」という言葉を投げつける子供たち(1) »

あけまして おめでとう ございます

   明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。
 
 今年の正月は(横浜は)晴れ渡っていて、寒さが澄み切っている感じ。
 

 1日は、近くのM家と新年会を開き(40年も続いている)、2日は朝早くから箱根駅伝に熱くなっている。
 早稲田大学が思っていたより大活躍し、3位で往路を終わった。良かった。
 
 

 根っからの「早稲田びいき」である。
 郷里佐賀の家の近くに大隈重信の生家があり、私の「信」は、重信の「信」から取られている。
 

 そんな簡単な理由からずっと「早稲田びいき」ということになる。
 ★
 今年は2日に、もう「仕事始め」である。
 といっても、いつもの正月の行事。
 

 今年の目標を立て、1年間の計画を立てることから始める。
 
 

 今年はカリフォルニアの三育学院サンタクララ校(日本人学校の補習校)へ行くことから仕事始めになる。
 1週間の予定。
 
 

 現地の子供たちに授業をし、先生たちに講座を持つ。
 私が蓄えたものを全部先生たちに伝えてきたいという思いである。

 シリコンバレーの中にあるサン・ノゼの学校。
 私は2回目の訪問になる。

 地中海気候であるために、一年中温和な気候である。
 朝夕は肌寒いが、昼間はTシャツで過ごせる。
 
 

 1回目の訪問で驚いたのは、青空の青さのすごさ。
 日本では見られないほどの青さである。

 この青空にもう一度お目にかかれるのは、楽しみの1つである。

 
 

|
|

« 中村先生の本が飛び込んできた! | トップページ | 校長に「死ね」という言葉を投げつける子供たち(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/58873625

この記事へのトラックバック一覧です: あけまして おめでとう ございます:

« 中村先生の本が飛び込んできた! | トップページ | 校長に「死ね」という言葉を投げつける子供たち(1) »