« つれづれなるままに~本の増刷が相次ぎました~ | トップページ | あけまして おめでとう ございます »

中村先生の本が飛び込んできた!

   暮れになって、刺激的な本が飛び込んできた。
 中村健一先生の本。
 

  「おい、おい、これは何なんだよ!」と驚くことであった。
 

  「はじめに」のところに次のように書いてある。
 


  ★ ★ ★
  私は、若い頃、毎日1時間は楽しい授業をしようと思って、しっかり準備を
 していました。
  その1時間については、面白いネタを用意し、全ての発問・指示を書き出し
 ていたのです。
  今思えば、授業づくりに燃えていました。

  しかし、その意欲満々の若い頃ですら、毎日1時間でしたからね。
  逆に言えば、残りの5時間は,普通の授業をしていたということです。 
  意欲があってがんばっても、大部分の授業が普通のつまらない授業だった
 のです。
  ┌─────────────────┐                                     
  │ 授業はもともとつまらないものだ。    │                                     
  └─────────────────┘                                     
   こんなことを言ってしまったら、お叱りを受けるでしょうか?
    ★ ★ ★

 中村先生、思い切って言い切っている。
 でも、多くの先生方は納得されるであろう。
 

  また、読み進んでいくと、次のように書いてある。

  ★ ★ ★
  最後になりましたが、まずは、野中信行氏に感謝します。本書のアイデアの
  元になっているのは、野中氏の「『味噌汁・ご飯』授業」です。野中氏にはい
 つも多くのことを学ばせていただいています。
  ★ ★ ★

 この本は、「味噌汁・ご飯」授業にアイデアをもらったもの。
 それで分かったことがある。

 その書名。
 はじめて教育界にこんな書名の本が登場したのである。

 村上春樹の最新作『色彩を持たない田崎つくると、彼の巡礼の年』に対抗してつけたという書名。

 「つまらない普通の授業に子どもを無理矢理乗せてしまう方法」(黎明書房)

 

 

   

Isbn9784654018956


 私達も3月に明治図書から「味噌汁・ご飯」授業本を出すことになっている。
 「日常授業」の改善の本になる。

 その前に、中村健一先生に先に出されたことになる。

 だが、これは、うれしい、うれしい、驚きの声。

 主張することも、ほとんど私達と同じである。

 一気に読んでしまった。 

  ★
 私達は、従来から主張してきた。

 「日常性」を組み入れない「授業研究」は、所詮絵に描いた餅にしか過ぎない。

 この本は(ちょっと再び書きにくい書名…笑)みごとに「日常性」を組み入れようとしている。
 その意味で、画期的な本だと私は評価したい。

 ★
 私達は、今まで「日常授業」を「授業研究」の対象からうち捨ててきた。
 「ごちそう」授業をいかに作るかだけが対象であった。

 そんな「授業観」を転換しなくてはならない。

|
|

« つれづれなるままに~本の増刷が相次ぎました~ | トップページ | あけまして おめでとう ございます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生、お久しぶりです。

何とか冬休みに入りました。
2学期の最後には、クラスの半分以上の児童が、落ち着いて学習したいと考えていました。
私の話し方や間のとり方など、変えていかなくてはならないこともあります。

「必ずクラスを立て直す教師の復活術」も購入しました。
冬休み中に読んで、自分がどのようなクラスにしたいのかもう一度考えて、3学期に備えます!

子供達と少しでもいい思い出を共有したいです!

野中先生、また、励ましてくださった方達、ありがとうございます!
私は、幸運です!

投稿: Aqua | 2013年12月28日 (土) 22時15分

野中先生、こんにちは。私も、先日、中村先生の新著が出ると知り、急いで買って読みました。
読んで思ったのは、まさに「味噌汁・ご飯の授業」の理念をもとに中村先生の主張が述べられているということです。本書の主張のすべてが「日常性」にあふれていて、「基礎的学力保障」を担保していて、「全員参加」を原則としています。どのページをめくっても、毎日の授業で続けられることしか載っていません。そして、どの手立ても、子ども達につけたい力がくっきりと明確になっています。そして、全員に言わせ、書かせ、考えさせ、場合によっては追い込んで全員参加を促しています。活動もふんだんに盛り込まれていて、それこそ「子どものお腹がすく授業」という表現がピッタリです。
 また、野中先生の『必ずクラスを立て直す教師の回復術』等で述べられている「空気と時間の統率」についても、日常の授業の中で、どのように手立てを打てばよいのかが明確に述べられています。主に授業の導入部分でどのように「空気」を統率するか、各種活動でどのように作業の「時間」を統率するか、そしてそれらのねらい・意図が明確なので、子ども達も納得して取り組めると思いました。

 野中先生が、しっかりとした「学級づくり」の土台の上に「授業づくり」が成り立つ、と主張されたことと、中村先生の本書での主張は軌を一にしています。ともすれば、「学級づくり」に比べて、やや問題とされてこなかった「授業づくり」、「日常授業」について、最近の子ども達の実態に合わせて様々な手立てが提示されています。野中先生の新著も楽しみです。

投稿: 佐藤玄輝 | 2013年12月29日 (日) 14時37分

元旦からの発言ですみません。
ずいぶんと発言をしていませんでした。
山中です。
中村先生の本,さっそく読んでみました。
感想を一言で言えば,安心したということです。
私なりに考えて日々の授業を行っていますが,この本を読みすすめていく中で,「そうだよね。やっぱり」とうなづく部分がいくつもありました。
流行の授業方法にすぐに飛びつく教師に違和感を持ち,校内研修や授業研究会などで普通の授業ができる教師になることの大切さを発言してきましたが,野中先生や中村先生の主張によって,安心しました。
ひとりでも多くの若手教師が,この本を読み,元気になってほしいと思います。
野中先生の本が世に出ることを楽しみにしています。

投稿: 山中太 | 2014年1月 1日 (水) 08時20分

Aquaさん、コメント有難うございます。うれしい、うれしいコメントでした。
「こういう風に生きなくちゃ」という言葉です。
今多くの教師たちを襲っている風は、ほんとうに大変なものです。
 でも、負けちゃあいられません。
 あと3ヶ月、乗り切って下さいよ。

投稿: 野中信行 | 2014年1月 4日 (土) 09時45分

 玄輝先生、コメントありがとうございます。
 中村先生の本を、このように読み切っておられるのですね。すごいことです。
 私も、中村先生から多くのことを学んできました。
 彼のもつ「軽さ」は、戦略的なもので、いつのまにかそれに引き込まれていきます。

投稿: 野中信行 | 2014年1月 4日 (土) 09時49分

 山中先生、お久しぶりです。コメント有難うございます。
 先生が言われる、次の言葉は貴重なことです。
 「流行の授業方法にすぐに飛びつく教師に違和感を持ち,校内研修や授業研究会などで普通の授業ができる教師になることの大切さを発言してきましたが,野中先生や中村先生の主張によって,安心しました。」
 私は常に「日常性」を組み入れない「授業研究」は、所詮絵に描いた餅に過ぎないと主張してきました。どんなに時代が進み、どんなにすぐれた授業方法が出てきたとしても、「日常性」を組み入れなければ、無理なのですね。私は、ずっとそう思ってきました。

投稿: 野中信行 | 2014年1月 4日 (土) 09時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/58836053

この記事へのトラックバック一覧です: 中村先生の本が飛び込んできた!:

« つれづれなるままに~本の増刷が相次ぎました~ | トップページ | あけまして おめでとう ございます »