« つれづれなるままに~本の増刷が相次ぎました~ | トップページ | あけまして おめでとう ございます »

中村先生の本が飛び込んできた!

   暮れになって、刺激的な本が飛び込んできた。
 中村健一先生の本。
 

  「おい、おい、これは何なんだよ!」と驚くことであった。
 

  「はじめに」のところに次のように書いてある。
 


  ★ ★ ★
  私は、若い頃、毎日1時間は楽しい授業をしようと思って、しっかり準備を
 していました。
  その1時間については、面白いネタを用意し、全ての発問・指示を書き出し
 ていたのです。
  今思えば、授業づくりに燃えていました。

  しかし、その意欲満々の若い頃ですら、毎日1時間でしたからね。
  逆に言えば、残りの5時間は,普通の授業をしていたということです。 
  意欲があってがんばっても、大部分の授業が普通のつまらない授業だった
 のです。
  ┌─────────────────┐                                     
  │ 授業はもともとつまらないものだ。    │                                     
  └─────────────────┘                                     
   こんなことを言ってしまったら、お叱りを受けるでしょうか?
    ★ ★ ★

 中村先生、思い切って言い切っている。
 でも、多くの先生方は納得されるであろう。
 

  また、読み進んでいくと、次のように書いてある。

  ★ ★ ★
  最後になりましたが、まずは、野中信行氏に感謝します。本書のアイデアの
  元になっているのは、野中氏の「『味噌汁・ご飯』授業」です。野中氏にはい
 つも多くのことを学ばせていただいています。
  ★ ★ ★

 この本は、「味噌汁・ご飯」授業にアイデアをもらったもの。
 それで分かったことがある。

 その書名。
 はじめて教育界にこんな書名の本が登場したのである。

 村上春樹の最新作『色彩を持たない田崎つくると、彼の巡礼の年』に対抗してつけたという書名。

 「つまらない普通の授業に子どもを無理矢理乗せてしまう方法」(黎明書房)

 

 

   

Isbn9784654018956


 私達も3月に明治図書から「味噌汁・ご飯」授業本を出すことになっている。
 「日常授業」の改善の本になる。

 その前に、中村健一先生に先に出されたことになる。

 だが、これは、うれしい、うれしい、驚きの声。

 主張することも、ほとんど私達と同じである。

 一気に読んでしまった。 

  ★
 私達は、従来から主張してきた。

 「日常性」を組み入れない「授業研究」は、所詮絵に描いた餅にしか過ぎない。

 この本は(ちょっと再び書きにくい書名…笑)みごとに「日常性」を組み入れようとしている。
 その意味で、画期的な本だと私は評価したい。

 ★
 私達は、今まで「日常授業」を「授業研究」の対象からうち捨ててきた。
 「ごちそう」授業をいかに作るかだけが対象であった。

 そんな「授業観」を転換しなくてはならない。

|

« つれづれなるままに~本の増刷が相次ぎました~ | トップページ | あけまして おめでとう ございます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中村先生の本が飛び込んできた!:

« つれづれなるままに~本の増刷が相次ぎました~ | トップページ | あけまして おめでとう ございます »