« 5年生のクラスで授業をする! | トップページ | 心身ともに健康でいることです! »

要するに「じたばた」しないことである!

   前回のブログに次のようなコメントが入った。

 ★ ★ ★
 全く私と同じ状況です。低学年しか経験がありません。1番やられてるのは、子供達と気持ちが繋がってないこと。どうしたらいいでしょうか。
 自分で考えないといけないのですが。 
  ★ ★ ★

 いまクラスの状況がブログのようになっているのはごまんとある。

 この状況は広がっている。
 先生たちの力量がないわけではない。
 今まではちゃんと成立してきたのである。
 だが、うまくいかなくなっている。

 うまくいかなくなっている原因の多くは、子供たちとの「関係づくり」の失敗、破綻である。
 
 

 でも、もう12月である。
 今からこの「関係づくり」を修正するのはむずかしい。
 

 できれば、7月段階までに気づき、9月から大きく修正しなおさなければいけなかったのである。
 参考になるのは、私の出した「必ずクラスを立て直す教師の回復術」(学陽書房)である。

 ★
 さて、今からどうするか。
 
 「凌ぐ」以外にない。

  自分の教師生活は、うまくいくことばかりではない。
 どうにもならない状況を抱え込まなければいけないこともあるのである。

 私の教師生活37年間でも、何度かあった。

 「凌ぐ」のである。
 あと3ヶ月ではないか。
 ずっと続くわけではない。
 
 

 良いときもあれば(そんなに多くはないが)、うまくいかないときもあるのが人生だと心得ることだ。
 

 この「凌ぐ」ときに、その人の全てがあらわれる。

  ★
 クラスがうまくいかないときの「凌ぐ」方法がある。

 要するに「じたばた」しないことだ。
 こんなとき、子供のご機嫌をとったり、学級会を数多く開いたりして、子供の意見を聞こうとする。
 こんなことをしたら、かえって悪くなる。

 毅然と、淡々と過ごすことである。
 問題行動には、きちんと注意し、叱ることである。

 子供たちは、どんなに嫌な言葉を吐いても、担任がそこに居てくれることを望んでいる。
  担任として、そこへ居てあげればいい。

|
|

« 5年生のクラスで授業をする! | トップページ | 心身ともに健康でいることです! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

学校側がゆとりをなくし、若手を育てきれていないように思います。
それまで低学年や中学年しか持ったことがない若手に高学年を持たせて、5年生で上手くいかないと、6年生に持ちあがらせずに降ろす…ということも幾つか見てきました。

私が若い頃は若い先生が少なくて、初任者は数年に1度しかきませんでした。私も低学年が最初で、次に高学年を受け持った時に荒れてしまった経験があります。でも、その時は両隣の先生達から「低学年指導と高学年指導の違い」を丁寧に教わりました。また、校長も「今、卒業生を出さないとあなたは二度と高学年を受け持てなくなる。苦しいかもしれないけれど頑張りなさい。」と、厳しいけれど「私の教員生活」を考えた上で育てて下さっていました。

子どもや保護者が難しくなってきていることもありますが、現場に若手を育てるゆとりがないことも大きな原因の一つのように思っています。

投稿: kiki | 2013年12月 7日 (土) 17時40分

早速のお返事、アドバイス、ありがとうございますsign03初めてのことばかりで、毎日毎時間いっぱいいっぱいです。土日は、教材研究で仕事から離れている時間がほとんどありません。
野中先生がおっしゃった学級会なども行ってしまいました。
自分の力のなさを痛感しています。
私以外の専科の先生の授業は、普通にできています。だから、子供達は私に対して不満があるのです。
後、三ヶ月を凌ぐにしても、子供達に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

投稿: Aqua | 2013年12月 7日 (土) 22時30分

Aquaさん、おつらい状況の中、よくがんばっていらっしゃいますね。
偉いです。
しかし、こうなってしまった以上は、野中先生がおっしゃっているように、
毅然と淡々と凌ぐのが一番です。

「子供たちに申し訳ない気持ちでいっぱいです。」

というお気持ち、よーくわかります。
でも、子どもたちの前では罪悪感や弱みを見せず、「頼れる先生」でいてください。
Aquaさんがそこにいてくださることで救われる子どもが、きっといるはずです。
(と、以前わたしの学級が崩れたときに野中先生がおっしゃってくださいました。)

大切なことは、Aquaさんが心身ともに健康でいることです。
土日も教材研究をしていなければ不安なお気持ちもよくわかりますが、
たまには仕事を離れて友達と会ったり、おいしいものを食べたりしてください。
どうしてもできないときは、せめて暖かくして睡眠をたっぷりとってくださいね。
応援しています。

投稿: iwai | 2013年12月 9日 (月) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/58712443

この記事へのトラックバック一覧です: 要するに「じたばた」しないことである!:

« 5年生のクラスで授業をする! | トップページ | 心身ともに健康でいることです! »