« 竹田先生の第2信のコメントを受けて | トップページ | 5年生のクラスで授業をする! »

つれづれなるままに~鳥取へ行ってきました~

  ●27日、鳥取県の明治小学校へ行く。
 児童数30数名の学校。5時間目が全クラス公開授業。
 

  一番多いのが5年生10名。6年生は、2名(3名なのだが、1名欠席)。
 興味深く見せてもらう。
 

  ほんとうなら複式の学校になるのだろうが、ここはクラスに1名ずつ担任がついて授業をされている。
 

  明日の28日は、5年生の10名のクラスで私が授業をすることになっている。
 特に注目して参観させてもらう。
 

  終わって、すぐに私の講演。
 体育館へ行くと、ゴザに先生たちが座っておられる。ストーブが焚かれている。
 

  「えっ~~~~~」という感じ。
 これは初めての経験。
 

  「初めての経験です。寝そべりながらお聞き下さい」と言いながら、始める。
 こちらでは珍しいことではないそうである。

●懇親会で、鳥取の海産物を堪能する。
 おいしくて、おいしくて。
 

  マツバガニもいただく。
 いま旬のカニ。
 

  最高である。

●28日2時間目に5年生の授業。
 いつもの国語の詩の授業をする。
 

  黒板に書くスピードにもついてくる。
 「ペアで話し合います。15秒です」というスピードにも慣れている。
 「わけもきちんと書きます。1分です」にも全部の子供が対応できる。
 すばらしい子供たちなのである。
 

  日頃の担任の先生の、子供たちへの鍛え方がずばり出ている。
 

  この子供たちの習字作品が素晴らしい。
 なかなかこんな作品を見られるのも珍しい。
 

  全員の子供がうまいのである。
 実は、ここが担任が油断するところである。
 

  私は、クラスで授業を見せてもらうことが多いが、必ず習字の作品の様子を見る。そこで子供たちの状況を判断する。
 クラスが荒れてくると、習字の作品も荒れる。
 

  担任の先生の「日常授業」の様子が、ここに表れる。

●4日、これから東京のO小学校へ行く。
 学級経営の研究会に呼ばれていて、ある5年生のクラスで私が授業をしてから研究会になる。
 

  そのクラスは、2年目の担任の先生で、クラスが荒れている状態らしい。
 授業をすれば、状況はよくつかめる。
 

  そこで、私の授業である。
 昨日、座席表を送ってもらった。
 全部の子供の名前を覚えてから授業をしようと思っている。
 

  今朝起きてから、覚え始める。
 

  あらゆるところから「クラスが荒れています」というニュースが伝わってくる。
 時代の風が変わりはじめている。
 これはよくない風である。

|
|

« 竹田先生の第2信のコメントを受けて | トップページ | 5年生のクラスで授業をする! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/58694894

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~鳥取へ行ってきました~:

« 竹田先生の第2信のコメントを受けて | トップページ | 5年生のクラスで授業をする! »