« 財務省は、先生の数を減らそうとしている! | トップページ | つれづれなるままに~また、北海道へ出掛けます~ »

つれづれなるままに~北海道へ行ってきました~

   ●11月4日(月)から北海道へ行く。
 北海道教育委員会の教育課程改善協議会での講演のためである。
 
 

 4カ所を回る。
 まず、室蘭。
 
 

 羽田から新千歳へ行き、そして南千歳からJRで東室蘭まで1時間15分。
 連休の最終日で、ものすごい混雑。溢れる人たちで、指定席の車両も満杯。
 
 やっとたどり着く。
 

 駅前のルートインというホテルに宿泊。
 ここは人工のラジウム温泉があり、なかなかのもの。
 ちょうど部屋のまん前に風呂があり、3回も入る。
 
 

 夜は、一人で居酒屋へ行く。ここは焼き鳥のメッカ。豚を焼いてくれる。豚を焼い ても、焼き鳥という。(笑)
 海産物もおいしくて、やはり北海道へ来たなあという思いになる。

●5日(火)5時30分起床。すぐに温泉へ。
 食事をして、東室蘭の街を歩く。広くて、北海道特有の豊かさ。良い街である。
 
 

 1時間ぐらい散歩する。
 ホテルへ帰ってきて、講座の準備をする。
  
 今回は知り合いから勧められてマイクロソフト社の「surface」を買って、持ってきている。
 これを使って、パワーポイントを修正する。軽くてなかなか良い。
 

 昼に、指導主事の先生が迎えにみえる。
 
 13:10~14:40までの90分講演。
 

 テーマは、「日常授業の改善をどう進めるか」。
 最後の30分は、模擬授業。いつもの「なくぞ」(谷川俊太郎)の詩。

●今回の道教委のテーマが「学校がチームとなって取り組む学校力・授業力の強化」。
 

 小学校でチーム力を打ち出すというのは、珍しいことではないか。

 そういう時代が小学校にも来ている。
 提案の手引きも、分かりやすく、平易に書かれてある。

 道教委も大きく変わろうとしている。
 そんな思いが強くする。

 学校が取り組む学校力・授業力の強化として、次のような例を挙げてある。

 教室環境の整備、学習規律の確立、基本的な学習過程、実物投影機を活用した授業改善、ノート指導の徹底、宿題の工夫

 こんな具体的なところへ踏み出している。

 特に目をひいたのは、学習規律を学校全体で整備していくことの提案。
 講演で「学校全体で学習規律を決めてあるところは手を挙げて下さい」と手を挙げてもらったところ、半分ぐらいの先生が手を挙げられた。
 びっくり。

 あとで指導主事の先生に「あれは、ほんとうですか?」と問いただす。(笑)
 学校全体で学習規律を決めていくというのは、まだまだ普通のことだと思っていなかったのでびっくりしたのである。
 

●6日、5時に起床。すぐに温泉へ。
 8:31の南千歳行きの「すずらん3号」に乗る。

 そして、11:00発の稚内空港行きの飛行機に乗る。
 プロペラ機だという。
 

 久しぶりのプロペラ機。50分ばかりの飛行。
 上へ上がったら、すぐに降下が始まる。
  カリフォルニアで乗せてもらったセスナ機のことを思い出す。

 12時に着いて、すぐに会場へ向かう。
 ここは空港から稚内の街まで15分ぐらい。便利な空港である。

 13:10~14:40まで(かなりオーバーしてしまう)講演。
 模擬授業は、「おならうた」(谷川俊太郎)。

 ここでも強く「日常授業の改善」を訴える。

●懇親会で、教育支援課長のN先生に言われた。
 「授業観を変えていかなければいけないということですね」

 N先生の言いたいことは次のようなこと。
 
 今まで多くの授業研究が「ごちそう授業」づくりに奔走してきた。
 そういう授業のついての考え方を変えていかなければいけないということ。 

  我が意を得たりということ。
 
 私は「ごちそう」授業を否定しているのではない。
  1年に何回かはたっぷりと教材研究をして「授業づくり」をすべきだと思っている。

 しかし、そんなことは「日常」はできない。
 むしろ、この「日常」が1000時間以上続く。

 この「日常」をどのように構築していくか。
 今までの「ごちそう授業」づくりの授業観では無理だ。

 この授業観を変えていくという発想だったのだと、改めて考えてしまう。

●稚内の全日空ホテルへ泊まった。
 
 10階から見える日の出は素晴らしいもので、うっとりと見とれてしまった。
 
 

 その日、突端にある「ノサップ岬」にも連れていってもらう。
  めったにないという、穏やかな波が岬を包み、向こうにはかすかに宗谷岬が見えている。
 

 ここは日本の北端なのである。
 

●夕方、横浜へ帰ってくる。
 やはり、関東は暖かい。

 さあ、今度は10日からまた北海道へ行く。
 

 小学校の教育課程改善協議会4カ所は私で、中学校の教育課程協議会4カ所は、池田修先生である。 
   池田先生は、熱を出して寝込んでいたと聞いたが、大丈夫なのかな。

|
|

« 財務省は、先生の数を減らそうとしている! | トップページ | つれづれなるままに~また、北海道へ出掛けます~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。咳が抜けないものの、熱は下がりました。問題は論文が締め切りに間に合うかどうかですf(^^;。 私は大学の授業の合間を縫って2週間で三往復となりますので、懇親会に参加する時間もあるかどうか。せめては、北海道の美味しい海産物を朝ご飯でとは思っています。

投稿: 池田修 | 2013年11月10日 (日) 08時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/58536315

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~北海道へ行ってきました~:

« 財務省は、先生の数を減らそうとしている! | トップページ | つれづれなるままに~また、北海道へ出掛けます~ »