« 福山憲市先生と初めて会える! | トップページ | 福山先生の算数授業づくり講座に参加してきました! »

つれづれなるままに~左手の痛みはほぼ完治しました~

  左手の痛みが、ほぼ完治した状態になった。

 まだ、人差し指のしびれは残っているが、痛みはもうない。
 

 さまざまにコメントをいただき、ご心配をいただきありがたいことであった。
 

 西洋医学では、4人の医者にかかり、MRIを取っても痛みが分からないという状態だった。
 周りの方々の勧めに従って、鍼灸院に行き、2回にわたって揉んでもらうということを経て、ほとんど完治する状態になった。
 
 肩胛骨周辺が異常に堅くなっており、それが神経を圧迫しての痛みであると診断された。ほぼ的確な診断。揉むだけで痛みは消えていった。

 

 
 あのまま整形外科にかかっていたら、強い抗生物質で胃腸がめちゃくちゃになっていたかもしれない。早々と薬を止めてよかった。
 

 

 今回は、さまざまな教訓が残った。
 ★
 8日に3年生のクラスで行った授業が終わってから、教室を出ようとすると、一番前に座っていたA君が駆け寄ってきて「野中先生、今日の勉強、おもしろかった!」と耳元で言ってくれた。
 

 

 授業で大活躍してくれた一人なのだ。
 あとで初任の先生に聞くと、「一番困っている一人なのです!」ということ。
 

 

  フォローなのだ。
  フォローが子供たちを動かしていく。
 しみじみとそのことに気づく。
 ★
 先日のI 校での授業でも、抜きんでて読むことが上手な男の子がいた。
 私は、「天才的だ!」と褒め称えた。
 
 

 

  何回も登場させて褒め称えた。
 私のこの授業では、彼が主人公であった。
 
 

 

  授業を終えて去ろうとすると、その男の子が私の所へ寄ってきて、
 「今日の授業はおもしろかった!」と叫んでくれた。
 
 

 

  担任の先生にあとで聞くと、
 「先週、体調を崩してうんこを漏らして、早引きしてしまったのです。かなり、
  落ち込んでいたはずですが、今日のことで盛り返します」
 と話してくれた。
 
 

 

  うれしいことである。
 ★
 私は「全員参加」の授業を作ろうと提唱している。
 でも、授業は、実にシンプルなものをやっている。
 
 

 

  「この授業は、谷川俊太郎さんの詩集をぱらぱらとめくりながら見つけて、15分ぐらいで作ったものです。内容は70点ぐらいの授業」
 と言いながら、授業の骨組みを3つだけ示す。

 

  格好をつけて言っているのではない。
 ただそれだけの授業なのである。
 
 「味噌汁・ご飯」授業は、そうなのである。
 

 

 それでも、子供たちが「おもしろい!」と言ってくれる。
 
 

 

 多くの教材研究をして、巧みな授業技術を数多く駆使して、「すごい!」と唸るような授業をすることもたまには必要であろうが、日常はそうはいかない。
 
 私はそんな授業は興味がない。
 

 

 シンプルなものがいい。
 シンプルさの中には、子供たちを集中させていく何かがあるのである。
 
 
 
 
 

 

|
|

« 福山憲市先生と初めて会える! | トップページ | 福山先生の算数授業づくり講座に参加してきました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

手の痛みが治ってきたとのこと,良かったです。
その人に会った治療法があるのでしょうね。私は整形外科より,整体が合っているようです。

さて「シンプルなものがいい」,同感です。
あれこれ複雑になってくると長続きしないのが自分なのです。
毎日の授業となるとなおさら。

シンプルで,それでいて学力を高めることのできる授業。ぜひご教示ください。
今度お目にかかるのが楽しみです。

投稿: Masa | 2013年10月11日 (金) 05時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/58358212

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに~左手の痛みはほぼ完治しました~:

« 福山憲市先生と初めて会える! | トップページ | 福山先生の算数授業づくり講座に参加してきました! »