« つれづれなるままに~やはり、縦糸を張ることがキーポイント~ | トップページ | 財務省は、先生の数を減らそうとしている! »

新聞の見識を問いたい!

   こんなくだらない記事を載せる新聞の見識を問いたい。

 http://news.biglobe.ne.jp/domestic/1025/ym_131025_1080133505.html

 廊下を走った4年生の男の子に、50才代の男性教諭が土下座をさせたという記事。
 
 男の子は、それから体調不良を訴え、3日ほど休んでいる。

 両親が抗議をし、学校側が謝るという構図。

 こんな事態はごまんと起こっている。ありふれたこと。
 それが何だと言いたい。

 以前ならば、この程度の問題は、何の問題も起こらないことである。
 子供が「ごめんなさい!」と言って片付いた。
 
 土下座して体調不良など起こすはずはない。きっと両親が休ませたのだろうと予想がつく。
 

特別にこの男性教師の支持をするつもりはないが、普通は、走った子供に注意をして「これから走るな!」と言えば済んだことであろう。
 


 問題は、この程度のことを新聞記事にするという新聞社側である。
 「また、また、先生がこんな事件を起こしている!」と訴えたいのだろう。

 前回のブログで「学校叩き」「教師叩き」をやったマスコミの問題を書いたが、いつまでもこの体質はこのような形で続いている。 

|
|

« つれづれなるままに~やはり、縦糸を張ることがキーポイント~ | トップページ | 財務省は、先生の数を減らそうとしている! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まったく同感です。

前任者が退職とあるのも気になります。学級崩壊しているのかもしれませんね。
マスコミは教育を良くするために機能してもらいたいです。

この程度の問題で学校叩きをしても、誰も得をしません。

全国で頑張っている先生方の実践こそ日々報道してほしいです。

投稿: Junichi Sase | 2013年10月28日 (月) 01時07分

これも酷いです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131020-00000007-asahi-soci

これは教師が悪いのではありません。
病院にいって検査を受けています。
問題になるのは、誤診の医者です。

教師と生徒は被害者です。

投稿: 池田修 | 2013年10月28日 (月) 08時55分

 あれから全くマスコミの動きはなし。
 このままドロンなら「芸能人の言動をおっかけている週刊誌と同レベル」です。

 全く馬鹿げているとしか言いようがありません。
 書くだけ書いて、本当のことがわかってきて「まずい」と思ったので、何も言わず・・・というマスコミのよくあるパターンなのでしょうか?

 そうだとしたら、情けないの一言です。

投稿: 一教師 | 2013年10月28日 (月) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/58455534

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞の見識を問いたい!:

« つれづれなるままに~やはり、縦糸を張ることがキーポイント~ | トップページ | 財務省は、先生の数を減らそうとしている! »