« 『THE 教師力』堀裕嗣編・THE 教師力編集委員会著・明治図書・1050円・近日刊行 | トップページ | つれづれなるままに »

あなた!生きて!~「風立ちぬ」を見ました!

   茨城の坂東市の講演会の帰りに、横浜西口のムービルで「風立ちぬ」を見た。
 
 

 「もう20分ばかり過ぎているのですが、いいでしょうか?」
 「いいです!」
 
 

 薄暗い客席へと入る。
 今日は金曜日なのに、館内はびっしり。
 ★
 戦争時代の作品しかもゼロ戦を作るという時代なのに、戦争のシーンや戦闘のシーンはまったくない。
 

 これは意図的である。
 悲惨な戦争場面や、悲惨な人々の姿の映画などは、もはや人々に訴える何かをなくしている。
 

 そのように宮崎駿は考えたのであろう。
 ★
 この映画はさまざまな意図が含み混まれている。
 
 でも、私が読み取った一番の意図は、これからの時代をどのように生きるのかを宮崎駿なりに指し示していくということではないだろうか。
 

 私にはそのように思えた。
 
 堀越二郎と菜穂子の出会い―結婚―別れ。
 この過程の中で、印象的な言葉が飛び出してくる。

 「生きてるってステキですね」
 「私たちには時間がありません」
 「持ち時間は10年だよ」
 「あなた!生きて!」

 ★
 宮崎駿は、朝日新聞夕刊(2013.7.12)で次のように語っている。

  時間がないんです。映画も時間がないんですけど、本人たちの時間も
  ないんです。切迫した時代に生きた人たちは皆そうだったんじゃない
  でしょうか。これからそういう時代が来ます。だからこそこの作品は
  作る意味があると思いました。

  ★
   喀血をした菜穂子が入院していた高原病院から抜け出して二郎のもとへかけつける。
 

 もう先がないと菜穂子は覚悟をしている。すぐに結婚式をあげ、二人だけでしばし
の時間を過ごす。素晴らしい時間。
 
 

 そして、ある日菜穂子は、一人静かに高原病院へ戻っていく。
   別れの時間が来たのである。
 

 出会いと別れが、みごとな映像で描かれていく。

  ★
 おそらく宮崎駿は、あの緊迫した時代の中で、堀辰雄と堀越二郎の融合させた架空の二郎像を造り出し、菜穂子との出会いと別れを通して、生きることの意味を問おうとしたのだろうと、私はそのように映画を見たのであった。

 できればどこかで見逃した20分間を見てみたいのだが…。

|
|

« 『THE 教師力』堀裕嗣編・THE 教師力編集委員会著・明治図書・1050円・近日刊行 | トップページ | つれづれなるままに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/57969701

この記事へのトラックバック一覧です: あなた!生きて!~「風立ちぬ」を見ました!:

« 『THE 教師力』堀裕嗣編・THE 教師力編集委員会著・明治図書・1050円・近日刊行 | トップページ | つれづれなるままに »