« 石川野口塾が迫ってきた! | トップページ | 「日常授業の改善」は安易なことではない! »

つれづれなるままに

●読売新聞から体罰のことについて電話取材を受ける。
 各都道府県で調査された二次調査結果が出るらしい。
 一次よりもかなり多くなっていると聞いた。 
 これについては、後々問題にしたい。

●高校の同窓生4人(夫婦で)小田急の新百合ヶ丘で会う。
 1年に一回ぐらい会う。
 4人ともめまいがしたり、手術をしたり、病気になったり……ということになっている。
 全員退職していて、まだ仕事に関わっているのは私ぐらいのものである。
 ずっと健康でいられるなんて無理な話。
 どこか病気をもっていて、それと付き合いながらどれだけ暮らしていけるか、そんな話になる。

●北海道の読売新聞から電話取材を受ける。
 「味噌汁・ご飯」授業についてである。
 ちょっとびっくりする。
 北海道教育委員会で、学校力向上事業のアドバイザーとして2年目になる。
 その関係での取材であろうか。
 来週の月曜日に、釧路のT小学校を訪問する。
 月に1回は北海道へ行っている。
 

●中村健一さんの「教師力の極意」(明治図書)を読む。
 私が方々で登場していて、気恥ずかしい気持ちになる。
 第7章は「野中信行氏との出会い」ということになっている。
 これは、これは、……。
 「私は野中氏のことを『日本一、普通のことを普通にやってきた人だ』と評している」と書いてある。
  我が意を得たりという思い。
 「学級づくり」の提案も、「授業づくり」の提案も、ほんとうに「普通のこと」であった。それをまとめ、言葉化しただけ。

●神奈川のY教育委員会の初任者指導講座(授業講座)に行く。
 テーマは「授業の基本」。
 100名近くの初任者。
 6月の最初である。
 疲れ切っているはず。
 初任者は、この時期睡眠時間をけずって教材研究などをしている。
 90分。講座の最後に模擬授業を行う。私の提案を実際に授業で示すわけである。

|
|

« 石川野口塾が迫ってきた! | トップページ | 「日常授業の改善」は安易なことではない! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/57574753

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに:

« 石川野口塾が迫ってきた! | トップページ | 「日常授業の改善」は安易なことではない! »