« つれづれなるままに | トップページ | 「味噌汁・ご飯」授業公開研究会が行われた! »

明日、「味噌汁・ご飯」授業公開研究会です!

   いよいよ第2回「味噌汁・ご飯」授業公開研究会が迫った。
 今回提起することが、私達の研究の大きな集約点になるのだという思いである。
  ★
 「味噌汁・ご飯」授業は食育の授業と間違われるが、「日常授業」をネーミングしたものである。
 「味噌汁・ご飯」を食しない日本人が増えてきた現状では、かなり古典的なネーミングになる。
 

 私は、「味噌汁・ご飯」授業を提起してきた最初から、そんなに簡単にこの授業が受け入れられるとは思っていなかった。
 

 これからもそんなに簡単なことだとは思えない。
 ★
「日常授業」の必要感を説くと、誰一人反対する人はいない。
 だが、賛成した多くの先生は、明日の自分の「日常授業」を変えようと身構えるかというと、そうする先生は多くはいない。
 

 なぜそうなるのか。
 理由はいくつかある。
 

 1つは、変えようと思ってみても、もはや自分なりに作ってきた「日常授業」の型があるのである。それをすぐに変えることは難しいからである。
 朝起きて出掛けるまでの手順は、ほとんどの人が決まっている。
 無意識な部分も多い。
 

 その手順を変えることは大変な労力がいる。
 それと同じである。
 

 2つ目は、「日常授業」を変える必要を感じないことである。
 何とかなっているのである。
  それをあえて変えようと身構えることは大変な労力になる。
  ★
 それでも私達は「日常授業」の改善を訴えたい。
 

 もちろん、このことをしなければ、子供たちにきちんとした学力を身につけさせられないという、第1のポイントはある。
 

 それよりも何よりも、多くの先生の「日常授業」がきわめて大きな危機を迎えているのだと、私達は認識している。
 子供たちの一部が、この「日常授業」に付き合わなくなっている。
 公然と拒否を始めている。
 

 それが学級崩壊を生み出している。授業不成立という事態。
 

 更に深刻なのは、つい数年前までは何とかなっていた「日常授業」が、荒れ始めている。ずっとがさがさ、ごそごそ、うるさい状態が続いていく。
 ★
 原因は、もちろん「日常授業」だけにあるのではない。
 しかし、確実に「日常授業」にもある。
 

 しかし、多くの先生たちはそこに気づいていない。
 相変わらず、子供が悪い(もちろん悪いのだが)、親が悪い、忙しすぎる、……と文句を言っている。
 よく分かる。その通りだから。
 

 だが、自分の「日常授業」がその原因を生み出しているとは思っていない。
 

 私達は、学級崩壊になるクラス、落ち着かないクラスなどに共通な「日常授業」を特定している。
 それを克服していかなくては、これから大変な事態になるなあという思いである。 
  ★
 今、自分の「日常授業」は何とかなっている。
 そう安心している先生は多くいる。
 

 しかし、今クラスが荒れている先生だって、つい数年前まではそのように思っていたのである。
 

 これから進んでいく「学校教育の終わり」現象は、安泰の場所なんかないのだということを突きつけていく。
 

 自分の授業を初心に返って見つめ直し、もう一度問い直してみる。
 そんな提案が私達にできればいいなと思っている。

|
|

« つれづれなるままに | トップページ | 「味噌汁・ご飯」授業公開研究会が行われた! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

盛会を祈念しております。

明日はお昼前には羽田に着くのですが,そちらへは行けず,申し訳ありません…
行きたかったなあ。

投稿: masa | 2013年6月28日 (金) 19時00分

野中先生、こんばんは。今、横浜に着きました。味噌汁・ご飯の授業、学ばせていただきたいです。
よろしくお願い致します。

投稿: 佐藤玄輝 | 2013年6月28日 (金) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/57681202

この記事へのトラックバック一覧です: 明日、「味噌汁・ご飯」授業公開研究会です!:

« つれづれなるままに | トップページ | 「味噌汁・ご飯」授業公開研究会が行われた! »