« 「学校教育の終わり」ということ(2) | トップページ | ちひろ先生からの報告 »

第2回「味噌汁・ご飯」授業公開研究会へのお誘い

 「味噌汁・ご飯」授業公開研究会のお誘いである。
 第1回の公開研究会よりもさらにバージョンアップして提案できることを楽しみにしている。
  http://kokucheese.com/event/index/91891/

 ★
 今、「日常授業」へ向ける眼差しは大変強くなっている。
 

 先日も、私が最も注目し、最も尊敬する教師の一人である福山憲市先生がフェイスブックに次のように書かれていた。

  ★ ★ ★
 今年度は、初任研指導教員プラス研修主任も任せられました。53才になる年の人間がやるよりも若手に・・・・とお願いしたのですが、次世代に道を・・・・と言われ引き受けました。研修テーマを変えました。「日常授業の改善」。ハレの授業ではなく、ケの授業を徹底的に見直す。日々研鑽。日々改善。これを若手にもベテランにも浸透させたいと思っています。          
  ★ ★ ★

 このような流れが大きくなっていることは明確である。
 

 今回の研究会で、グループごとに皆さんで「味噌汁・ご飯」授業を実際に作ってみたいと思っているし、その教材での授業をどのように展開するかも私達のメンバーが模擬授業をしたいと思っている。
 

 私も、「味噌汁・ご飯」授業で模擬授業をしたい。
 

 皆さんが目を見張るような「ごちそう授業」を展開するのではない。
 確実に「日常授業」をどのように変えたらいいのかというテーマで提案をしていきたいと願っている。
 

 興味がある方はどうぞ参加していただきたい。
 皆さんと共に「日常授業」を変える研究に邁進したいものである。

|
|

« 「学校教育の終わり」ということ(2) | トップページ | ちひろ先生からの報告 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/57414806

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回「味噌汁・ご飯」授業公開研究会へのお誘い:

« 「学校教育の終わり」ということ(2) | トップページ | ちひろ先生からの報告 »