« 第2回「味噌汁・ご飯」授業公開研究会へのお誘い | トップページ | つれづれなるままに »

ちひろ先生からの報告

   さまざまな場所で、「ちひろ先生」のことについて話題になった。
 
 「私の初任者のときは、あんなものではなかった!めちゃくちゃであった!」
 「初任者はみんなあのように苦労しているのだね!」
  …………
 ちひろ先生からまたコメントがついた。
 あれからの経過報告である。

  ★ ★ ★
こんにちは、以前書き込みをさせていただいたちひろです。
現在の私の学級の状況をご報告させてください。

GW明けの1週目は、クラスの状況は相変わらずでした。係の当番表や、日直の当番表を作り、子供たちに提案した結果、かなり食い付きがよく、学級内の仕事が回り始めました。しかし、授業中のおしゃべりや立ち歩きは止まらず、S君を中心としたトラブルは止まりませんでした。

2週目の月曜日は、学級の状態がよりひどくなりました。トラブルが止まらず、何人かの児童にかき回され続け、授業がほとんど進められませんでした。
4時間目にあまりにも友達に暴力をふるうS君をどうしようもできずに校長室に引っ張って行った帰りに、涙があふれて止まらず、給食と掃除の時間は教室に戻れなくなってしまいました。専科の先生や講師の先生にフォローしていただき、なんとか5時間目まで授業をし、子供たちを帰しました。
火曜日の放課後に、ある児童の保護者から電話がきました。その児童はストレスによって頭痛や嘔吐をしてしまう病気を持っている児童で、2年生になってから学級が騒がしくなったせいで病気の症状が悪化しているため、どうにか手を打って欲しいとの内容でした。子供たちに負担をかけるような学級を作ってしまったことに、とてもショックでした。
これを受け、校長の決定の下、私の学級は水曜日から二人担任制となりました。(もう一人は私の後補充で入ってくださっていた、ベテランの講師の先生です。)
このような状況になったことはとても悔しい反面、正直ほっとした部分もあります。

今週の後半は、ほとんどその先生に授業をしていただきました。
その先生が授業をすることで、だんだんと子供たちが授業を聞けるようになってきました。しかし、自分が前に立って話し始めると、子供たちはさわがしくなってしまいます。それでも子供たちは困ったときや休み時間には私のところに来てくれます。
「好かれているのに話を聞いてもらえない」ということはとても矛盾していますが、そこに自分のやり方に対する子供たちの想いが表れているのだと感じました。

今、授業をせずに子供たちを後ろから見ていると、自分がいかに子供たちをまとめる手段を持っていなかったのかが本当によくわかります。
自分一人で学級を立て直すことができず、悔しい気持ちはあります。しかしこのような措置をとっていただき、自分を見つめなおす時間をいただいたことは、本当にありがたいと思っています。
その先生のお力を借りている間に、たくさん学んで自分一人で学級をまとめられるように成長したいと思います。
野中先生の本も、新しく2冊購入しましたので読みたいと思います。不安や苦しい思いの絶えない1年になると思いますが、私は負けません。頑張っていきたいと思います。

野中先生に、いつかぜひお会いしたいです。関東近郊で講演会などがあるときに、お知らせいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

 ★ ★ ★
 まっとうな学校で勤められていること。
 まっとうな校長先生や周りの先生方のもとで勤められていること。
 ちひろ先生、感謝してほしい。
 
 ちひろ先生が「私は負けません。頑張っていきたいと思います」と言ってくれることに、私のブログを読んでいる方々がどれだけ勇気づけられているか、ちひろ先生にぜひともお伝えしておきたい。

 私はかつて書きました。

 一年目だからしょうがないのだ。自分が無能だと思うことはない。
 誰もが通る道である。人生の試練にあっていると思ってほしい。

 この言葉を、ちひろ先生にも送りたい。

 ちひろ先生、時々 このブログに経過報告をお願いします。
 みなさんが、注目しています。

|
|

« 第2回「味噌汁・ご飯」授業公開研究会へのお誘い | トップページ | つれづれなるままに »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

野中先生

こんにちは、ちひろです。

ご返信をいただき、ありがとうございます。たくさんの場所で私のお話をしてくださっている方がいらっしゃることがとても嬉しいです。

学校側は本当に手厚いサポートをしてくださってると思います。もしこのような措置を取ってくださらなかったら、学校に行けなくなっていたかもしれません。
校長先生や周りの先生方にはとても感謝しています。

金曜日にS君の保護者、その後に2番目にやんちゃなM君の保護者と面談をしました。学年主任と、もう一人の担任も入ってくださり、家庭と学校で協力しあって子供たちを育てていこう。S君やM君に対しては家庭でも学校でも、認められる場面をたくさん作っていこうという話になりました。
ベテランの先生方が話し合いに同席して下さったことで、S君やM君の保護者とも理解しあうことができました。
本当に感謝してもし尽くせない思いです。

これからも時々、ご報告をさせてください。

また6月29日の講演会に申し込ませていただきました。もちろん懇親会も参加いたします。その時にぜひお会いしたいです。楽しみにしています。よろしくお願いします。

投稿: ちひろ | 2013年5月19日 (日) 19時42分

 私の若いころを思い出してしまいました。
 私の時は、1年目こそ順調(質の高い子どもたちのおかげ!)でしたが、2~4年目に苦しみました。
 今から思うと、技術の低さもさることながら、発達凸凹の子たちの適切な対応ができなかった(というより分からなかった、教えてもらえなかった)のに尽きます。
 幸い?なことに 5年目の前(3か月ほど療養休暇をした、その後半)に学級経営を見直すことができ、転勤し、5~7年目はとてもすばらしい年数を送ることができました。
 発達凸凹の子の対応には、その後もいろいろな苦しみはありましたが、どうにかやってこれつつあります。

 今、若い先生方で苦しんでいる姿を見聞きするにつけ、自分の頃を思い出すのと同時に、その場に合った適切な対応法を教えられたらなあと、思う今日この頃です。
 


 幸いなことによい指導者(講師)がいるようなので、その技術を真似するとよいと思います。
 サルまねで構わないと思います。追試ですから。
 (私も20数年の経験ですが、よいものは追試しています!)
 きっと、「教室の空気と時間を統率している」と思います。
 個々の技術は、野中先生の指摘もさることながら、向山洋一氏の「授業の腕をあげる法則」(明治図書)10箇条にも合致しているはずです。(←夏休みにでも読んでください)

 

 仮に追試(まね)するのを馬鹿にする雰囲気を児童が言うようなら、これはめちゃくちゃ間違っていることですので、講師の先生にでも言ってもらえればいいと思います。


 あと、先生の話を聞かない雰囲気を感じたら、講師の先生が烈火のごとく!!叱ってもらえるとよりいいのですが・・・・(私が講師なら言いますね。)とにかく、講師の先生だろうが、ちひろ先生だろうが話はきちんと聞け!!という意識・雰囲気を作り上げてしまわないといけないと思います。


<これらのことは学校内部のことなので、関係職員・特に講師&ちひろ先生の事前の相談&連携プレーが可能ならば、という条件付きです。私なら即座に対応しますけど・・・・>

 とにかく、8割です。良識派2割からはじめ、中間6割を少しでも多く取り込む戦術になると思います。

 あせらず、じっくりやってください。応援しています!

投稿: 小牧市に勤務する一教師より | 2013年5月20日 (月) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/57414977

この記事へのトラックバック一覧です: ちひろ先生からの報告:

« 第2回「味噌汁・ご飯」授業公開研究会へのお誘い | トップページ | つれづれなるままに »