« 最後の初任者講座がDVDになる! | トップページ | アウトローの低めへ投げるコントロールをつけるんだ! »

「出会いの3日間」から「仕組みづくりの7日間」へ

   8日からの始業式のところは、3日目がちょうど終わったところ。
 分刻みの生活が続いているのであろう。
 
 

 私が提唱している「3・7・30の法則」では、この3日間は「出会いの3日間」。
 新しいクラスの子供たちと良い出会いがあったのであろうか。
 
 

 私は新しく赴任する学校では、決まって着任式の挨拶から考えた。
 持ち時間は1分。
 

 
 1分で全校の子供たちに、「野中先生っておもしろそう!」と印象づけなければいけない。
 ★ ★ ★
 私は野中信行と言います。○○小学校から来ました。
 私のことを紹介しなくてはならないのですが、以前受け持っていた子供が次のような作文を書いています。

 それを紹介します。

    へんな野中先生
   ぼくのクラスの野中先生はへんてこりんです。
   いつも給食をとりにいくとき、はなうたをうたいます。ものすごい
   オンチです。それでも歌うので、ぼくたちは手で耳をおさえて
   「耳がくさる!」
   と言います。そしたら、
   「くさった耳を見てみたい!」と先生は言います。
   野中先生の得意なことは、こわい話に、きたない話に、おもしろい話です。
   いつもはなをぶたのようにして話をしてくれます。
   へんな先生ですけど、ぼくたちは楽しくて元気な野中先生を気に入っています。

 こんな野中先生です。みなさん、どうぞよろしくお願いします。
 ★ ★ ★
 これで全校を笑わせる。
 それから校長からのクラス担任発表。
 
 

 クラス担任の発表で、私の紹介があると、そのクラスの子供たちはニコニコして拍手してくれる。
 子供たちはおもしろい先生が大好きなのである。
 

 最初の1分で、クラスの子供たちにも印象づけている。
 そのあとのクラスでの自己紹介で、再び「怖い話に、汚い話に、おもしろい話が得意です。

 

その話を明日からしてあげます!」と話す。
 
 子供たちとの出会いは大切である。
 「野中先生っておもしろいよなあ」「野中先生となら1年間やっていけそう」という印象を持たせることなのだ。
 
 

 

 これが3日間の課題。

 ★
 もう「仕組みづくりの7日間」が始まっている。
 この1週間で、私は26項目の指導をする。
 
 

 その項目によって指導する頻度が違う。
 1回でいいものが、9個、最低3回は指導するものが9個、常時指導(1ヶ月の間)のものが8個になる。
(「新卒教師時代を生き抜く初任者1ヶ月の成功シナリオ」明治図書)
 
 あくまでも私が設けた目安。
 

 指導するものがこんなにあるのかと驚かれるだろうが、こういうことを最初にきちんとしていないためにいい加減になる。
 
 子供たちは、前年度1年間に身についた習慣(学級の仕組み)が良いに決まっている。
 

 そこで「前のクラスが良かったなあ」「前の先生が良かったなあ」と囁き合うことになる。
担任の先生に聞こえるように言うのである。

 
 初任の先生は、この囁きに弱い。
 こんな言葉はいつでも、どんな先生でも経験しているのである。
 
 

 学期最初は、だいたい子供たちはこう言うものである。
 めげずに自分の方法を貫くことである。
 
 

 へたに妥協すると、とたんに足元を見られてしまう。
「あの先生は、前のクラスが良かったと言うと、すぐに自分のやり方を変更するぜ」
 
 さて、どんな仕組みを作るか、それは大きなポイントになる。
 

 給食指導と清掃指導は、何としても「学級システム」として作らなければいけない。

|
|

« 最後の初任者講座がDVDになる! | トップページ | アウトローの低めへ投げるコントロールをつけるんだ! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/57149542

この記事へのトラックバック一覧です: 「出会いの3日間」から「仕組みづくりの7日間」へ:

« 最後の初任者講座がDVDになる! | トップページ | アウトローの低めへ投げるコントロールをつけるんだ! »