« 初任者の授業はどのように始めていくか(3) | トップページ | うまくいかないのは、「やり方」に問題があるのである! »

つれづれなるままに

 米倉涼子の「35歳の高校生」(4チャンネル)を見ている。
 
米倉涼子は、とても存在感のある女優で、好きな女優の一人。
 

 近くのA高校を卒業したという身びいき感もあって、彼女のテレビはよく見ている。
 最近では、「ドクターX」はおもしろかった。
 

 今回のこの高校ドラマも、いわゆる痛快学園ドラマになるのかなと思いつつ見たが、決してそんなことはなかった。
 

 テーマは深刻である。
 1回ごとにテーマを決めていこうというものらしい。(まだ2回目)
 これからどうなるやら。
 ★
 堀裕嗣先生が編集する本で、7月刊になる本(まだまだ書名は言えないが)に私も参加して4枚の原稿を書いた。
 

 多くの先生たちが4枚の原稿を寄せるらしい。
 

 私もあわてて4枚書いて送付する。
 ★
 17日東京のI区の学級経営研究会に招かれて講演。
 東京のいくつかの区では、こうして学級経営研究会が教科部会と並んで行われている。
 

 「これからますます必要になる研究会ですからがんばってください!」
と激励をして90分の講座をもつ。
 

 学級づくりにとっては、1ヶ月が勝負の時間。
 

 私の話に、先生たちは真剣な表情で食いついてこられた。
 今、そのど真ん中での状況なのだ。
 ★
 今年度も、北海道の学校力向上に関する総合実践事業にアドバイザーとして参加している。
 

 早速5月の初旬に別海町のB小学校を訪問する。
 
根室中標津空港へ降りるのは初めてのことになる。
 

 一日この学校で授業をしたり、授業を見たりして助言をすることになる。
 ちょうど小中高一貫教育研修会が開かれるところに迎えていただいている。
 楽しみなことだ。
 

 前日には、根室管内の初任者研修会にも参加して、4月の1ヶ月が終わってからのこれからをレクチャーすることになる。
 

 私は今年度は4つの学校(根室、網走、釧路、岩見沢)を訪れることになっている。
 

 そして、北海道全体4カ所の小学校教育課程協議会にも参加することになっている。
 月に1回程度の北海道訪問である。
 

 北海道の知り合いにどこかでお会いできることを楽しみにしている。

 

|
|

« 初任者の授業はどのように始めていくか(3) | トップページ | うまくいかないのは、「やり方」に問題があるのである! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/57223717

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに:

« 初任者の授業はどのように始めていくか(3) | トップページ | うまくいかないのは、「やり方」に問題があるのである! »