« 初任者の授業はどのように始めていくのか?(1) | トップページ | 「30」の時間が始まっている! »

初任者の授業はどのように始めていくのか?(2)

  整えていくことの2つ目が「学習規律」になる。
 これは初任者にとっては最も大変なこと。
 

 今までほとんど教えられていない。
 周りに聞いても明快に教えてくれる先生もいない。
 だから、小学校の頃のことを思い出すぐらいしかできない。
 

 この「学習規律」は、学習の基盤を作ることになる。
 家を作るときでも、まず基礎を作る。
 

 それは当たり前のこと。
 学習にとっても、必要なことになる。
  ★
 私は、この「学習規律」については『新卒教師時代を生き抜く学級づくり3原則』(明治図書)で10ヶ条を提起している。

    1 挙手はきちんと
    2 名前を呼ばれたら「ハイ」と返事
     3 机上の整理をさせよう
     4 机の中の整理・整頓をきちんと
     5  筆入れの中味を整える
     6 ノート指導の徹底
     7 発言を整えよう
     8 授業時間を守る
     9  ノートを先生に提出するとき
     10「どうぞ」「ありがとう」の言葉かけ

 初任者のクラスではまずこの程度でいいだろうという規律になる。
 ★
(1)  挙手はきちんと                                          
 挙手のさせ方からきちんとするようにする。                         
 子供たちは、重々しそうにあげる。                                 
 ここからきちんとしていく。                                       
 「手をあげるときには、天井に突き刺すような感じであげます。練習をし
 ましょう。」と促していく。                                       
 時々、注意をしていく。                                           
                                                                   
(2) 名前を呼ばれたら「ハイ」と返事                         
 これもなかなか徹底しない。                                       
 返事をすることは、とても大事な学習のしつけである。               
 いつも名前を呼んだら、「ハイ」と返事をする習慣をつけるようにする。
 「は~~い」ではなく、短く「ハイ」。                              
 4月当初は、意識して取り組むが、次第にいい加減になりがちだ。      
 1年間意識して取り組むことになる。                               
 テストを返却するときにも、名前を一人一人呼んで渡すようにしたい。 
 その時にも、「ハイ」と返事する習慣にしたい。きちんと返事をしないと
きには、返却しないことである。                                     
                                                                   
(3) 机上の整理をさせよう                                    
 机上は、いつも必要な物だけを出すように意識づけすることである。   
 国語で漢字ドリルをしているときは、教科書やノートは必要ないはずであ
る。ところが、ほとんど出されたままで重ねたような形で学習をしている。
 今学習している物だけを出す。                                     
 出し入れのスピードをつけさせる。                                 
                                                                   
  (4) 机の中の整理・整頓をきちんと                           
 机上に必要な物だけをすばやく出す習慣がついていくと、必然的に机の中
がきれいに整理整頓されていくことになる。                           
 低学年の時には、道具箱の蓋と中味を2つにして、それぞれの箱に入れる
物を指定していく方式が取られている。                               
 物が少ない低学年のときには、それを徹底していけば充分である。      
 見ていると、もらったプリント類やテストのプリントをぐじゃぐじゃにし
て詰め込んでいく子供がいる。                                       
 プリントのたたみ方は、必須の習得事項に加えておく。きちんと教えてい
かなくてはならない。                                                
 また、高学年で物が多くなってきた場合は、道具類を袋に入れて、机のそ
ばにかけさせておくことも考えなくてはならない。袋を持ってこさせて、入
れさせればいい。私は、100円ショップで10枚程度買ってきて、袋を忘れて
くる子供たちには持ってくるまで貸しだしていたこともある。            
                                                                   
 (5) 筆入れの中味を整える                                  
                                                                 
 筆入れがきらびやかに派手になっている。指導をしなければ、大変なこ
とになる。                                                         
 筆入れに入れておくものは、統一しておく。私が取り組んでいた物は次の
ようなものでした。                                                 
 ①シャープペンシルは禁止。鉛筆は飾りのないものを5本。            
 ②消しゴムは、白い物。                                           
 ③赤鉛筆を1本。                                                 
 ④ミニ定規(15センチ程度)                                       
 ときどき、筆入れを点検する。                                     
                                                                   
(6) ノート指導を徹底                                          
                                                                   
 ノートは、学習の要である。これをきちんと使えないと、どんなに教材研
究をして授業を工夫していても、子供たちに学力をつけさせることはない。
それほど大切なものである。                                          
 ノート指導は、次のようにする。                                    
 ①日付                                                            
 ②教科書のページを書く。                                          
 ③教科書の問題番号を書く。                                       
 ④学習内容の小見出しを書く。                                     
 ⑤ノートは、一行おきに書くようにする。決して詰めて書かない。      
 ⑥定規を準備し、線は基本的に定規を使って引く。                   
                                                                   
(7) 発言を整えよう                                         
                                                                   
 最初の基本的な発言の方法を教える。                               
 
○私は(ぼくは)~だと思います。
 
○私は(ぼくは)~だと思います。そのわけは~だからです。 
 
 きちんと主語と述語を使って話をするようにする。                   
 それから、次のような話し方も教える。                              
 
○私も(ぼくも)~だと思います。そのわけは~だからです。 
 
  <も>をつけさせると、発言がつながっていく。                     
 それから、徐々に次のような言い方も教えていく。                   

○「にています」「私は(ぼくは)~だと思います。そのわけは~だからです」

○「反対します」「私は(ぼくは)~さんに反対します。そのわけは~だからです」

○「他にあります」「私は~だと思います。そのわけは~だからです」

○「質問します」「~さんに質問します。~はどういう意味ですか」

  (8) 授業時間を守る                                        
 学級が荒れてくると、必ず授業時間がいい加減になる。               
 子供たちが、授業の最初に教室に入ってこなくなる。始まる時間が、どん
どん遅くなる。                                                      
 子供たちに授業を時間を守らせていくことは、特に大切な約束である。 
  そのためには、教師が、時間をきちんと守っておく必要がある。       
 教師が、始まり・終わりをいい加減にしていて、子供たちだけに授業の始
まりをうるさく言うのは、本末転倒である。                           
                                                                   
(9) ノートを先生に提出するとき                              
                                                                   
 学習のしつけとして考えていくものである。                         
 授業中に、先生にノートを持ってきて、○をつけてもらったり、ノートを
点検してもらったりする場合は多い。                                 
 その場合に、ノートは、先生が見やすいように提出するようにする。意外
とこういう指導をしていない場合が多くある。ノート点検に手間取り、列が
ずっと並んでいくということがある。                                 
                                                                   
(10) 「どうぞ」「ありがとう」の言葉かけ                    
                                                                   
 プリントを配付する場合、列の一番最初の子供に「どうぞ」と声をかける。
子供からは「ありがとうございます」という返事。その子供は、次の子供に
後ろ向きで「どうぞ」という声。次の子供は、「ありがとう」と答える。…
…こういう習慣をつけたい。こういう事から始め、さまざまな場面で「どう
ぞ」「ありがとう」と声かけ合う場面を作りだしていきたい。            

|
|

« 初任者の授業はどのように始めていくのか?(1) | トップページ | 「30」の時間が始まっている! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/57184821

この記事へのトラックバック一覧です: 初任者の授業はどのように始めていくのか?(2):

« 初任者の授業はどのように始めていくのか?(1) | トップページ | 「30」の時間が始まっている! »