« 京都明日の教室の定員増席になりました! | トップページ | そのあとがある »

第8回の「味噌汁・ご飯」授業研究会を行った!

   3月2日(土)「味噌汁・ご飯」授業研究会(非公開)を開く。
 4月からの「授業研究」の方向を確認する。
 

 模擬授業は私が行う。
 詩の授業。
 

 今、谷川俊太郎さんの詩(言葉遊び)をどのように授業化していくのかに取り組んでいる。
 今日は、「おならうた」。絵本館から飯野和好さん絵の本が出ている。
 それを使って行う。
 

 模擬授業を受けた先生方にも、まずまずの評判。
 ★
 6月29日(土)に横浜で第2回目の「味噌汁・ご飯」授業公開研究会を行う。
 (後日、案内を行います)
 その場で、私も模擬授業も行いたい。    
 

 この「おならうた」でいこうかと考える。
 ★
 「授業研究」の方向では、「必須の授業技術」とは何だろうかを全体で考える。
 授業技術にも1階、2階、3階の段階があると提案する。
 
 

 1階は、「必須の授業技術」。
 初任者がまず身につけなくてはならない技術。
 

 2階は、「余裕の授業技術」。
 1階部分を身につけたら、2階に上がってこの技術の習得に努める。
 

 2階の習得ができたら、3階の「高段の技術」になる。

 話し合いでは、1階の下に「基礎」部分があるのではないかと提案される。
 いわゆる「学習規律」などがこれにあたるであろう。
 なるほど、なるほど。  

  授業技術には、こうした段階があるのではないか。
 今までそういうことは示されてこなかったのではないかと、私は提案した。
 ★
 だから、30代、40代の中堅、ベテランの教師たちでも、指導言(発問、指示、説明)の区別さえもしないで授業をしている。

  1階部分の必須の授業技術を身につけないままにここまできてしまったのである。
 

 いわゆる「おしゃべり授業」をしているのである。

 また、1階部分の必須の授業技術を身につけないままに、いきなり3階の「高段の技術」を身につけようという「授業研究」をしている場合もある。
 当然うまくいかない。

 このような「授業研究」をしているところは、「研究授業」ではそれなりの授業の形を示すが、「日常授業」はまったくの「おしゃべり授業」をするという二枚舌の研究になる。

 総合の授業に、そのような授業が多かった。
  だから、その研究が終わったら、何にも残らない。
 無惨な研究に終わる。
 ★
 私たちの研究会は、かつて「味噌汁・ご飯」授業・学級づくり研究会として出発した。 ところが、これから3年間でとても授業づくりも学級づくりの2つはできないという理由で「味噌汁・ご飯」授業だけに絞ることにした。
 

 あと3年間で研究会は解散である。
 出発のところから解散を決めて出発した。

 私たちは、今の「授業研究」の焦点は「日常授業」をどれだけ豊かに充実できるかにかかっていると主張している。

 ここが教師たちを元気にさせていく1つの根幹だと考えているのである。

 

 

|

« 京都明日の教室の定員増席になりました! | トップページ | そのあとがある »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第8回の「味噌汁・ご飯」授業研究会を行った!:

« 京都明日の教室の定員増席になりました! | トップページ | そのあとがある »