« 「新卒教師時代を生き抜く初任者1ヶ月の成功シナリオ」の書評~初任者指導の総決算として~ | トップページ | 武庫川女子大学で話をする! »

徒然なるままに

   山田洋次監督の「東京家族」を見た。
 久しぶりの映画館。
 
観客はまばらだった。    
 

 映画は、心に沁みるものだった。
 

 どの家族にも展開されるであろう「日常」を、年老いた父親と母親、その子供たちや孫たち、そして母親の死という現実を通して描ききっている。
 

 山田洋次は、まだ健在だ。
 ★
 佐伯泰英の「酔いどれ小籐次留書 状箱騒動」が出た。
 連載ものでは、このシリーズが一番好きなものである。
 

 ただ、今回のものはいつもより内容が散漫になってしまっている。
 毎月一冊シリーズ本が出るのである。
 それも全部が書き下ろし。
 

 佐伯は、もう70歳を過ぎている。
 それなのに、この苦行に耐えて書きまくっている。
 

 佐伯を支えているのは何であろうか。
 ★
 「新卒教師時代を生き抜く2W仕事術」(秦安彦著 野中信行編集明治図書)が2版になる。
 

 編集長の木山さんから連絡がある。
 うれしいことである。 
 ★
 読売新聞の教育ルネサンスに私の取材記事が出たらしい。(15日)
 私はまだ見ていない。
 

 先日喫茶店での取材。2/2の東京明日の教室の取材。
 この様子が載ったらしい。
 

 体罰についての問題である。
 

 近くの知り合い2人からも朝連絡がある。
 ★
 12日に刊行した「新卒教師時代を生き抜く初任者1ヶ月の成功シナリオ」(明治図書)が4日目で2版になると連絡がある。
 

 すごい売れ行きだそうである。
 

 買って頂いている。嬉しいことである。 

|
|

« 「新卒教師時代を生き抜く初任者1ヶ月の成功シナリオ」の書評~初任者指導の総決算として~ | トップページ | 武庫川女子大学で話をする! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/56770208

この記事へのトラックバック一覧です: 徒然なるままに:

« 「新卒教師時代を生き抜く初任者1ヶ月の成功シナリオ」の書評~初任者指導の総決算として~ | トップページ | 武庫川女子大学で話をする! »