« 日常授業を改革するということ(2)~『一斉授業10の原理100の原則』 | トップページ | 「日常授業の改革」ということ(3)~「一人研究授業」の提案~ »

2/2 東京明日の教室の連絡です

   2月2日(土)東京「明日の教室」の申し込みが50名を越えている。
 60名の定員になる。
 
 

  会場の同人社はそれ以上の人数は厳しい。
 
 

  同じ内容の講座を同じ会場で3月20日に行う予定である。
 日にちの都合がつかない方は、そちらへ回ってほしい。

 当日のテーマは「1年間をがんばりぬく学級づくり・授業づくり」。
 つぎの12の項目について話をしていきたい。

 1 「教師になる」ということはどういうことだろうか?

 2 初任者がうまくいかなくなる2つの壁がある。それは何だろうか?

 3 子供たちとの「関係づくり」をどうしたらいいか?
    
 

  4 学期の最初、子供たちはどう動くか?
 

  5 学級で子供たちとどのような接し方をすればいいだろうか?

 6 安心・安全な学級づくりをするための手立てとは何か?

 7 教室の「仕組みづくり」をどうしたらいいか?

 8 なぜ、学級を「群れ」から「集団」へ変えなければいけないか?

 9 クラスの中でクラスの雰囲気を乱していく子供たちがいる。最初どんな
   対応をすればいいか?

 10  1ヶ月をどう乗り切るか?

 11 授業をする時に最初に気をつけていくことって何だろうか?

 12 うまく「授業」を進めるために必要なことって何だろうか? 

|
|

« 日常授業を改革するということ(2)~『一斉授業10の原理100の原則』 | トップページ | 「日常授業の改革」ということ(3)~「一人研究授業」の提案~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/56585644

この記事へのトラックバック一覧です: 2/2 東京明日の教室の連絡です:

« 日常授業を改革するということ(2)~『一斉授業10の原理100の原則』 | トップページ | 「日常授業の改革」ということ(3)~「一人研究授業」の提案~ »