« 東京明日の教室の初任者講座 2/2(土) | トップページ | 日常授業の改革ということ (1) »

石狩の花川小を訪問しました!

   1月10日から北海道へ向かった。
 行くときには、横浜は8℃。到着した札幌はマイナス8℃。
 
 この温度差はすごい。
 震え上がった。
  ★
 11日に、石狩市の花川小学校を訪問した。
 花川小は、学校力向上に関する総合実践事業の実践指定校7校のうちの1校。

 午前中に、学校の取り組みについて教頭先生からパワーポイントで説明を受ける。
  1年目での取り組みである。
 正直なところ、まだまだだと思っていた。

 ところが、ところがである。
 すばらしい実践が積み上げられていた。
  今年1年の実践ではない、今までの実践が重ねられていたのである。
 ★
 感心したのは、教育課程の中核に「できない」「分からない」子供たちへの手立てをどうするかが幾重にも込められていたことである。
 
 「学年別最低保障学力」が音読・漢字・計算に重点化して設定されている。
 いわゆる各学年ごとにどのくらいを目標に到達させるかを明確化してあることである。

 これだけでも設定している学校は珍しいことだが、これは建前ではない。
 そのための手立てがきちんと準備されている。

 学校では、「給食前補充指導」「放課後補充指導」「長期休業中補充指導」が行われる。
 
 また、学校ボランティアとして地域から学力向上を中心とした支援が行われている。
 地域の支援員の方が、学校へ来て、子供たちに「漢字検定」「音読検定」「かけ算九九」「家庭科裁縫」「リコーダー検定」などを行うのである。

 これにはびっくりした。
 この支援員さんたちは、子供たちの実情を把握し、学校の応援団になっていかれるはずである。
 ★
 学校全体での「学習規律」が確立されていて、学びの基本がはっきりされている。
 「話し方・聞き方」「ノートの書き方」「家庭学習のススメ」など。
 
 私も、講演の中で、この「学習規律」の必要を強調した。
 今までは、思い思いに学級でなされていたものである。
 
 あるクラスでは、中学年でシャーペンを使わせたりしていた。
 ところが、高学年になってシャーペンを禁止したら、子供たちにとって大きな不満になり、そのことでクラスがおかしくなるということを聞いたことがある。
 
 これは、学校全体での「学習規律」の問題になる。
 学校全体で決められることはきちんと決めていけば、このような問題は起こらない。

 ★
 2人の初任の先生からも話を聞いた。
 「クラスが楽しくて、楽しくて……」と話されていた。
 初任からこのような感想を聞けることは、なかなかない。
 1年目は、見通しがなく、霧の中を進むような思いになるはずである。
 それでも、このような感想を持てることは、支援されていた初任者指導の先生のおかげである。
 ★
 全ての経営の課題は、畢竟するところ、働く一人一人が仕事に打ち込める環境を作ることであり、それは仕事をする人たちが、その仕事は自分を求めていると感じられる状態を作り得るかどうかにかかっている。 
  
 

 学校経営は、一人一人の先生たちが子供たちの教育に打ち込める環境を作ること。
 このことである。
 
 

 先生たちが、子供たちがいる教室へ機嫌良くでかけていく状態を作り上げるかどうかにかかっている。
     
 
このシンプルな課題を学校経営の中核にいつも据えていくことである。

 ★
 釧路の遠矢小、北広島の大曲小、そして今回の石狩の花川小を回った。
 どこも先生たちが元気で、素晴らしい子供たちが育っていた。

 学校力向上の事業を通して、このように学校が伸びていく様子を見つめられることはとてもうれしいことである。

|

« 東京明日の教室の初任者講座 2/2(土) | トップページ | 日常授業の改革ということ (1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 石狩の花川小を訪問しました!:

« 東京明日の教室の初任者講座 2/2(土) | トップページ | 日常授業の改革ということ (1) »