« 「新卒教師時代を生き抜く初任者1ヶ月の成功シナリオ」の著者インタビューの掲載 | トップページ | 3/20の講座申し込みについて »

駆け込み退職というニュースに接して

   埼玉県の教員が、「退職金減額前に駆け込み退職100人超」というニュースが飛び交った。
 徳島や佐賀もあるというニュースも続いて出ている。

 昨年11月に官民格差を是正して退職手当を引き上げる国家公務員退職手当法の改正に合わせて、各県も関連条例を改正し、今年2月1日から施行を予定。
 退職手当を14年8月までに段階的に引き下げ、平均約400万円減額される。

 今年度の定年退職者は3月末までに勤める場合、月給40万円とすれば退職金が約150万円の減額となる。
 1月末で退職すれば、2~3月分の月給約80万円を除いて約70万円多くもらえる。

 ★

 このようなことで、クラスを持っている教員も退職しているという。
 徳島では、教頭もやめているとニュースは報じている。    

  教頭にとっては、これから卒業式などが控えていて一番忙しいときであろう。
 学校は混乱する。

 問題は、クラスを持っている教員が辞めていくことになる。
 保護者などはとんでもないことだと批判が集中していくと思われる。

 最大の問題は、このような形で制度改革をしている方にある。
 2月1日ではなく、あと2ヶ月延ばして4月1日ではだめだったのかということである。
 しかし、現実にはもうこのような形で施行している。

  ★

 あと2ヶ月を残して退職していく。
 
 このニュースに接したとき、担任は、子供たちにどのような言葉を残して去っていくのだろうかと思った。

  教師として培ってきた「志」「プライド」をどのように折りたたむのかという問題である。
 そんなものはもともとなかった。クラスもうまくいっていない。もはや思い残すことはないということであろうか。

 ★

 教師は、「世間」知らずとずっと言われ続けてきた。
 子供たちとの付き合いだけで、世間の厳しい荒波を知らずに過ごすからだと考えられてきた。

 だから、教員研修の一環としてデパート研修をしたりなどの研修が義務づけられてきた。

 私はずっとそんな考えに違和感を覚えてきた。
 
 デパート研修などするよりも、もっと民間の研究会などへ参加する方がどれだけ有意義かと思ってきた。
 デパートなどに1,2週間いてもほんとうの大変さなどつかめるものではない。
 それよりももっと教師の仕事を深めていく方が先なのだ。
 


 どのような職業も楽なものはないし、大変なものなのである。
 もし反対に、デパート勤務している人が荒れているクラスに一日ずっといればきっとと音を上げるに違いない。もはや二日ともてまいと、私は思う。

  教師は、「世間」知らずではなくて、教師の「世間」は「子供たち」なのである。

 子供たちである「世間」に暮らし、そこから多くのものを学び、得てくることが教師の仕事である。

  ★

 しかし、あと2ヶ月を残しクラスを辞めていく教師たち。

 その「世間」にどのような折りたたみ方をするのか、それが問われる。

  教師は、その「世間」に後ろ指をさされるのは一番まずい生き方ではないか。
 

|
|

« 「新卒教師時代を生き抜く初任者1ヶ月の成功シナリオ」の著者インタビューの掲載 | トップページ | 3/20の講座申し込みについて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

-----------------
教師は、「世間」知らずではなくて、教師の「世間」は「子供たち」なのである。
子供たちである「世間」に暮らし、そこから多くのものを学び、得てくることが教師の仕事である。
-----------------

心に染み入りました。
おそらく多くの教員が持っていただろう,その心が薄められてきたのは何故だったか。
「再生」を謳う者は,その矛先を間違えてはいないか。
現場を覆う空気を,多少でも清浄できないだろうか…いろんなことを考えさせられました。

投稿: spring | 2013年1月25日 (金) 05時35分

 私は、2か月の民間研修をしました。
 表向きは希望ですが、実態は市教委からの指名です。私の県はほとんどそうです。

 自分で言うのも変ですが、指名される人は「それなりに認められている人」です。
 もし、やる気のない人がやって、不評を買うと、次の方の門戸を閉じてしまうことにつながりかねません。だから、市教委もこの人なら大丈夫と思う人を選んでいると思います。
 (私個人としては、他の職場の様子が知られて、勉強にはなりました。
 なにせ、中学生にも職業体験をさせる時代ですので、教師が全く無知というのはいかがかとは思います。)

 
 しかし、教師の民間研修は、単なる外向けのアピールとしか思えません。
 批判をかわすためにとりあえずやっている、としか思えません。
 問題なのは、これをやったことで、教師の力量向上につながった、という実感があるのか?ということです。
 私の場合は、学校の学習に関係すること(公共の廃棄物処理&環境学習の啓発施設)だったので、まだよかったですが、全ての人がそういう職場を選べるわけではありません。
 せいぜい、教師生活でのアクセントという意味でしかないのでは、と思います。(悪く言えば、息抜き。)

 退職金削減のことについても、世間へのアピールでしょう。
 その前に、議員定数を削減するとか言っていたのは、どうするつもりでしょうか?????
 全然やる気が感じられません。
 
 それに、文科大臣の不満の矛先が、辞めざるを得ない教師たちに向かうのはめちゃくちゃおかしくありませんか???
 怒りの矛先は、そうした制度を作り、仕向けた諸勢力に向かうべきでしょう!!!!!!!!!!!!!!!!!!

投稿: 一教師より | 2013年1月26日 (土) 16時12分

私は、最初このニュースを見た時、
「どうして辞められるの?」「プライドはないの?」
と思いました。

でも、よくよく考えてみて、一番問題なのは「辞める教員」ではなく、「この制度を作り
実行している人たち」のように思うようになりました。

恐らく、「子ども」と「教師としてのプライド」で、3月までお仕事を全うする方もいらっしゃる
と思います。だけど、これって、結果的に「正直者がバカをみる」ことになりませんか?

正直で誠実である人を大事にしないのは、その制度自体がおかしいのだと思います。

投稿: kiki | 2013年1月26日 (土) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/56611143

この記事へのトラックバック一覧です: 駆け込み退職というニュースに接して:

« 「新卒教師時代を生き抜く初任者1ヶ月の成功シナリオ」の著者インタビューの掲載 | トップページ | 3/20の講座申し込みについて »