« 「日常授業の改革」ということ(3)~「一人研究授業」の提案~ | トップページ | 「新卒教師時代を生き抜く初任者1ヶ月の成功シナリオ」の著者インタビューの掲載 »

「日常授業」の改革ということ(4)~「一人研究授業」はおもしろいかもしれない~

   「一人研究授業」を提案した。
 これはやろうと思えば今日からでもできるものである。
 
 

 いつでもできる。
 でも、いつでもできるものは、なかなかできない。
 ★
 北海道の大曲小の橫藤雅人校長から2枚のプリントをもらった。
 初任者の研究授業のテープ起こしをされたもの。
 
 

 冬休みに、初任者にテープ起こしをしたものだという。
 「ここから気づくことを初任者に考えさせている」
という話であった。
 
 

 この時、ふと私はテープ起こしまでは大変だけど、テープを聴くということはできるなと思ったものだ。
 
 

 ここから「一人研究授業」を発想した。
 ★
 かつてこのような試みをした先生は数多くいるであろう。
 しかし、このことを自分の研究として(ましてや学校の授業研究として)位置づけていった先生は稀であろう。
 
 

 私も1,2度やったことがある。
 でも、45分間継続して聞くことができなかった。
 
 

 ひどい授業。話していることが支離滅裂。
 よくぞ子供たちは我慢して聞いているものだと、…。
 
 

 その記憶だけある。
 ★
 この「一人研究授業」は、初任者指導に使えるかもしれない。
 その日の授業を吹き込んで、放課後初任者指導担当の教師と初任者で聞く。
 
 

 いやいやビデオに撮るということも可能かもしれない。
 ★     
  「おしゃべり授業」と私たちが言っている授業がある。
 ほとんどの先生が、授業の大半をしゃべっている。
 90%ぐらい。
 
 

 ほとんどの先生が無意識だ。
 自分がそんなにしゃべっているとは思っていない。
 
 

 授業での教師の指導言は、発問、指示、説明である。
 だから、この説明にほとんどを費やしていると言っていい。

 一斉授業の習性と言えるのであろうか。
 一斉授業は、やはり教師がしゃべることがどうしても多くなる。
 

 ずっと教師が授業の流れをリードしているから当然である。

 しかし、この「おしゃべり」を90%から50%ぐらいに減らしていかなくては授業は変わらない。

 そこに気づいていく。
 自分がどれだけしゃべっているかということに気づいていく。
 
 

 口癖。無駄な余計な言葉。意味不明な言葉……。

 そこから自分の授業を対象化して、客観視していく作業が始まる。

 「一人研究授業」はおもしろいかもしれない。 

|
|

« 「日常授業の改革」ということ(3)~「一人研究授業」の提案~ | トップページ | 「新卒教師時代を生き抜く初任者1ヶ月の成功シナリオ」の著者インタビューの掲載 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 「日常授業」の改革シリーズを拝見いたしました。
 全面的に賛成です。

 私は以前、「日常授業を研究授業の対象に」の主張をしました。
 野中先生は、「(趣旨に賛同されつつも)慎重にやらないと、『「多忙化」に拍車がかかる』という意見でつぶされる恐れがある。でも日常授業を変えないと学校はよくならない」との返答をいただいたかと思います。趣旨が違っていたらすみません。
 先生の主張ももっともですので、来年度は私の学年だけでも
「日常授業並みの教材研究で、児童の多く(できればほとんど)が内容を理解できる授業。
 児童の多くが活躍できたと思える授業。
 プリントや模造紙はできるだけつくらない。
 授業に関する「計画的な」掲示もしない。
 つまり、「苦労・時間はかからないけど、児童がよく活躍し、理解できた授業」
を提案したいと思います。
 TOSS・向山型には、そうした授業の宝庫となっています。

 話がそれるかもしれませんが、昨日学校公開日(授業参観3時間分)がありました。
 親向けです。
 私は、1年間の公開日で、『特別な物品』をほとんど用意しませんでした。
 子どもにプリントを用意することもしませんでした。
 でも、子どもたちは活躍でき、親も満足できたはずです。
 

 研究授業もその気になればできるはずです。
 私の2年前の研究授業は、特別なもの一切なしでした。
 でも、その意見は何にもありませんでした。
 子どもたちが活躍し(たように見え)、力がつく(と思える)授業をすればよいのだ!!と改めて思いました。

投稿: TOSS末端教師の個人的意見です | 2013年1月26日 (土) 16時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/56604640

この記事へのトラックバック一覧です: 「日常授業」の改革ということ(4)~「一人研究授業」はおもしろいかもしれない~:

« 「日常授業の改革」ということ(3)~「一人研究授業」の提案~ | トップページ | 「新卒教師時代を生き抜く初任者1ヶ月の成功シナリオ」の著者インタビューの掲載 »