« 教育ルネサンスフォーラムへ参加しました! | トップページ | 「学校の終わり」が突きつけられる »

徒然なるままに~発達障害6.5%のこと~

 3日、旅行仲間で、早めの忘年会として湯河原へ行った。
 いつも行く温泉宿。
 

 ここの宿は、屋上の露天風呂から見上げる景色は最高。
 ちょうど山の紅葉が始まっていて真っ盛り。
 

 タイミング良く来たものだ。
 しばしの、ほっとする時間。
 ★
 5日、東京N区の学級経営研究会に呼ばれて講演に行く。
 1時間、学級づくりの必要性とどこにポイントを置くかを語る。
 

 終わってから、2年目の先生で、今1年生を担任している学級の様子で質問があった。 

 4人の発達障害の子供がいて、クラスが大変。
 立ち歩きなどがあり、それを座らせるのに一苦労。
 授業が始まるのに、ものすごい時間がかかる。
 どうしたらいいかという質問である。   
 

 これは簡単なことではない。
 2年目の先生に、4人の発達障害の子供は難儀なことである。
 

 「クラスにスピードがなくなっていますね」
 「はい、その通りです」
 

 「まず、そのスピードを何とかしなくてはなりません。朝の会や終わりの会などを短 くスピーディーにする必要があります。その子供たちに関わって遅くなればなるほど、クラス全体がおかしくなります。とりあえず教室の一日の時間をきちんと時間通りに 進めるようにしていかなくてはなりません」というような話をする。
 困ったときには、管理職などに手伝ってもらうしか手はない。
 

 ★
 それにしても、この発達障害の子供たちの増え方はどうしたものであろうか。
 文科省の調査では、普通学級に通う公立小中学生の6.5%に発達障害があることを明らかにしている。
 

 40人学級のクラスでは、2,3人は必ずいるということ。
 クラスでその2,3人のやんちゃな子供で荒れていく例は、もうどこにでも転がっている。
 

 発達障害の子供がクラスに何人かいれば、もはや初任者や2,3年目の先生は太刀打ちできない。
 
大変なことになってきたものである。
 

 その子供たちをどうしていくか。
 教員養成の大学は、発達障害の理解と対処法を緊急に何かの形で教えていく必要がある。
 もはや緊急の課題である。

|

« 教育ルネサンスフォーラムへ参加しました! | トップページ | 「学校の終わり」が突きつけられる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 徒然なるままに~発達障害6.5%のこと~:

« 教育ルネサンスフォーラムへ参加しました! | トップページ | 「学校の終わり」が突きつけられる »