« 6日旭川へ向かう | トップページ | 徒然なるままに~走り回っている~ »

思い込みを捨ててみる~旭川で考える~

   6日の2時30分頃に旭川へ着く。
 曇っている。
 やはり、ずいぶん寒い。
 遠く旭岳に雪が積もっていて、晴れていたらきれいだろうなあと見つめる。
 迎えにきていただいた指導主事の先生に案内されて、教育課程改善協議会に参加する。
 6日の会議のまとめが行われていて、少しだけ話を聞く。
 ★
 7日の私の講演は、9時から80分ほど。
 「今 学習指導で大切にすることは何か?」というテーマである。
 そこで「日常授業」(「味噌汁・ご飯」授業)の大切さを訴える。
 指導主事の先生たちを含めて150名ほど。
 上川教育局の中核の先生たちが集まっておられる。
 ★
 その後、各教科部会を順次回っていく。
 さまざまな質問が具体的に出されて、そこでも私の持論を展開する。
 4時までびっしり。
 でも、充実した時間。
 現場の先生たちは、具体的にさまざまな問題を抱えておられるのである。
 私が国語の部会で「音読のさせ方は20ぐらいの方法を持っていなければいけないですよ」と言うと、「それはどんな方法でしょうか。教えて下さい」と言われる。
 その場で、いくらかの方法をやってみる。
 ★
 雨がずっと降り続く。
 「この雨がこれから雪に変わっていくのですよ」
 そのように説明される。
 長い冬へ至るつかの間の時間だったのかもしれない。
 旭川は、旭山動物園で有名になったところである。
 小さな動物園。
 珍しい動物たちがいるわけでもない。
 でも、ここで画期的な試みがなされた。     
  日本全国の動物園は、ほとんどそのマネをしている。
 ペンギンを歩かせるだけで、彼等をスターにしていく。
 木で作った橋げたをレッサーパンダに歩かせるだけで、彼をスターにする。
 ただそれだけのアイデア。
 考えてみれば何のことはない。
 でも、そういうアイデアが今までの動物園にはなかったのである。
 パンダなど大スターを連れてこなければ動物園は活気づかないと思い込んでいたのである。
 ★
 思い込みを捨ててみる。
 教育の現場も、そうしたらどうだろう。
 旭山動物園方式を教育の世界にも持ち込んでみたらどうだろう。
 そんなことを考えた一日であった。

|
|

« 6日旭川へ向かう | トップページ | 徒然なるままに~走り回っている~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 教育現場にも確かに思い込みがあります。授業実践に関しては,導入時に本時の課題を確認する手法があります。最初から子供たちが問題を持っていなければ(教師の幻想ですが),学習者が自ら学習に向わないと考えます。
 そこで教師は,形式的な課題の確認をし,さらには授業のテンポやリズムを狂わす話し合いや前時の復習をします。また課題を黒板に書いても,それをすぐにやらないでそれを解決する為といって
周辺のことをやらせます。気がつけば,授業の開始で確認した課題は,どこかに消えてしまっています。
 授業のスタートは,まず教師が示して,いきなり子供たちの学習意欲を喚起した方が,はるかにいい授業になります。教師から問題を出すと,それは教師主導の授業だと批判されることを克服しない限り,授業実践の未来はありません。
 こういう導入をすれば,子供たちはきっと学習に参加してくるだろう,ということを期待して,日々の授業実践をしていくことです。
 教科書用指導書は(主に国語ですが),従前の思い込みの実践例に満ちています。それを使って,日々の授業をするのですから,退屈な授業になるわけです。
 日々の授業の改善に,教育改革の成果が示されます。私も非力ですが,このために努力していきます。

投稿: 庭野三省 | 2012年11月10日 (土) 10時28分

 教育界にも,残念ながら「思い込み」があります。
 授業実践の領域では,例の問題解決型というか課題解決型の亜流の授業方式です。この方式では,授業の導入時に問題なり課題を確認したり,あるいは話し合って決めたりして,テンポが遅くなります。さらには教師主導という言葉に怯えて,導入時の展開がくどくなります。
 教師主導もいいから,もっと導入から期待感が生まれるようにしていくことが大切です。「今日の課題は何ですか。」などという,とぼけたことを発問しないで,いきなり集中力が生れる楽しい授業が求められます。先日,私はペットボトルに入れた可愛い蛇?を見せて,「見たこと」作文の授業をしました。授業開始から子供たちがヒートアップしました。
 現在,非常勤の嘱託指導主事をしているので,若い先生の授業を観たり,自分でも授業を見せたりしています。
 だからこの辺の問題点を少しずつ提起していくつもりです。
 

投稿: 庭野三省 | 2012年11月10日 (土) 13時59分

 日常の授業の充実を図るために,ネックになっている「思い込み」の一つが,問題解決学習や課題解決学習です。
 この手法にだけ染まっていると,研究授業の番になったとき,導入時で問題や課題を確認するために,無駄な時間を使い,授業のテンポが狂います。
 導入は教師サイドで進めて,まずは子供たちの集中力を喚起することが大切です。それにはテンポやリズムが欠かせません。これができるのは,教師しかいないのです。
 ところが授業の導入から,子供たちに問題や課題を持たせようとするのが,子供の側に立つ授業になると信じられているので,授業力の向上に結びつきません。
 まずは導入は教師が積極的にリードする。これだけでも,随分と日常の授業が変わると思うのですが・・・。

投稿: 庭野三省 | 2012年11月11日 (日) 04時44分

 授業の導入の手法を変えるだけで,随分と日常の授業は充実するかと思います。研究授業を覗けばすぐに分かることですが,問題解決,課題解決的な手法に汚染されていすぎるために,導入時でそれらを確認するという,廻りくどい展開をしがちです。
 そうではなく,教師中心でいいから導入は,子供たちの集中力が高まることを最優先して,展開すればいいのです。
 先日,私はペットボトルに可愛い蛇?を入れて,それを見せながら,あるいは触らせながら,「見たこと作文」の授業をしました。最初から子供たちは集中して,見たことや触発されたことを書きました。
 問題解決,課題解決という「思い込み」を離れるだけで,日常の授業は変わります。
 十日町での再会を楽しみにしております。 

投稿: 庭野三省 | 2012年11月11日 (日) 04時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/520860/56080643

この記事へのトラックバック一覧です: 思い込みを捨ててみる~旭川で考える~:

« 6日旭川へ向かう | トップページ | 徒然なるままに~走り回っている~ »